ジコマンキング
烏賊 -IKA-
見出し画像

烏賊 -IKA-

ジコマンキング

時に夢を描いた。誰よりも駆け回りたい、誰よりも羽ばたきたい、誰よりも大きくなりたいと。

夢が叶う事はない。生まれた時から漂い、地に足すらつかない日々の繰り返し。それ以上はない。夢は描けど何も変わらず。

周りを見渡せば青い。何よりも小さい魚は誰よりも家族がいる。誰よりも大きな鮪は海を駆け続けられる。フジツボは何よりも動かず、ウツボは何よりも凶暴である。

烏賊という名の半端者は、誰よりもその全てに憧れた。半端は早さ、半端な大きさ、生まれた時から誰も憧れず、主役になる事はない。何者以下の半端者は愛される事はない。だから憧れた。

大きな海よ。私を育んだ理由はあるか。抗えず、讃えられず、無ければそれでよしの私に漂う価値はあるか。

青き海よ。私は変わらずで良いのだろうか。始まりと終わり、流れも何もかも変わらずで良いか。

深き海よ、半端な私と存在を恨まぬか。恨まぬのなら、これからも共に。


----------------

お楽しみいただけましたか?ジコマンキングは普段グッズクリエイターとして活動しています。今回の小説の元になったグッズはこちらから↓

機会がございましたらぜひお買い求め下さい♪



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ジコマンキング

記事もデザインも作ると喉も乾くし腹も減ります。 皆様ぜひご支援よろしくお願いします!

ジコマンキング
お洒落とファンタジーを創造するクリエイターとして活動中👑普段はSUZURIで商品を販売していますが、noteでは短編小説やコラムを書いております! SUZURI→https://suzuri.jp/zikomanking