見出し画像

趣味だって、ワインだって楽しみたい

ゆかり♡ 読書と思考と

お酒が好き。溺れない程度にふわっとした気持ちになれる。
お酒に強いよね、ってよく言われるのだけど、実は健康のために普段は週に2、3回しか飲みません。笑

さて、お酒好きだけど、よく知らないで大人になってしまった。
お客様にソムリエ資格を持っている、と言われて純粋に羨ましい!

そこで、アラサーになったことだし、お酒のことを勉強して行こう、と思い至った。おうち時間もより楽しくなりそうだ。
まずはワイン!!!

本日読んだ本は、東京駅近くの丸善でワインの本をあさっていて、もっとも読みやすいな、と思った本
小久保尊『図解 ワイン一年生』

専門用語を語れるとカッコイイ!
少しはワインを語れるようになりたい!

そんな人にオススメです。

それぞれのワインの特徴をとらえたキャラクター(擬人化)で紹介してくれているため、面白い。

とりあえず、これ覚えておこう♪と思った点を紹介していきますね。

■ワインの4つの王道


○赤ワイン
・ボルドー(産地):タンニン(渋味)が強くかなりがっしりした味
・ブルゴーニュ(産地):かなり軽めの味
→ボルドーとブルゴーニュはどちらもフランスにある地方名

○白ワイン
・シャブリ(産地):ブルゴーニュ地方で作られた辛口の白
・リースリング(ぶどうの品種):やや甘口

■メジャーな品種


○赤ワイン
・カベルネ・ソーヴィニヨン:パワフルボディ
・ピノ・ノワール:高貴で複雑な味わい
・メルロー:果実味はあるが、タンニン少なめ。

○白ワイン
・シャルドネ:シャブリ、シャンパン、カリフォルニア
・リースニング:甘口の白
・ソーヴィニヨン・ブラン:すっきり白

とりあえず、ワインって何があるの?って人はここだけ覚えておいても役立つかと!!

◼︎ワインを飲み比べられるお店

赤坂と吉祥寺、有楽町にあるnomunoというお店、ワインがセルフで飲み放題でオススメです!

今は家でゆっくりワインを楽しんでいただきたいのですが、コロナが落ち着いたら良かったら行ってみてください。

画像1

私は赤坂のお店に2回いきましたが、期間があいていたこともあり、ワインの内容も変わっていました。

小久保尊『図解 ワイン一年生』のキャラクター説明がこちらのお店にもあったため、気になるって人はお店で確認しながら飲むのも良いかもしれませんね♪ それぞれのワインボトルについている解説の札も参考になります!

これからも日々、人生の楽しみを増やしていけたらいいな、と思います🍷






この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ゆかり♡ 読書と思考と

お気持ちありがとうございます♡ 読書代、珈琲代に使わせてもらいます。