あい

自問自答ガールズ/生活共同体TSUMUGI/春から芸大生 最近のメイントピックはファッ…

あい

自問自答ガールズ/生活共同体TSUMUGI/春から芸大生 最近のメイントピックはファッションとアート鑑賞。自分なりのエモ全開で記事を書いてます❤️‍🔥

マガジン

  • アイしてやまないファッションアイテム

    ファッションのPDCA記録。購入品を載せているので有料設定いたします🙇‍♀️ 2023年~2024年の四季報をこちらにアップしていく予定です。今後記事を追加するごとに値上げするかもです。

  • 最高のクローゼットをつくるために

    目指すは私服の制服化。最小限の服で最大限満足できる、毎日のおしゃれが楽しくなるクローゼットを探求中。時々メイクや収納など、ファッション周辺の話も。

  • アート鑑賞記

    美術展めぐりの記録をマガジンにまとめました。

最近の記事

  • 固定された記事

ディオール展は美しい夢の世界だった

先日、「クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ」展(以下、Dior展)に行ってきました。 ディオールはコスメも含めてまだ何も持っていませんが、ハイブランドの中では特に好きな雰囲気のブランドです。 ブランドの世界観を堪能できるまたとない機会に、展覧会に行くのを心待ちにしていました。 当日はディオールの世界にどっぷり浸かり、言葉にならない感覚を受け取って帰ってきました。 その感覚を言語化しようとした結果の主観的なレポートなので、現場の様子を知るのにはあまり参考にならないかも

    • 自分語りを聞きたすぎて、イベントやることにしました

      2024年9月23日(月・祝)、「あい会」改めイベント「聞いて話して!私だけの物語」を開催します。 いきなりですが、ざっくりした内容は以下のとおりです。 このイベントを開催してみたいと思ったきっかけは、自問自答ガールズのゆとりさんが旅を切り口にご自身の経験を語る「ゆとり会」に参加したこと。 それが去年のことで、半年以上の月日を経てようやく実行に移すことができました。 私は人の動機、信念について知るのが大好きで、「なぜ、それをしようと思ったのか」をつい質問したくなるし、いく

      • ファッション四季報 2024年夏

        夏服がひとそろいしました! ということで、まだまだ夏はこれからですが、ファッション四季報を公開することにしました。 これ以上は夏物を買わないという決意も込めつつ(春も同じこと言ってた)、四季報夏編スタートです。 👗当初の計画夏服を探しに行く前に考えた、夏のコーディネートはこちら。 外出コーデ ①白Tオンビスチェコーデ 春の白シャツonビスチェコーデのインナーをTシャツに入れ替え、お気に入りのビスチェをたくさん着たい。 去年買った白Tの襟元が黄ばんでいるので、入れ替えるかど

        ¥120〜
        • 骨に刻みたい言葉って?「なりたい自分」のキーワード集め

          なりたいは哲学、美学、骨に刻みたい言葉。 先日開催された、幻冬舎大学「あきやあさみ「“なりたい自分”を知って“心満たす服”を手に入れる」講座」(以下、講演会)での一節だ。 ▽幻冬舎のサイトはこちら。6/10までアーカイブが購入できます やりたいことが一貫せずころころ変わる私にとって、「なりたい」はつかみどころがなく難しい。 しかし、冒頭の一節を聞いて講演内のワークをやってみることで、今までよりも少し「なりたい」が理解できた気がする。 🐣 🐣 🐣 ワークで分類したキー

        • 固定された記事

        ディオール展は美しい夢の世界だった

        マガジン

        • アイしてやまないファッションアイテム
          6本
          ¥300
        • 最高のクローゼットをつくるために
          33本
        • アート鑑賞記
          6本

        記事

          ガレージセールを開催したら、収益よりも大切なことが得られた

          GW真っ盛りの5月4日、自問自答ガールズにお声掛けしてガレージセールを開催しました。 ※自問自答ガールズとは、制服化スタイリストのあきやあさみさんが提唱する「自問自答ファッション」を実践している人たちの通称です。今回はファッション好き仲間を集めてイベントをやってみたよー、という感じで捉えていただければと思います。 経緯と記録ガレージセールを開催することを決めたのは、引っ越しを機に持ち物を減らしたいと思っていたから。自分にとっては不要だけれどまだ綺麗で使えるもの、とはいえフリ

          ガレージセールを開催したら、収益よりも大切なことが得られた

          やりたいことって何よ

          やりたいことって何? どんなことしてるの? そう言われると言葉に詰まる。 ここ最近、なんで「やりたいことがない」のかをずっと考えていたのだけど、私の場合は本当にやりたいことがないわけではなく、「他人に言えるような」やりたいことがないだけなのだと思う。 毎日無関心にぼーっと生きているわけでもないので、文字どおりに受け取ればやりたいことはあるはず。 なのに堂々と他人に言えるような「やりたいこと」には条件があるからこそ、そういうのって別にないんだよね、としか言えずに終わる。

          やりたいことって何よ

          ファッション四季報 2024年春

          暖かくなったり寒くなったりと、春が来たのかよく分からない3月。 気候はそんな状態ですが、1月くらいから春服を探し始めていたので春コーデはばっちり揃いました! もう今年はこれ以上春服は買わないという決意も込めつつ、春の四季報スタートです🌸 👗2024年春の制服今年の春服探しは1セットに集中するつもりで予算を組みました。 実際には3セット分予算を組んでいるのですが、①のコーデ以外はメインの服はだいたい決まっている状態なので、真剣に探すのは1セットだけに集中します。 春服予算

          ¥120〜

          ファッション四季報 2024年春

          ¥120〜

          防災版「What's in My Bag?」をやってみる

          2024年は年始から災害が発生し、直接的に被災はしていなくても、防災意識が高まる1年のスタートとなりました。 ということで今年は、年明けから防災バッグの見直しを開始。 かねてより、ファッション系の企画でよくある「カバンの中身」の防災版をやってみたいと思っていました。 防災の専門知識があるわけではない一般人のバッグの中身なので、余計なものや足りないものがあるかもしれませんが、エンタメ感覚で覗き見ていただけたら嬉しいです! 防災ポーチ外出先で災害にあった場合を想定し、ポーチに

          防災版「What's in My Bag?」をやってみる

          ファッション手放し記録 2023冬~2024春

          ※本記事は有料マガジンに入れていますが、全文無料で読めます 3月1日は、自問自答ファッション的には断服式の日でしたね! (断服式とは、年4回、シーズンの初めに服を見直してみようというもの。詳しくは以下の記事をご覧ください。) 最近は断服式を頭の片隅に意識しながらも、今年の前半に引っ越しの予定があるので、気が向いたときにちょこちょこ手放しています。 なので断服「式」と言えるようなセレモニーはやっていないのですが、結構手放してきているので自分の記録としてまとめました。 (売っ

          ファッション手放し記録 2023冬~2024春

          自分の世界を選び抜く! ~2024年note書き初め~

          あけましておめでとうございます🎍 いきなり衝撃的なニュースが重なる落ち着かない年初でしたが、幸いこちらは平和に暮らしています。 落ち着かない状況が続いている皆様に一日でも早く平穏が訪れることを祈りつつ、心新たに、今年もnote書き初めです! その前に、2023年の振り返りを去年の最初に決めたコンセプトは、「強く美しく輝き、エモーショナルに世界を彩る 自由なアートの案内人」でした。 2023年で大きかった出来事は、3年ぶりに市民ミュージカルに出たこと。 昨年のコンセプトに込

          自分の世界を選び抜く! ~2024年note書き初め~

          雑記:ファッションがらみの休日をエンジョイする

          最近、noteに下書きが溜まっている。 書きたい!と思ってばーっと書き始めるものの、まとまらなくって公開までたどり着けなかった結果、出来事から数週間経って鮮度が落ちてしまい、結局下書きのまま残り続けてしまう。 しかしその時の気持ちを残さないのはもったいないので、複数の下書きを一つにまとめてみることにした。 ということで、今回は11月下旬から12月上旬に出かけた日々の記録です。 11月23日この日は1日出かけて、ファッションのために使おうと決めていた。 午前中・試着の旅

          雑記:ファッションがらみの休日をエンジョイする

          棟方志功展:民藝と藝術、あたたかな祈りの世界

          近現代を代表する版画家、棟方志功の作品がずらりと並んだ豪華な展示。 会期の終わりも近づく中、滑り込みで見てきました! この展示の存在を知ったのは、ファッションブランド・yeeの秋冬服のお披露目会に伺ったとき、当日ご一緒したささめさんと、ブランドのテキスタイルデザイナーであるスギサキさんが民藝好きで盛り上がっていたことでした。 棟方志功(以下、棟方とします)については名前を知っていた程度。 しかし、お二人を夢中にさせる棟方って、民藝って、一体どんなものなんだろうと興味が湧き、

          棟方志功展:民藝と藝術、あたたかな祈りの世界

          ファッション四季報 2023年秋

          今回は8月下旬~10月までの買い物記録です。 💵ファッション予算年始に立てたファッションの年間予算計画はこんな感じでした。 ざっくり年間予算 春夏:125,000円 雨の日コーデ:60,000円 秋冬:95,000円 インナー・靴下:50,000円 その他(香水・ベルト・ヘアアクセ):30,000円 計360,000円 ※それぞれボーナスは除く。ボーナスはファッション以外も込みで手取りの半額くらいまでなら使っていいかな、とゆるく設定 ※美容院やコスメは必要経費として対

          ¥120〜

          ファッション四季報 2023年秋

          ¥120〜

          ファッション四季報 2023年夏

          四季報スタイルでのファッション記録、夏編です。 本当は6月終わりから書き始めていたけれど、忙しくて完成させられず……。 順番的に秋編より先に上げておきたかったので、当時の下書きに追記しつつ、4月~8月上旬に買ったモノたちを紹介していきます。 1年で最も服が充実していなかった夏服。 今年は休日の予定がつめつめでじっくり自問自答する時間が取れませんでしたが、時間がないなりにベストは尽くせたかと思います。 それでは夏服探しの巻、はじまります🏄‍♀️ 👗2023年夏の制服夏の制

          ¥120〜

          ファッション四季報 2023年夏

          ¥120〜

          似て非なる色、黒と紺

          黒と紺は、私の中では似て非なる色。 どちらも濃い色で、ベーシックカラーで、私に似合う色でもあるのに全然違う。 ここ数年の着たい服の変化、心境の変化を象徴するのが、濃い色の服を選ぶときに手に取るのが紺から黒に変わったことでした。 黒を着るようになるまで遡ること3年前、自問自答ファッション講座を受けたときに「黒とネイビーどっちを着ますか?」という質問をされ、迷いなく「黒は顔色が悪く見えるから、ネイビーです」と答えたのを覚えています。 当時は黒だと顔色が悪く見えると本気で思ってい

          似て非なる色、黒と紺

          雑記(限界と境界とその外にあるもの)

          最近とりとめもなくいろんなことを考えていて。 一見バラバラなことを考えているのだけれど、自分の中では一連の流れの中で考えている感覚があり、どうしても一つの記事にしたくてなんとかまとめてみました(多分あまりまとまってはない)。 ほんとうにただの独り言、短文エッセイ集か何かと思っていただければ幸いです。 理想と現実 今の仕事で、半期に一度必ずやらねばならないのが目標設定だ。 チームリーダーという立場上、目標設定の時期は忙しい。 お客様との間にサービスを提供する上での目標を立て

          雑記(限界と境界とその外にあるもの)