チャイルドコーチングアドバイザー l ないとうみちよ

チャイルドコーチングアドバイザー🌼ないとうみちよ 子ども・子育て 塾講師のチャイルドコ…

チャイルドコーチングアドバイザー l ないとうみちよ

チャイルドコーチングアドバイザー🌼ないとうみちよ 子ども・子育て 塾講師のチャイルドコーチング|イライラしない子育て🧒🏻👧🏻👦🏻 🌼自分で考える力 🌼周りと協働できる力 🌼自分の問題を自分で解決できる力 🌼自立・生きる力(非認知能力) を身につけるためのコーチング

最近の記事

  • 固定された記事

人生の変化を受け入れ、楽しむ。

私自身、学生時代は自分中心でしか物事を考えていなくて、周りには批判的、ディベート大好きな嫌な生徒でした。今の私だったら面と向かって注意したいところです。 そんな私が、自分自身に変化を感じたというか、成長したかも?と思えるターニングポイントが3つあります。 1つめは高校の部活です。 とにかく上下関係に厳しく、納得のいかない謎のルールが横行していました。それまでそんな環境にいたことが無かったので、高校の運動部ってこんなもんなのかな、と思いながら、先輩から学ぶという習慣がつきま

    • 成功体験で暗示をかける

      前回は、子どもの長所を自己肯定感に変えるための資源発掘のスキルについてお伝えしました。 本人が気が付かないことも、コーチ(親)は見逃しません。少しの変化にも気づき、伝え、子ども自身が自分で考え実感する。その工程がコーチングなのです。 さて、それに加えて今回は、「暗示のスキル」について触れていきます。子どもたちが半ば諦めのように、 そこまでしたくない。 今のままでいい。 などといったように、自分にブレーキをかけてしまい、自ら成長を止めてしまっている様子を見ることがあります

      • やれでき(自己肯定感の話)

        あるインタビューでイチローさんが自己肯定感という言葉について「気持ち悪い言葉」と話していたのが気になっているこの頃です。 ちょっと違うかも、と思ったのは、自己肯定感と否定しないことはイコールではないということです。 マイナス面ばかり気にして、本来その人が持っている魅力や強みに気が付いていないため、後者の方に目を向け勇気や自信を持つことだと私は考えています。 自信のない人はたくさんいます。私だって毎日自信満々ではありません。しかし、読み手の気持ちや、授業を受ける生徒の気持ち、

        • フューチャーペーシング

          君たちはどう生きるか 今私の住む町では、教育改革有識者会議が行われています。 時代はどんどん変わっていっているのに、学校教育はあまり変わっていない、と。これから急ピッチでいろいろ変わっていくようで楽しみです。 私は学習塾を開いているので、地元を中心に変わりゆく子どもたちの学びを保護者様のサポートという側面から支えてきた自負があります。20年前の塾業界と今の塾業界は全く違います。田舎なので、大手チェーン塾はたくさん撤退していきました。長年個人塾を開業していた方が昨年亡くなった

          枠を外して考えてみる

          考え方の枠(フレーム)が時に行動にも影響を及ぼします。子ども自身が自分の枠に閉じこもり、マイナスな感情になって挑戦をあきらめてしまうことだってあるでしょう。 枠から解放するスキル「リフレーミング」 フレームとは先入観のことです。 人はみな、自分なりの枠を持っています。特に子どもは先が見えないことに対する不安が強く、余計に枠を固めてしまうことがあります。 子どもを自縄自縛の状態から解放し、視点を変えるようにしてもらうのが「リフレーミング」です。 ものの見方が変われば、不安

          意図や感情を素直に伝えてみる

          こんな大人いませんか? とっても機嫌の悪い大人が子どもにこう言います。 「早くしなさい!」 「もう知らない!置いていくから!」 「ほら、行くよ。」 「危ないって言ってるでしょ!」 「いつになったら勉強するの!」 あるいは部活のコーチがこんな風に叫びます。 「やる気ないなら帰れ!」 「遅い!」 「お前たちがそういう態度ならもう来ない」 「連帯責任だ!」 「勝手にしろ!」 どこかで見たような、聞いたような気がしませんか? 声には出しませんが、私はいつもそういった言葉を聞く

          英語とコーチング

          当塾で企画している「はたらくおとな」。 こちらの方に次回出演いただく方の奥様と昨日打ち合わせをしてきました。この方は私が最初に勤めた塾の講師仲間です。 昔から勤勉、まじめ、よく気が付く素敵な女性で、今日お会いした時もその変わらない話し方に懐かしさと、変わらないことに対する嬉しさがあふれ、彼女が今も講師の仕事を本当に楽しんでいるのが伝わってきました。お会いできて本当に良かった! 企画の話は早々に済み、話題は指導のことが中心に。 私も彼女も文系で、指導科目も国語、英語がメイン

          Can't stop talking!

          話が止まらない子 黙ってしまう子もいれば、おしゃべりが止まらない子もいます。 コーチングを行うコーチであれば、基本的には時間が許す限り口を挟まずに聴きます。話しきることで、子ども自身が自分に必要なことに気づくことが多いのです。(オートクライン) しかし、忙しない日常で、子どもの話をずーっと聴いているわけにもいきませんよね。 ついつい、「あとで聞くから」とか、「それよりも宿題やったの?」とか言ってしまってはいないでしょうか。 このように、時間に制約がある場面では、「介入」

          沈黙に耐えてみる

          だんまりへの対応 こちらが話しかけた時、黙っていられると困ってしまいますよね。 そんな時、相手が子どもだったらあなたはどうしますか? この時の対応によって、子どもの可能性が広がることもあれば、狭まることもあります。沈黙の時間は、いったい何を表しているのでしょうか? 子どもに質問しても、黙ってしまい、何も答えてくれない子がいます。この時の子どもは何を考えていると思いますか? 答えたくない 思考停止中 嫌悪感 反抗 などと受け止めてはいませんか? 実はこんな見方もある

          お任せと丸投げ

          チャイルドコーチングアドバイザーである私は、それ以前に塾講師でもあるのですが、自営を始めて5年目に入り、それまで勤めていた時と違ってきたなぁと思っていたことを書いてみます。 まずは子どもたち。 本当に活字に弱くなってきています。非常に心配です。 高校生までは定期テストや単元テスト、模試があるので、どうしても紙に書くことが多くなるはずです。なのに、読めない、書けない。いや、読まないし、書かない。 みなさん普段、パソコンやスマホの画面上の文字を見る時間が多いと思うんですが、紙で

          出来ることと出来ないこと

          前回からまた少し時間が空いてしまいました。 実は健康診断の結果で2つほど要検査で引っかかりまして。一つは去年と同じ眼圧。これはそのあとすぐに眼科に行ったので大丈夫でした。問題はもう一つ…。まぁ、来週検査するのでわかってからいろいろ考えようと思います。取り越し苦労は自分の仕事のペースを乱すので。 さて、その取り越し苦労といえば、これも毎度のことなのですが、塾生で忘れ物や宿題忘れが多い生徒が一定数います。ほぼ同じメンバーです。 忘れてくるたびに怒っても直らないというのは分かって

          子どもへの声のかけ方(コーチング編)

          前回は子どもへの声のかけ方(絵本編)で就学前の子供に対する声のかけ方として、絵本の読み聞かせの重要性を書きました。 今回はコーチング編です。 以前、目標と現実とのギャップについて書きましたので、こちらの本文をお読みになる前に、ぜひこちらもご覧になってみてください。 目標を持ちそれに向かっていくために 子ども自身が自らを客観視するための質問例 ・今、どんな状態かな? ・どこまでできてると思う? ・目標達成が100点だとすれば、今は何点くらい? ⇧ このような質問をお勧めしま

          子どもへの声のかけ方(コーチング編)

          子どもへの声のかけ方(絵本編)

          前回から少々時間が空いてしまいました。塾内イベントでちょっとだけ忙しかったのです…。 うちの塾は小学生から高校生まで50名ほどが通っています。 田舎のためメインは高校受験です、受験のためにだけ通う生徒が半数。開校5年目でようやく塾内イベントなどにも参加が増えてきました。 そして先日、塾内のイベントで読書会を実施したところです。 これはずっと思っていたことなのですが、まあ、子どもたちの読書率の低いこと!書籍はおろか、雑誌もマンガも読まない生徒もいます。そういった生徒はテレビ

          子どもの未来をつくる手本

          基本的に子どもは大人の真似をします。 「学ぶ」は「まね・ぶ」からきているとも言います。 さまざまな動作、話し方、最初は一番身近な親の真似をして覚えていきます。 久しぶりに親戚の家に電話をしたとき、電話を取ったのが甥っ子や姪っ子で「お父さんに(お母さんに)そっくりで驚いたよ!」なんて話したことがある人もいるでしょう。 子どもは本当に親のことをよく見ているのです。 良いことも、悪いことも。 「昨日は良いって言ったのに、どうして今日はダメなの!?」 親が理屈に合わないこと

          理想と違ったら絶望しますか?

          子どもに対して愚痴の多いご家庭は、保護者様の期待値が高く、それは親目線の話であることがほとんどです。 親が思う、自分の理想と現実にギャップがあることを不満に思っていらっしゃるのでしょう。もしかしたらご自身もそのように教育されてきたのかもしれません。 このように子どもに対して大きな期待をかける保護者様は、 自分が果たせなかった夢を叶えたい かつて経験した失望を埋め合わせしたい といったように、無意識のうちに我が子でそれらを果たそうとしているように見えます。そうなってくると、も

          【参加御礼】チャイルドコーチング講座2023.10.22

          10月22日、当塾定例のオンライン保護者会を開催しました。 普段は様々な角度から、最新の教育情報、受験情報、各種検定、コーチングを用いたワンポイントアドバイスなどを実施していますが、今回は、保護者会の半分の時間をコーチング講座として開催しました。 また、いつもと違って塾生の保護者様だけでなく、外部からも参加を募ったところ参加希望の方が数名あり、大変うれしく思います。 今回は60分という短い時間でしたので、プレ講座の一部を集約して、「コーチの自己基盤を整える特別講座」として

          【参加御礼】チャイルドコーチング講座2023.10.22