"コーヒー&チョコ"で「花粉症(アレルギー)」最悪


 低体温や免疫力の低い人達が苦しむアレルギーの数々。
そのアレルギーの代表格の「花粉症」の季節が続きます(汗)。

 この花粉症(アレルギー) を発症させる重要な原因物質は
①「ヒスタミン
②「アラキドン酸
 の二つです。

 花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息などは「ヒスタミン」が原因物質とされています。
 すべてのアレルギーの根本的な原因がヒスタミンの大量分泌
 抗ヒスタミン薬の常用ばかりでなく、抗ヒスタミン食材での免疫力アップも必須ですね。

 ヒスタミンの多い食べ物を食べることで、かゆみが起こったり、アレルギー症状がひどくなったりしてしまいます。

ヒスタミン」は
 コーヒー、チョコレート、ココア、パルメザンチーズに多く含まれていて、日々の多量摂取は厳禁ですね。
 また女性では、コーヒー、チョコレート、ココアに含まれるニッケル(金属)による、金属アレルギーが大きな問題になっています。

 私の場合は、ココアを少し飲んでいますが、コーヒーとチョコは完全にやめています。

 ヒスタミン対策として有効な食材
梅干し(梅肉エキス)
ショウガ(ショウガオール)
玉ねぎ(ケルセチン)
④そば(ケルセチン)
 梅干しに含まれる梅肉エキスには、抗ヒスタミン薬の65%ほどの強い抗ヒスタミン効果があります。

 また、アラキドン酸は"鼻づまり"の元となる物質です。
アラキドン酸対策として有効な食材
①青魚(EPA、DHA)
②ゴマ(ゴマ油など)

 私の場合は、上記の有効食材のほとんどを日々摂取しています。
おかげで、PM2.5による涙目以外のアレルギー傾向は0です。春先には杉花粉を飛散させて動画撮影して遊んだりしています(汗)



ガン必殺の"高免疫力"獲得 & ガン制圧の"三つの矢"


■「楽に生涯・健康ダイエット



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

嬉しいです。
7
IQ180の元開発技術者(健康、ダイエット、長寿を研究中)   メタボの死病3つ(糖尿病や脳梗塞など)と、ハゲから脱出。     「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合い。 淀江町宇田川河口/鳥取県 http://yase.chu.jp/diet.html