栗林藍希

雨のお掃除

駆け足で過ぎていく日々に不安を感じた夜 沢山の雨が降って、全てを新しくしてくれた。 夜のうちに街をお掃除してくれて 私たちを救ってくれる存在。 なんだか特別な日だ…

あのこは貴族

好きって思った。 この映画についての色んな情報を かき集めたいと思うくらいの好き これをみた次の日 ずーっと、どんな時も一緒に居てくれた 私が親友だと思ってる子に…

「10代にしておきたい17のこと」10代が終わる前に。

15歳の時に出会った本を 19歳と10ヶ月の今 読み返してみた 初めて読んだ時、ビリリと体の中に 稲妻が落ちたような感覚になったのを 今でもうっすら覚えてて、 その証拠に…

卒業

走り切ったあと、自分が疲れていたことにやっと気づくような感覚 毎日を大事にできないまま帰路に就く 大切にしようと思うほど、気づかないうちに遠くに行ってしまってる…

夏が終わる頃にすみません

冷たい風を贅沢に浴びているくせに体が冷えて体調を崩したりする。 だから長袖の服を手放せない。 そんな今年の夏は自然とご縁があった。 そういう所には沢山の生き物がい…

アラスカと私の独り言

始まった6月。 去年の今頃、今よりも体重が9キロ重たかった。 19歳になってもまだ高校の勉強をしている。 みんなに置いてかれたような、けど、すっ飛ばした時間を取り戻し…