ACE GYM | 鎌倉のパーソナルトレーニングジム

ACE GYMは、​2013年に表参道に一号店をオープンして以来、ダンベルを握ったことのない方から、プロアスリートまで、延べ1,000名以上のトレーニング・食事指導実績を誇る、日本一のパーソナルトレーニングジムです。 【HP】acegymkamakura.com

ACE GYM | 鎌倉のパーソナルトレーニングジム

ACE GYMは、​2013年に表参道に一号店をオープンして以来、ダンベルを握ったことのない方から、プロアスリートまで、延べ1,000名以上のトレーニング・食事指導実績を誇る、日本一のパーソナルトレーニングジムです。 【HP】acegymkamakura.com

    記事一覧

    《#5》 交感神経と副交感神経(自律神経)

    今回のテーマは少し難しい内容となっております。何かと言いますと「自律神経」でございます。自律神経という単語を聞いたことあるけど、改めて考えるとどんな働きがあって…

    《#4》 筋トレのメリット・デメリット(筋トレをしないこと)

    今回のテーマは筋トレのメリット、デメリットについてでございます。我々ACE GYMがそれぞれしっかり自分で体感した事を前提として、お話させていただきます。 1つ目は、「…

    《#3》 部分痩せは可能か!?

    今回のテーマは皆さんが気になる話題です。それは「部分痩せは可能か?」について話していきたいと思います。 スポーツジムなど様々なメディアで目にする部分痩せ、これは…

    《#2》 タンパク質とは!?

    今回のテーマは「タンパク質」です。 タンパク質という栄養素をご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、どのよう効果があるのかをご存知の方は少ないです。…

    《#1》 BCAAとEAAの違いとは!?

    今回は、BCAAとEAAは両方アミノ酸についてお話します。 タンパク質という大きな栄養は20種類のアミノ酸からできています。 その中で必須アミノ酸が9種類あり、非必須アミ…

    《#5》 交感神経と副交感神経(自律神経)

    今回のテーマは少し難しい内容となっております。何かと言いますと「自律神経」でございます。自律神経という単語を聞いたことあるけど、改めて考えるとどんな働きがあって、どのように私たちの身体をコントロールしてくれてるのかをここで再確認したいと思います。

    初めに自律神経は、血管や内臓器官を自分の意思とは無関係に調整をしてくれる神経です。呼吸器官、消化器官や体温調節機能といった私たちの身体の生命維持機能を

    もっとみる

    《#4》 筋トレのメリット・デメリット(筋トレをしないこと)

    今回のテーマは筋トレのメリット、デメリットについてでございます。我々ACE GYMがそれぞれしっかり自分で体感した事を前提として、お話させていただきます。

    1つ目は、「自分に自信がつき、自分の事が好きになる」です。
    皆さん突然ですが自信がある人ってカッコよくないですか?おどおどしてたりしてる人より、自分に自信を持って行動している人の方が頼りがいがあり、モテると思いませんか?筋トレを継続して行うと

    もっとみる

    《#3》 部分痩せは可能か!?

    今回のテーマは皆さんが気になる話題です。それは「部分痩せは可能か?」について話していきたいと思います。

    スポーツジムなど様々なメディアで目にする部分痩せ、これは現実的に可能なのかについて話す前にどうやったら痩せるのかから初めさせていただきます。
    初めに、消費カロリー(基礎代謝、活動代謝、食事誘発性熱生産)が摂取カロリー(飲食)を上回ると体に蓄えられた体脂肪を燃焼してエネルギーへと変換して燃やして

    もっとみる

    《#2》 タンパク質とは!?

    今回のテーマは「タンパク質」です。

    タンパク質という栄養素をご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、どのよう効果があるのかをご存知の方は少ないです。

    初めにタンパク質とはなにかについてお話していきます。
    タンパク質とは、炭水化物、脂質に並んで三大栄養素の1つでございます。私たちの体の筋肉、臓器、ホルモンバランスの調整の際にエネルギー源となっている必要不可欠な栄養素です。
    タンパク質

    もっとみる

    《#1》 BCAAとEAAの違いとは!?

    今回は、BCAAとEAAは両方アミノ酸についてお話します。

    タンパク質という大きな栄養は20種類のアミノ酸からできています。
    その中で必須アミノ酸が9種類あり、非必須アミノ酸が11種類ございます。
    非必須アミノ酸は身体の中で作ることが可能で、必須アミノ酸は作ることができないので食事から取り入れる必要があります。
    ※特に筋肉をつけるためには必要不可欠です。

    EAA(Essential amino

    もっとみる