見出し画像

被害者であることの利得を捨てて幸せになる方法

自分のことが周りにいる人たちに比べて非常に惨めに思えてきて、哀れな存在に思えてくることはネガティブに気持ちが偏っている時にはよくある事です。

お気楽に生きている人たちに憎しみすら感じるようになってきますし、ますます落ち込んでいってしまいますよね。

被害者であることには本当に大きな利得があります。

周囲も自分に気を遣ってくれますし、被害者だからこそ上手くいかない自分を正当化して今のままでも仕方がないと思えてくるものですからね。

しかし、いつまでも被害者でいてしまうと、本当に自分の力では立ち上がれなくなってしまいます。

負のループを断ち切って、幸せに向かうために必要なことを書かせて頂きました。

これまで万単位の人々のカウンセリングを行なってきましたが、前向きに生きるための秘訣は本当に意外なところにあるのです。

世の中の多くのカウンセリングを受ける立場の人たちが、仕事が無くなってしまうから言えない本音を暴露します。

【ご相談内容】

・演奏者です。コロナ前、毎月ライブをしていたが、コロナになって人前での演奏ができなくなった。

周りはコロナ関係なく再開している。そもそも自重していなかった。自分はボーカルもやるので後遺症が肺にくると歌えなくなるから怖くてできない。持病もいくつかあり、重症化しやすいと医者にいわれているためできない。

ライブ配信に切り替えて観てくれる人はいても実感がなく充足感がない。

人のライブレポートやライブ告知をみるたび、悔しくて手が震える。みんな全く気にしている人がいないのに、なぜ自分だけが出来ないのかと大泣きして練習も無意味に感じて自殺も図った。

家族はものすごく外出に厳しく禁止している。自分も難病で元々人に会うたびにストレスで高熱がでるので避けるしかないと思い今できる練習などを黙々と3年続けた。

周りがあまりにも自由にやっているのを横目でみながら、もう心が折れて音楽を1週間だけやめた。やはり音楽そのものを愛しているのでやめることはできなかった。

周りと比べても仕方ないのはわかっているが、彼らは何も考えていないようにも見えるし演奏したい欲そのものが勝っていて合宿や、感染リスクの高いことを率先しているように見える。

私は子供の時から兄弟から性的虐待や、10代でレイプされて子供を失ってから音楽だけが心の支えだったので、ライブができないなら死んでしまおうかなと思ったりする。考えない人たちの方が幸せにみえるし実際そうだと思う。

彼らがいる限り私のような持病難病の持ち主は一生この生活は変わらないと思う。

でも、死ねなかったので今後少しでも前向きに考える方法がないか悩んでいる。

【ご回答】

非常に冷静にご自身のことを客観視して分析されているようで素晴らしいですね。

これからを前向きに生きようとするあなたの姿勢そのものが、非常に前向きに私の目には写ります。

彼らがいる限り私のような持病難病の持ち主は一生この生活は変わらないと思う。とのことですが、他人がどこで何をしていようと、それをどう捉えるのかは自分で決められる自分の課題です。

続きをみるには

残り 2,011字

¥ 2,980

これまで無償でご相談をお受けしたり、情報を発信して参りましたが、品質の向上の為に一部有料化を実施させて頂きました。より良いサポートの為にご支援して頂けますと幸いです😁