湯山玲子33

著述家、プロデューサー。著作は『女ひとり寿司』『四十路越え!』『男をこじらせる前に』等。クラシック音楽の新しい聴き方を提案する「爆クラ」、ファッションブランド「OJOU」、出張寿司「美人寿司」などを主宰し、日大藝術学部、東京家政大学で教鞭をとり、TVコメンテーターも務める働き者。

爆クラpresents「ツバメ・ノヴェレッテ 〜 コトリンゴ×首藤康之×オーケストラ・アンサンブル金沢で送る、 新時代のダンス交響…

 富山ナウ! 富山大和デパートのスタバナウ!!! 一昨日の爆クラpresents「ツバメ・ノヴェレッテ 〜コトリンゴ×首藤康之×オーケストラ・アンサンブル金沢で送る、新…

1か月前

ド演歌キングクリムゾン

 キングクリムゾン@東急文化村オーチャードホールに行ってきました。この日はジャパンツアーの千秋楽。もちろん、このバンド、赤い顔のLP(みなさんご周知)を自室の鴨…

1か月前

コシミハル6年ぶりのアルバム、そしてコンサートと彼女の手になる究極のテクノ・レクイエムについて

この秋、コロナにどうやら目処が立ちそうな空気(とはいえ、予断を許さぬ感じではある)を元に、文化芸術が忙しいのなんのって。で、忘れないうちに書いておくテキストその…

3か月前

歌舞伎座9月『東海道四谷怪談』を4回観て分かる、鶴屋南北の脚本力

先日がワタクシの千秋楽となった、歌舞伎座『東海道四谷怪談』お岩・小春に坂東玉三郎、民谷伊右衛門に片岡仁左衛門というニザタマ布陣。また、4回も通ってしまったわけな…

3か月前

歌舞伎座9月『東海道四谷怪談』は日本ホラーの“かたち”の原点だった

 歌舞伎座9月公演『東海道四谷怪談』行ってきました。4、6月の『桜姫東文章』に続き、仁左衛門×玉三郎コンビでおくる、鶴屋南北もの第二弾でして、今回も毎週通うべくチ…

4か月前

クラシック音楽評:坂入健司郎が指揮する、チャイコフスキー交響曲第4番の恍惚

 7月20日は、我が坂入健司郎(指揮)×名古屋フィルハーモニー交響楽団にて、東京オペラシティに東陽町のスタジオから直行。“我が”と言ったのは、坂入君には以前、銀座…

5か月前