橋口亜希子@ユニバーサルデザインコンサルタント 〜発達障害を手がかりとして幸せな社会を実現する〜

発達障害のある子の親として、理解啓発活動に携わって20年。社会がわからない発達障害の困りごとを集め整理し伝えるキュレーターと、個人的な感覚や体験に依拠せず様々な視点や考えを用いた高度な専門性が問われる代弁者の役割を担って活動中。社会と発達障害の相互理解を図る友好親善大使でありたい
  • パパママの「そのママでいい」サークル

    親の会や障害者団体に入るのはちょっと大変、でも自分と同じように悩んでいるパパやママたちと出会って、守られた環境の中で日々の悩みや苦しさをこぼしたい・・・ 同じように悩み苦しみ、「そのママ(パパ)」でいることに自信が持てなくなっているパパやママの癒しや勇気になる場所です。

    • 「メンバー限定の掲示板」に思いをこぼすことが出来ます
    • オンライン交流会「そのママでいい」(zoomにて月一回開催)に参加することが出来ます

    パパママの「その声が社会を変える」サークル

    発達障害の人たちの困っていることは社会の課題を解決するきっかけになると考えます。困りごとは日々の日常生活の中で、個人や家庭の中で起きています。 でも、声の大きさや量、地位や権力によって個の声が消されてしまうことがあります。 だから、パパやママの声をもっと聞きたい。

    • 「メンバー限定の掲示板」に困りごとや伝えたいことを書き込むことが出来ます
    • オンライン交流会「その声が社会を変える」(zoomにて月一回開催)に参加することが出来ます。
    • 「橋口亜希子のヒミツの声」を読むことが出来ます。サークル内だけで見ることが出来ます。
    • のんびりと発達障害のことを話す時間「オンライン発達障害を手がかりにcafe」(zoomにて不定期開催)に参加することが出来ます。

男女共用お手洗いってなに?その問いに答えるサイトができました!

昨年6月28日に書かせていただいた「カームダウン・クールダウンってなに? その問いに答えるサイトができました!」でもお伝えしていましたが、3月9日に公益財団法人交通エ…

どうやったら支援の質を問えるのか?「放課後等デイサービス」

日本教育新聞にこんな記事が載っていました。 「保護者の期待高まる放課後等デイサービス。運営の適正化が今後の課題に」 先日、学童保育など放課後の子どもたちに関わる…

かっこ良すぎる!!発達障害の世界に希望をもたらす中高生たち

20201101関東inochi学生フォーラム テーマ「発達障害と、 ともに歩める 社会をつくる。」 今日、仕事関係者からすごいプログラムを紹介していただきました。 それは「中…

発達障害を手がかりとして、オンライン体験を考える

発達障害にやさしい、事前に動画で学べる「オンライン体験」 昨夜、うとうとしながらテレビを観ていたら、深い眠りにつきそうなときに一気に眠気が吹っ飛んじゃう、新たな…

カームダウン・クールダウンってなに? その問いに答えるサイトができました!

5月24日に書かせていただいた「『カームダウン・クールダウン』マークがJIS認定」でもお伝えしていましたが、6月25日に公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団のHPに…

パパママの「そのママでいい」サークルを立ち上げました!

約20年、発達障害の活動をしてきた私は、親の会立ち上げや障害者団体での活動にも携わってきました。それは、活動を始めた約20年前には、SNSなどインターネット上での交流…