変革期におけるリーダーシップとは
見出し画像

変革期におけるリーダーシップとは

◆今求められるリーダーシップ

今の世の中に足りないもの。そして、多くに人が求めているもの。

政治に対しても、企業においても、社内のプロジェクトにおいても、強力なリーダーシップを発揮し、成果を生み出すことを求められる。

そんなリーダーに対して、大半の人尻込みして役割を担うことをしない。しかし、そんな中、そのリーダーに名乗りを上げる猛者もいることも事実だ。

そして、そんな猛者たちは、強いリーダーシップを発揮した著名人を思い浮かべる。スティーブジョブス、孫正義、柳井正、、彼らの発揮したリーダーシップにより、世の中が変わり、そして、企業は大きく成長した。

僕は彼らに習おうと、強いリーダーシップを発揮しようと現場で奮闘する。しかし、実は彼らがどんな想いを持ち、どんな思考回路で、どんな日々の仕事をしているか、僕は知らない。まねるべきと思っている相手の実際を全く知らないのだ。にもかかわらず、断片的に映し出される彼らの「強さ」をまねようとする自分がいた。

そして、そんな「強さ」に世の中の人も期待している。


◆リーダーシップってそもそもなんだ?

リクルート時代には本当に素敵な研修が多かった。そして、その研修の内容が日々実践し、悩みあう仲間がいた。私がそういう中で言語化したのが

 ①見えない未来を見せること

 ②その未来と現実を結び付けるための地道なメンバーへの語りかけ

だった。

 ①はキックオフなど半期に一回など一定頻度で行われる

 ②はそれこそ毎日、色々な形で、色々なタイミングで行われる


◆今の僕の環境

現在僕は創業40年ほどの企業のIPOフェーズの会社にいる。経営管理本部の責任者として、いわゆるバックオフィス全体を統括している。

上場を目指す環境では、今まで「正しい」としてきたことを大きく変えていく必要がある。

・外部への説明責任:オーナーがよし、ということをゴールとしていた環境から、わかりやすく構造的に不特定多数に説明する

・管理体制の高度化:決算早期化、JSOX、ITの活用、ほぼすべてを見直し、フローを構築する必要がある。

成長性の設計:単年度思考のできた、できないから、中期の成長ストーリーとKPI、課題解決に向けた体制構築に連続性を持たせる必要がある。


これを実現するのが外部から採用した新たなリソースである。これは内部リソースだけではできないのは明白である。


◆’今まで’が当たり前の内部リソースと’出来上がった環境’に囲まれていた外部リソース

ここで起きるのが対立である。

当然だ。人は過去のシナリオを塗り替え、その延長線上に生きているからだ。

人それぞれの過去を生き、未来を描いている。すりあうわけがない。

そこで、大半の人が思い浮かべるリーダシップのあるべき姿。それが強さ

  ・強いリーダーシップは周りをけん引する必要がある

  ・知らないことは許されない。リーダーには見えているはずである

  ・メンバーをコントロールできているのがリーダーであるべきだ

でも、ヒトは気づいていない。自分が見てきた範囲では計りしれないのが未来であること。そして、自分の知識などさして広くないことを。


そして、リーダーとメンバーの対立がいたるところで始まるのだ。

マウント合戦と、表層的服従だ。


◆僕がしていること

・自分でできることが少ない、という自己認識

まずは、自分自身の正確な理解だ。できること、できないことを掛け値なしで客観的に見つめることだ。そして気づくことは、自分でできることは正直少ない。

素直に助けを求める

自分でできることが少ないと、他の人に頼るしかない。そう、素直にいうのだ。助けてほしいと。

これをすると、不思議と情報が集まってくる。手をあげて「やります!」という人が増える。そこからメンバーとの対話が始まるのだ。

・相手や物事をフラットに見る

自分に合わない、あるいは耳の痛い意見も出てくる。そこを素直に認めることが必要となる。素直に認めるとはどういうことか。

素直に認めるために相手や物事に対して、以下の3つを心掛けている

  -善悪をつけない

  -有要、不要など価値判断をしない

  -意見をしない

どうしても、過去の経験に照らし、ヒトは反応する。

 -それは間違っている

 -あんまり意味のないことだ、

 -私はこう思う

そして、その反応をすることで、相手の「話したい」をつぶしてしまうことになる。そうすると、二度と情報を持ってきてくれなくなる。これほどのデメリットはないと思う。だから僕は「反応」をしないよう極力抑えている。

自ら次のステップを描くよう、徹底的にサポートする

そうすると、相手は自律的にに解決していく。本当は心のどこかにこうしたほうがいいだろう、という答えの片鱗を持っている。それは細部を知らない自分よりも確実に持っている。それを自信をもって導き出すことをサポートをするのだ。

失敗もするだろう。でも、その時はより早く相談してくれている関係性ができている。修正も早くきく。


◆僕が考えるリーダーシップ

自分の弱さを素直に認められる強さを持っていること

これが、過去の延長線上に未来を描けない環境でのリーダーシップだろう。

なお、過去の延長線上に未来を描ける仕事をしているリーダーもいるのかもしれない。それはAIにとってかわる仕事であるため、リーダーシップの議論から除外する。

みなさんのリーダーシップの考え方の参考になるととてもうれしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
どっぷり資本主義社会につかり、それが正しいと思い生きてきた30年間 あれ?何か違うぞ?と思い出した10年間 ビジネスマンとして価値観変容のプロセスやジレンマをつらつらと書いてみます