見出し画像

一番大切なこと「姿勢」

「運動する上で一番大切なことは何でしょう?」

教室でよく子どもたちに投げかける質問です。
教室に通っている子たちには簡単すぎる質問かもしれませんね。

答えは、姿勢です。

陸上は文字通り"陸の上"のスポーツですから、地面からいかに力をもらえるかが重要です。それを走る力や跳ぶ力に変えたり、体を通してモノに伝え投げる力に変えたりするためにあるのが、走るフォームなどのテクニックです。
まずどちらが大切か?考えればすぐにわかります。
姿勢が悪いと、地面から力を上手くもらうことはできません。ふにゃふにゃに空気の抜けたボールは、うまく弾まないのです。

ここで、正しい姿勢づくりの方法とチェック方法をおさらいしましょう。
クラブでは、白樺のポーズと呼んでいます。

白樺のポーズ

また、チェック方法として、補助者に肩を上から押さえてもらい、それに抵抗するように連続でジャンプしたときに、ボールのように弾めているか確認してみてください。

補助付きリバウンドジャンプ

これができたらいよいよ練習開始です。動きの中でも姿勢を保つことをくれぐれも忘れないようにしましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
15
東京都を中心に活動する陸上クラブです。小学生から大人まで幅広く所属し活動しています。 クラブ名には「オリンピックのような夢や目標をもち、その夢に向かって頑張って欲しい」という想いが、 ロゴマークには「夢を織りなす」という意味が込められています。