見出し画像

5/26(日)初めての農作業!大豆を植えてみよう@リンネ農園

こんにちは。コラボレーターのいたやゆかりです。5月26日に小田原市のりんね農園にて「初めての農作業!大豆を植えてみよう@リンネ農園」を開催します。

昨年、小田原市の栢山駅と富水駅の間の二宮尊徳さん生家近くの畑の話をいただき、Ozone合同会社さんが運営してくださることになりました。

富士山や山を見ながら清流の横の素敵な畑で大豆を植えるための畝作りと大豆の種植えを行います。自然と触れ合いながら、心も体も豊かになる素敵な1日にしたいと思っています。

また、小田原で40年ぶりにReOPENするというカフェレストラン「KEITO」でのランチをして最初に自己紹介をした後に畑を耕したり種を植え、最後に温泉で程よい疲れを癒してから都心へ戻ろうと考えています。

生きるために食べるのではなく、食べるために生きている位食べることが大好き。大豆を植えて、夏は美味しい枝豆、冬は古民家で味噌作りをすることを楽しみにしています。他にも植えたい植物や種がある方は是非、ご相談くださいね。リンネ農園を個人名義で借りることもできます。

先日は農具の小屋が建設され、鍬なども準備してくださっています。
日頃メタバース空間で暮らしている私がリアル空間で農作業というのは非日常過ぎる出来事!野菜寿司の職人で有機野菜の八百屋さんで働き、野菜に詳しい友人も参加してくれることになっています。

スケジュール:

12:15:小田原駅に集合後、全員で移動
12:30 - 14:00:Cafe&Restaurant KEITO にてランチ。40年ぶりにReOPEN!!
昭和から令和へと続く感動的なストーリーを持つカフェで絶品料理を楽しみましょう✨
14:30 - 16:30:リンネ農園での農作業。畝の作成と大豆の種まきを行います。
17:00 - 20:00:おんり〜ゆ〜もしくは万葉の湯の温泉入浴後、希望者の方と共に夕ご飯を楽しみましょう。


参加方法: 参加希望の方は、こちらからお申し込みください。

参加費:無料(飲食費・交通費・温泉入場料などはご自身でご負担ください)

持ち物:
作業着:汚れても良い服装。長袖、長ズボンが望ましい。
帽子:日差しを避けるための帽子、特に広縁のものが適しています。
手袋:土作業用の手袋。手を保護し、汚れを防ぎます。
長靴または作業靴:滑りにくく、泥がつきにくい靴。
飲料水:脱水症状を防ぐため、十分な量の水またはスポーツドリンクを持参。
タオル:汗を拭く用、作業後の手洗い用に複数持つと便利です。
日焼け止め:長時間外にいる場合は、紫外線対策として日焼け止めを塗る。
虫よけスプレー:虫刺されを防ぐため、特に蚊やダニ対策として。
予備の靴下:作業中に靴内が湿ることを防ぐため、替えの靴下を持っておくと良い。
レインコートまたは雨具:天候が不安定な場合に備えて。
シートまたはビニールバッグ:座る場所が濡れている場合や、汚れた服を入れるために使用。

第一次産業と関わりを持ちたいと思っていました。南足柄の夕日の滝で開催するRingNeFestivalというイマーシブルフェスティバルで地域内外の様々な方に出会っています。小田原や南足柄との関係地構築をしながら様々な関係性を耕していきたいと思っています。

それでは、味わい深く素敵な日々をお過ごしくださいね。

この記事が参加している募集

#休日のすごし方

53,996件

サポートして頂いた暁には、その費用を次のコラボレーションの原資にしていく事で、より良い社会を創っていきます。 コラボレーターの活動を通して、社会的孤立感を無くしていきます!!