橋口亜希子@発達障害を手がかりとしたUDコンサルタント

親の会設立や発達障害団体の事務局長など、発達障害の理解啓発活動は約20年の実績。 厚生労働省社会保障審議会障害者部会のほか、内閣官房、国土交通省などにおいて、ユニバーサルデザイン、バリアフリー関係の委員も数多く歴任。発達障害を手がかりとしてユニバーサル社会を実現するために活動中。

パパママの「そのママでいい」サークル

親の会や障害者団体に入るのはちょっと大変、でも自分と同じように悩んでいるパパやママたちと出会って、守られた環境の中で日々の悩みや苦しさをこぼしたい・・・ 同じように悩み苦しみ、「そのママ(パパ)」でいることに自信が持てなくなっているパパやママの癒しや勇気になる場所です。

  • 「メンバー限定の掲示板」に思いをこぼすことが出来ます
  • オンライン交流会「そのママでいい」(zoomにて月一回開催)に参加することが出来ます

パパママの「その声が社会を変える」サークル

発達障害の人たちの困っていることは社会の課題を解決するきっかけになると考えます。困りごとは日々の日常生活の中で、個人や家庭の中で起きています。 でも、声の大きさや量、地位や権力によって個の声が消されてしまうことがあります。 だから、パパやママの声をもっと聞きたい。

  • 「メンバー限定の掲示板」に困りごとや伝えたいことを書き込むことが出来ます
  • オンライン交流会「その声が社会を変える」(zoomにて月一回開催)に参加することが出来ます。
  • 「橋口亜希子のヒミツの声」を読むことが出来ます。サークル内だけで見ることが出来ます。
  • のんびりと発達障害のことを話す時間「オンライン発達障害を手がかりにcafe」(zoomにて不定期開催)に参加することが出来ます。

カームダウン・クールダウンってなに? その問いに答えるサイトができました!

5月24日に書かせていただいた「『カームダウン・クールダウン』マークがJIS認定」でもお伝えしていましたが、6月25日に公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団のHPに…

パパママの「そのママでいい」サークルを立ち上げました!

約20年、発達障害の活動をしてきた私は、親の会立ち上げや障害者団体での活動にも携わってきました。それは、活動を始めた約20年前には、SNSなどインターネット上での交流…

川崎フロンターレ「発達障害のある子のためのサッカー教室」動画公開!

注目された「発達障害のある子の観戦」翌日に実施したこと 昨年2019年7月27日に等々力競技場で行われた「発達障害のある子のためのサッカー観戦(大分トリニータ戦)」は…

今こそ「学び方」「働き方」に選択肢を!

発達障害を手がかりとして、「学び方」「働き方」を考える 私は今、すごく心配、危惧していることがあります。 それは緊急事態宣言が解除されて、 「もとの世界に戻ろうと…

本のご紹介「うつ白 そんな自分も好きになる」

サンフレッチェ広島の森崎ご兄弟を取材させていただきました! 昨年の12月だったでしょうか、毎朝チェックするウェブニュースを見ていたら、私にとってはある意味衝撃的な…

「カームダウン・クールダウン」マークがJIS認定

発達障害にやさしいエリアを表すピクトグラム 5月20日に、経済産業省の日本産業規格(JIS)において、 発達障害のある人たちが必要とするエリアを表すマーク、 「カームダウ…