悩み続ける人生だけど、それでも大丈夫だと言えるようになるまで 【自己紹介】
見出し画像

悩み続ける人生だけど、それでも大丈夫だと言えるようになるまで 【自己紹介】

yukino yamashita


はじめまして!POSIWILL CAREERトレーナーの山下優紀乃です。
今回は私自身の自己紹介とポジウィルで働く思いについてお話しさせていただきます!

振り返ってみたら、これまでずっと悩んでいた人生だった

思い返せば、小学校〜社会人までずっとキャリア選択について悩んでいました。
小学生の頃の将来の夢は、ピアノの先生や動物が大好きだったのでイルカのトレーナーでした。
しかし、私の両親は超現実主義者。
「ピアノの先生になるためにはどのくらい練習すればいいのかわかってるの?今の練習量で足りると思ってる?」
「イルカのトレーナーってどのくらい大変かわかってる?楽しいだけじゃないんだよ?」など色々言われました。
今振り返ると「将来は安定した職についてほしい」「辛い思いをしてほしくない」という心配ゆえの発言だったと思いますが
当時は「あなたには無理だよ」と言われた気がして、とても悲しかったのを覚えています。

小学校を卒業する頃には将来の夢は消え、卒業アルバムの将来の夢の欄には一人だけ「公務員」と書いていました(笑)

中学以降の進路選択では、どうしたら公務員に最短でなれるかな?と考え、政策科学科のある大学へ進学。今振り返ると「あなたはこの仕事しかできない」という親からの言葉を「自分は公務員になりたいんだ」に無理やり変換して生きていたんだと思います。

自分にかけていた呪い

こうして公務員への道を一直線に走っていた私ですが、大学3年生の頃にキャリア支援の団体に出会い初めて自己分析を行いました。
過去を深掘り、未来のなりたい姿に目を向ければむけるほど、「あれ、私、公務員なりたくないかも」という思いが広がっていくばかり・・・
小学校の頃から公務員になるために進路選択してきたのに、今更親になんて説明しよう・・と悩みました。

それでも、このまま就職したらすべてを親のせいにしてしまうと思い民間就職を決意しました。

他県に住む両親に電話で伝えた時は、とても驚いていたものの「あなたが決めることだからね」と予想していたよりもずっと早く話は終わりました。

両親に話して初めて気づきましたが、結局「公務員の道に進むしかない」というのは、私自身が自分にかけていた呪いでした。

こうあるべき、で意思決定した

とはいえ、公務員から民間就職に切り替えても自分が何をしたらいいか・何をしたいかが全く分かりませんでした。
それもそのはず、12歳から22歳の10年間ずっと将来の夢=公務員になるだと思い込んでいた当時の私は、自分の将来について色々選択肢があること自体に初めて気づきましたという状態。

悩み、色んな人に相談した結果、「自分にはやりたいことはないんだ、だからもう考えるのはやめよう。」に行きつました(相談に乗ってくださった方々すみません)。

自分にやりたいことがないなら、みんなから必要とされる人になろう。

そう考えてからは、社会において必要とされる人は“成果を出せる人“であり
、社会において必要とされる会社は“社会課題を解決している事業“だという考え、“実力主義“、”早期にマネジメント経験が積めそうか“、”事業展開の軸を社会の負の解決においているか“などの軸で就活に臨みました。

今考えるとガチガチに“こうあるべき“で選んでいたと思います。

望んでいたものを手にしたけど、満たされなかった

こうして新卒では、第一希望だった人材業界の会社から内定をいただきました。
関西支店の立ち上げに配属され、毎日夜遅くまで働きながらも大好きな先輩と同期と働け、幸せでした。そうして2年目になった頃にはリーダー職に声がかかりました。
一から支店を立ち上げたという自負もありましたし、何より念願のリーダー職。迷わず「やりたいです」と答えていました。

リーダーになるまでの準備期間として4ヶ月ほどあったためこのタイミングで初めて、自分がやっている仕事を見つめ直しました。

転職支援という仕事は、毎日仕事について悩んでいる方のお話を聞きその人に合っている求人を紹介して、マッチングすれば晴れて内定・転職となるため直接お礼も聞けるし、自分の仕事がダメであれば直接フィードバックが来ます。

私個人の成長がダイレクトに反映できる仕事であり、そこが面白さでもありました。
ただ、仕事の中で唯一もどかしさを感じていたことが、いくら悩みを聞いても「転職」という方法でしか解決できないということ。

今の悩みを人生という時間単位でみた時本当に今、転職することが解決策として適切だと思うか?
そうではないと思う相談者さんもいました。
「本当はもっと、悩みに本質的に寄り添いたい」
自分自身が悩み続けていた人生だったからこそ悩んでいる人に一つの選択肢しか提供できないもどかしさから目を逸らすことができず、転職を決意しました。

ポジウィルとの出会い

キャリアアドバイザーをやめよう。
それだけは決めていましたが、逆にそれ以外何も決めていない状態で転職活動をスタートしました。いろんな求人を受けましたが納得できるものがなく、もしかして自分がわがままを言っているだけじゃないか?と悩み続けました。
そんな時に見つけた「人材業界で走り抜けたあなたにおくる、ネクストキャリア」というタイトルの求人。自分のことだと思い迷わずメッセージを送りました。
こうしてPOSIWILL CAREERのトレーナーとしてのスタートをきります。


“人生の指針“を作りたい

私自身もこれまでずっと悩んできた人生だったからこそ、同じように悩んでいる人の力になりたいです。悩まない人生を送ることはできませんが、“人生の指針“があればこれから先悩むことがあってもきっと大丈夫、自分で決めていけるようになれると思っています。

だからこそトレーニング期間では、これから先迷っても自分で決めていくことができる“人生の指針“を一緒に作りたいと思っています。

指針を作るためのパーツとなる価値観をすでにあなたは持っています。

散々悩んで見つけた私の人生指針は、「悩んでいて、それでも自分に向き合いたいと思っている人の力になる」でした。

トレーニングを通してあなたが大事にしたい価値観を一緒に見つけ、人生の指針を作っていきましょう。
みなさんとお話しできることを楽しみにしています!



この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
It's a piece of cake! 好きな言葉です!
yukino yamashita
キャリアのパーソナル・トレーニング #POSIWILLCAREERを運営するポジウィル株式会社でトレーナーをしています。 新卒Leveragesでキャリアアドバイザー兼リクルーティングアドバイザー→ポジウィルでトレーナー。趣味はアニメ鑑賞・映画鑑賞・筋トレです。