ふぇりしだーじ

V6のファンになって四半世紀です。一番好きなメンバーは三宅健さんですが、メンバー全員が大好きです。

ふぇりしだーじ

V6のファンになって四半世紀です。一番好きなメンバーは三宅健さんですが、メンバー全員が大好きです。

    最近の記事

    固定された記事

    四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.1

    衝撃の発表は、2021年3月12日だった。V6がデビュー日の11月1日に解散するという。 それまで私はおばあちゃんになるまで応援できるものと当たり前に思っていた。 デビューして26年ずっと6人。 自分も同じくらい、四半世紀ファンをやっている。 日常に彼らがいるのが当たり前過ぎて、”解散”なんてものがあるなんて思ってもいなかった。 本当は、このnoteを解散発表日から初めたかった。でも自分の中の形容しがたい気持ちを言葉にできなくて、ずるずると今日まで来てしまった。

    スキ
    7
      • アイドルのグッズマーケティング

        【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.145】 私の推しの三宅健くんが、来月からソロコンサートツアーを行う。もちろんグッズもある。グループの時と同じくらい、いやそれ以上に種類がある。 その中で一番高いのはTシャツだ。お値段は1000…3000…5000円、いや8000円だ!ううーん、人生で8000円のTシャツを買ったことがない。 先日、料理をしながら、健くんのラジオ(「三宅健のラヂオ」bayfm78)を聞いていた。すると、この超高額のTシャツを熱く説明し

        スキ
        12
        • アクスタフェスタからマーケティングを考える

          【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.144】 アイドルのファンの方はご存知の、アクリルスタンド、通称アクスタなるグッズがある。推しの写真がアクリルに印刷され、台に乗せて立てられる。 私がV6のファンになった四半世紀前にはなかったが、とても素敵なグッズだ。恐縮だが、推しの三宅健くんを好きになったきっかけは顔だったので、写真グッズはとてもいい。 ところでつい先日、ジャニーズ全体で、数量限定でアクスタをネットで販売するというのがあった。私も挑戦したが、サーバ

          スキ
          2
          • あなたはドラマの背景が、映像と舞台とで違うって気づいてましたか

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.143】 テレビドラマは、ネットでもたくさん見れるようになって、エンタメ好きとしては至福の時代だ。 ただ、もしドラマの映像の背景が、全て真っ白で何もなかったとしたら、いくら脚本や役者さんの演技が素晴らしくても、結構見るのはしんどそうだ。 今回は、そんなドラマの背景について、映像と舞台とでの背景の作り込みについて考えてみた。 ドラマや映画など、映像によるストーリーものは、背景についてはリアリティのある作り込みが必要だ。

            あなたは塩はただ体に悪いと思ってませんか

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.142】 塩は味付けには重要だ。スープやパスタに全く塩がなかったら、相当に味気ないものになるだろう。 でも塩は、体にとってはあまりよく言われない。 高血圧の理由にはなるだろうし、テレビなどでもよく減塩減塩と言われる。 私もそんなイメージだった。 そんな私が、先日テレビを見ていたら、塩をあまり取らずに、その分、ダシ粉を使って味付けしたら痩せたという話を見た。 それはいい、早速やってみようと思って、一週間ほど、料理に

            スキ
            1

            あなたは努力を人に見せた方がいいとは思いませんか

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.141】 小さな頃から、努力は人に見せるもんじゃない、と先生とか世間に言われてた。 でも大人になって、違うんじゃないか、実は見せたほうがいいんじゃないかって思うようになった。 何でかって言うと、人に見せないで1人で努力しててもつまらないし、孤独だからだ。 せっかくの人生、孤独でずっといることって、寂しいっちゃあ寂しい。 それに、努力の過程を見せないで、急に結果を出したら、周りがビックリする。そのまま受け入れてくれれ

            スキ
            4

            あなたは歳を重ねて自分のマーケッターや営業マンやプロデューサーになることができますか

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.140】 三宅健くんがV6の時にやらなくて、解散後にやり始めたことがある。健くんは初のソロコンサートツアーをやるが、そのグッズについて、まだ案である段階からファンに希望を聞いているのだ。 最初は、7月に行ったファンクラブ会員専用のオンライン配信だった。7月の終わりにいいお知らせがあるけどまだ言えないよ、とかいいながら、トートバッグの大きさの違う試作品を見せながら、ファンにどれがいい?と聞いてきていた。もうコンサートをや

            スキ
            2

            三宅健くんのSNSに見るプロ意識

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.139】 三宅健くん、SNSにものすごく積極的だ。 すご~く昔から、ファンクラブ会員向けのブログはやっていた。 それが、解散直後にインスタグラムを始めて一年も経たないうちに、最近ツイッターも始めた。 インターネットがなかった時代は、もちろん会員向けのブログも、インスタもツイッターもない。ファンクラブから送られてくる会報を待つしかなかった。 ん、何だか思い出してきたぞ、インターネットが普及してなかったデビュー当時(19

            スキ
            1

            パーフェクトアイドル三宅健くん2【一つの仕事を続ける大変さ】

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.138】 一つの仕事を長年続けることは大変だ。 昭和のころは学校卒業して定年まで約40年同じ会社に勤めることも多かった。ただ、アイドルは、逆に一般的に数年とかが多かった感じだ(もちろん今も活躍されてる郷ひろみさんたちもいらっしゃる)。 今は逆で、同じ会社に長く勤めることが当たり前ではなくなった。でもアイドル、特にジャニーズはSMAPさん以来、10年超え、20年も当たり前になってきた。 V6も四半世紀越えだったし、三宅

            スキ
            1

            パーフェクトアイドル三宅健くん

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.137】 V6が解散(ああこの言葉をあまり使いたくない…)して早8ヶ月ほど。 この事実を受け止められないまま今に至る私。 三宅健くんも、私の勝手な感じ方だが、解散した日のラジオでの様子とか、しばらくは心の整理に努めていたように見えた。健くんはこの時初めてのインスタを始めたりしていたが。 ただ、解散の翌月にはクリスマス配信をやってくれた。当時健くんは42歳だが、どこでどう用意したのか、雪だるまの顔が出る超デカい着ぐるみに

            言語の習得は間違ってナンボ

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.136】 三宅健くんは、NHKで手話番組のナビゲーターを務めるほど、手話ができる。 もちろんファンとしては毎回録画して保存している。 かといって、それで自分が手話ができるようになるかというと、なかなか難しい。 実は、これも四半世紀ほど前だが、その当時の友達に耳が聞こえない人がいた。友達になったばかりのころ、本やビデオを買って、手話を覚えて、次に会う時に使っていた。その友達とは定期的に会っていたので、使って覚えていくこと

            ミュージカルの素人のとっかかり

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.135】 ミュージカルって、テレビのタレントさんでも、たまに絶対に観に行かないという人がいる。 私は観に行くのは全然よかったが、最初は全然わかってなかった。 以下はそんな私の、ミュージカルに詳しい方には呆れられそうな、最初のとっかかりのお話です。 (漫画がつたないのは、のびしろに溢(あふ)れてるとよいように解釈してくださいませ。) ミュージカルに詳しい方からすれば至極当たり前のことだと思うのですが、より楽しめるよう

            スキ
            1

            三宅健くんのご利益かな

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.134】 先週から絵を投稿していますが、お見苦しい点はご勘弁いただけましたら幸いです。 表現はやってナンボと人が言っていたのを聞いて、そのとおりだと思いました。 慣れない CLIP STUDIO(クリスタ)をうんうん言いながら使っております。きっとそのうち慣れるでしょう(願望) いやしかし、愛情持って育てても枯れてしまうと、私のところに来なければよかったのに申し訳ないという気持ちに。サボテン君が時間かかっても育ってくれ

            三宅健くん おたおめ奇跡の43歳

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.133】 今日は三宅健くんのお生まれになった日。 奇跡の43歳。 おめでとう! あなたに会えたこの四半世紀に感謝。       前髪求む♡

            アイドルの矜持

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.132】 私は27歳からアイドルのファンになった。だからそれ以前のアイドルがどうなのかよくわからないのだが、V6は、昨年いろいろあっても、各メンバーは未だにこちらを楽しませてくれている。 最初ファンになって数年はあまり何も思わず、ただひたすら彼らの美しさを愛でていた。テレビを見て、CD買って、コンサートに行って、グッズを買って、比喩的に言えばずっと消費していた。10代の時にアイドルファンの経験がなかったので、逆にあんま

            スキ
            1

            何気ない日常が愛おしい 三宅健くんのインスタ

            【四半世紀のアイドルファンが想うこと★V6★ vol.131】 晴れたり、雨が降ったり、また、起きて、服着て、外でかけて。 日常の一コマ一コマ、ただ過ぎていく時間。 三宅健くんが、V6解散日(2021年11月1日)から、インスタグラムを始めている。写真はそんなには上げてないが、毎日ストーリーズを更新してくれている。 ストーリーズは、健くんが映っているものもあるが、本人が映らず、ただ電車の窓に当たる雨とか、また、花をずっと映すとか。 私は今まで電車に乗って雨が降ってきた