新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Withコロナ/Afterコロナ時代の組織課題への向き合い方|大手店舗事業者のケースから学ぶ

画像3

2020年5月11日(月)13:30-からAshなどを展開する美容室業界大手アルテサロンホールディングス執行役員の大山さんと、LINE WORKSを運営するワークスモバイルジャパン執行役員の萩原さんをお招きし、zoomにてウェビナーを開催します。
イベント詳細&エントリーはpeatixから:https://pep-seminar02.peatix.com/

ここでは、開催に至った背景や内容をお伝えしていきます。

大山さんのツイートを見て

このツイートを見て「大山さん、ツイート拝見しましたがこのスピード感でどのように意思決定したんですか?」とDMしてみたらこんなレスが返ってきました。

図2

美容師を守ることを何より優先して即決したというその言葉に、あるべき経営者の姿を見た気がします。
ここで「LINE WORKSが無かったと思うと震える」という話もあったので、さっそくLINEWORKSを運営するワークスモバイルジャパンさんにもこの旨を伝え、3社で店舗事業のこれからを考える機会を、とにかくやってみよう!と最初はテーマも何もなく、今回のウェビナー企画はスタートしました。

大手美容室グループにおける今回のインパクト

画像1

Ash、NYNYなど全国300店舗以上の美容室を展開するアルテサロンホールディングス。
3,000名近いグループスタッフを抱え、年間トータル300万人以上の動員を誇る同社も、政府による緊急事態宣言を受け約1ヶ月の休業を決断した訳です。

画像2

※出展:首相官邸

これは同社に限らないことですが未曾有の事業インパクトが想定される中で、どのように経営意思決定を行い、この時代をどう乗り越えチャンスと変えていくのか。
もちろん目先の業績への対応は当然ですが、「コロナの影響は前提」という見地で、事業や組織改革に取り組む我々はプロアクティブに、中長期的にこの「Withコロナ、Afterコロナ」を見据えなければなりません。

特に今回は即時に業績には現れないWithコロナ、Afterコロナ時代の「従業員への教育研修面・コミュニケーション面等の組織課題」や「業務課題を解決する取り組み」にフォーカスしてお話しを伺いたいと思います。

オンライン研修の取り組み

図1

zoomをつかったオンライン研修の様子(即日このような研修に切り替えた柔軟性もすごい)

このような取り組みや、同社がこの状況を乗り越えるために真っ先に取り入れたLINE WORKSとAIアシスタントPEPの具体的な利用事例に触れつつ、これからのWithコロナ、Afterコロナ時代の働き方をテクノロジーでアップデートする具体例をご紹介していきます。

トークセッションのテーマ(一部)

・激動のあの日、アルテサロンホールディングス社内で起きていたこと
・なぜいち早く全社休業に踏み切ったのか
・従業員の心理的安全性の確保について
・全社休業で見えた文化の変わり目
・LINE WORKS×AIアシスタントPEPでの組織課題解決のウラ側
・これからのWithコロナ、Afterコロナで事業者に求められること

トークセッションはLINE WORKSを運営するワークスモバイルジャパン執行役員の萩原雅裕氏と、PEPを運営するギブリー取締役の山川雄志で進行いたします。
皆様からコメントをもらっています。

アルテサロンホールティングス 執行役員 グループ販促事業部長 大山 高寛 氏

図4

美容室アッシュを運営するアルテサロンホールディングスの大山です。
弊社は美容師で成り立っています。今回、お客様の健康、スタッフの安全が確保できない状況では一時休業という判断しかありませんでした。
ビジネスの大前提が変わり、お客様に会えない美容師や4月に入社した200名の未来のスーパー美容師たちに何ができるのかを考え続けた1ヶ月でした。

美容師は常に新しい技術、知識を取り入れお客様に提供しています。新しいことへの貪欲さ、モチベーションが下がらないようにアナログで展開されていた教育分野を中心に LINE WORKS with PEPへデジタルシフトしました。1ヶ月で共有された技術動画は1,000時間を超え、入社して2週間のスタッフが自宅でのシャンプー練習を1,500人に公開しています。

以前から取り組んでいたデジタルシフトを一気に加速させるための事例をお話できればと思います。

ワークスモバイルジャパン 執行役員 萩原 雅裕 氏

図3

ワークスモバイルジャパンの萩原です。
まだコートを着ていた1月下旬、大山さんから「4月にLINE WORKSを本格展開する予定」とお伺いした時には、まさかこのような事態になるとは想像もつきませんでした。
新型コロナという緊急事態のなかで多くの課題を抱えていらっしゃる企業が多いと思いますが、逆にこの機会だからこそ、できることを「まずはやってみる」ことが大事です。
この状況下でも従業員のケアと、アフターコロナへの準備ができているアルテサロンHD様の取り組みをお聞きすることで、皆さんへのヒントをお届けできればと思います。
その中で、PCを使わない働きかた、ITを活用しにくい働きかたの企業であってもご活用いただけるLINE WORKSの魅力もお伝えできれば幸いです。

ギブリー 取締役 山川 雄志

画像8

主催する山川と申します。
最初に大山さんにお話しを伺ったときに、「事業継続の戦略より何より先に従業員の安全確保を考えて動いた」という点に深く感銘を受けました。
アルテサロンホールディングスさんのような、特定業界を牽引するプレイヤーの企業の考え方や、具体的な課題解決策をインプットすることは、異なる業界の企業の経営・組織課題・デジタルシフトに取り組む方々にとっても有益な情報になると思います。
またご一緒するLINE WORKSさんも、今この状況だからこそ最もニーズが高まっているソリューションのひとつであり、Withコロナ/Afterコロナの時代の生産性を各段に向上する術をたくさんお持ちです。
短い時間、かつオンラインでの試みではありますが、この状況を共有し牽引していく同じ時代の仲間として多くの方にご参加いただければと思っております。

参加方法について

zoomを活用したオンライン開催のため全国どこからでも参加可能。
店舗事業者はもちろん、経営企画や業務推進に携わる方にご参加いただきたい内容です。人数限定となっております。
詳細&エントリー:https://pep-seminar02.peatix.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
ギブリー取締役。現在はPEP(ペップ)というSlackやLINE WORKS等と連携するチャットボット型組織改善ツールに注力しています。仕事のテーマ→SaaS、AI、働き方改革関連 プライベート→Japanese Hiphop/サウナ/温泉/麻雀/鮨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。