ゆうし

25歳 「どんな症状や状態、年齢でも楽しく生きられる社会」を目指して、ぐるんとびーというところで働いています

ゆうし

25歳 「どんな症状や状態、年齢でも楽しく生きられる社会」を目指して、ぐるんとびーというところで働いています

    最近の記事

    要介護5の血縁関係のない利用者さんのじいちゃんとルームシェアをした1年間

    このnoteは、介護業界1年目の24歳の僕(理学療法士)が、ある団地の一室で血縁関係のない83歳Sさん(アルツハイマー型認知症、要介護度5のおじいさん)とルームシェアをしていた1年間の話を書いたものです。 Sさんは2022年の3月19日に息を引き取られました。最期は、声をかけたら今にも起きそうなほど穏やかな顔をされていました。 Sさんが亡くなられたことで、ルームシェア生活は終了しました。 人の暮らしを支えるのは理学療法だけじゃない。 ”共に暮らす”ことで、学ばせて頂くこと

    スキ
    221
      • 誕生日は感謝を伝える日

        つい先日(9/17)に24回目の誕生日を迎えました!㊗️ 数年前にイメージしていた自分とは違う24歳になっていて、面白いなぁと感じていました。人生何が起こるかわからない。笑 誕生日を迎え、たくさんの方からお祝いのメッセージをいただきました。 本当にありがとうございます。めっちゃ嬉しくて、何回メッセージを眺めたことか。 眺めている中で、腹の底から湧き出す感情のようなものを感じました。今日はそれを伝えさせてください! 誕生日は感謝を伝える日誕生日を迎えて、改めて 「誕生日

        スキ
        17
        • 人助けのサイン

          朝、日課の散歩を終えて家に帰るときに人助けをした。 これは、あなたの人生は人助けをしなさい。というサインだと感じた。 信頼は最強 昨晩、自分の師匠的存在の人(人生の岐路で大切なことを教えてくれる人)の音声ラジオを聞いていた。 「信頼は最強」というテーマだった。 世の中のコスト、手間は信頼がないから発生しうるものである。 例えば・・・ 自分が家にいないときに、友人が宿泊に来ていたら。 「中入っててイイよ〜、ゆっくりしてて」というだろう。 でも、これが、知らない人だった

          スキ
          5
          • ぐるんとびー1日目

            このnoteは、ぐるんとびーでの記録を残すため。 いつでも、見返すことができるように 続けていて苦にならないように 自分の言葉をただ羅列する、記録用のnote 誰かに見てもらうものではないため、あしからず・・・ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ぐるんとびー初出勤 ぐるんとびーの出発地点、根元の 小規模多機能に所属することとなり、ドキドキワクワク、ちょっぴり不安 毎日が学びの連続なんだろうなぁと思いながら 気合を入れて出勤しました。 案の定、学

            スキ
            4
            • 誕生日は感謝を伝える日

              スキ
              17
              10か月前
              • 人助けのサイン

                スキ
                5
                1年前
                • ぐるんとびー1日目

                  スキ
                  4
                  1年前
                  • 山登りって、のぼりがち。

                    激坂を登り続ければ、疲れる。 激坂をいきなり登ろうとすれば、すぐ疲れる。 毎日毎日、積み重ねるように長く緩やかな坂を登っていく。 その積み重ねをしている者が、やっと激坂を登れるようになってくる。 積み重ねよう あと、山は登り続ける事を目標にしがちだなぁと。 山道であえて座って深呼吸 すると、普段聴こえてこない、でも、そこにあるはずの虫や鳥の鳴き声が、飛行機や車の風を切る音が聞こえて来る。 産まれるはずのなかった、他の登山者の方とのコミュニケーション。 あった

                    スキ
                    3
                    • ほっちのロッヂ 6,7日目

                      ほっちのロッヂでインターンを初めて早2週間。 あっという間の日々が過ぎていくなぁ。 毎日が、新しい発見ばかりです。 6.7日目では、ほっちのロッヂの向かいにある 軽井沢風越学園で身体計測と内科検診をしてきました。 この内科検診は、世界を変えるんじゃないか。。。 世界初の試み?だったのかもしれない。 3歳〜8歳、9〜13歳と2グループに分けて検診します。 3〜8歳の子たちは お医者さんに自分の体を自慢する内科検診 9〜13歳の子たちは 対話を通じて、身体だけでなく心も

                      スキ
                      6
                      • ほっちのロッヂ5日目

                        ほっちのロッヂ5日目 今日は、端くれだけど医療業界にいる身として 衝撃的な話を聞くことができました。 タイトルは「脱・医療」 それはお昼の事 いつもの通り大きな台所から美味しいご飯ができました。 ん〜〜〜〜〜〜〜〜!!!! 美味しい!!!!! ロッヂ中に響き渡るメンバーの声。 この時間が大好きです。 そのときに ほっちのロッヂ共同代表の紅谷先生(Twitter)と ランチタイムを共にしました。 その時間が刺激的で、 今、医療資格を持つ自分のあり方を考える時間にな

                        スキ
                        12
                        • ほっちのロッヂ2日目

                          ほっちのロッヂインターン2日目 もう2日目。時が過ぎるのは早いものだ。 毎日取りこぼさないように。 チャンスを逃さないようにアンテナを張りながら、関わりを続けている毎日です。 <スケジュール> 8:30   朝タイム 9:00   活動開始 10:00 森の散歩道を作る 11:00  町歩き 12:00 ゆみさんの美味しいご飯 14:00 風越学園7年生と感情についての語らい 15:00 喫茶かわべ <森の散歩道を作る> ほっちのロッヂの裏にある森 ここに散歩道

                          スキ
                          9
                          • ほっちのロッヂ1日目

                            ほっちのロッヂインターン1日目 1日目からメンバーとお話しすることで、学びが多いです。 1日目行動の中で気づいたことを書いていきます。 <スケジュール> 8:30   朝タイム      心と身体の調子、昨日の出来事をシェア。訪問看護申し送り 9:00   活動スタート 10:00 就労支援ひゅーまにあさんへ(https://ch-j.jp/karuizawa/)    ↓ひゅーまにあさんが関わっているブランド    (https://rattarattarr.com/

                            スキ
                            11
                            • 1/8 朝5時から活動してみた。

                              おはようございます。 雨が降るなんて聞いてなかった。 あ、天気予報見てなかっただけだ。 超絶ぐうたら、怠け者、早起きしようとしていつも二度寝男、 ぼくが、「早起きに成功」してみて気づいた事。 いつもいつも、早起きしようとしては2度寝。 5時に起きたはずなのに気付いたら8時。 「いつもと変わんないじゃん。あーあ、ダメだなぁ」 と自己嫌悪マン。 しかし、今日は成功した。 なぜなら朝6:30に人と会う約束をしてたから。 最寄駅から目的地まで、電車に揺られて30分 その

                              スキ
                              2
                              • 誰のために?なんのために?

                                ひょんなことから豊田市でカフェを作っています。 お世話になっている人から 「カフェ作ってみる?」 この一言で 「カフェをつくれる!面白そう!!!」 と思い、携わることになりました。 でも、でも、コンセプトを作っていく中で 誰のために?どんな困りごとを解決するために? と質問を投げかけられます。 正直、わからないというのが本音。 僕が住んでいるのは岐阜。生まれてこのかた、一度も関わったことのない豊田で 誰のためにどんなことを解決したいのか。と言われても… 誰の

                                スキ
                                3