ゆかり♡ 読書と思考と

人生にゆとりを。楽に、自由に、生きたい。そんな人が増えてほしい。 読書の記録。美術系のお仕事。産業カウンセラーとFP勉強中。

ゆかり♡ 読書と思考と

人生にゆとりを。楽に、自由に、生きたい。そんな人が増えてほしい。 読書の記録。美術系のお仕事。産業カウンセラーとFP勉強中。

    最近の記事

    誰しも才能があるって、気づいてる?

    そう、あなたって変わっているところあるよね。 私ね、そのあなたらしいところ、とっても好きだよ。 これからもよろしくね。 どんな人にもそれぞれの「らしさ」がある。 そのらしさの正体は強さ(才能)であったり、弱さであったりする。 うまく生かしながら、補い合いながら、生きられたらいいよね。 さて、今回はオススメしていただいた本を読んでみました。 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』 ストレングスファインダーとは、才能を観測するツール。

      • 世界は自分で変えろ。幸せになると決めろ。

        過去も引っくるめて、きちんと自分に向き合っていきたい。 人間、ポジティブ7割、ネガティブ3割が良い、という話もあるし、どんな過去も感情も大切だよね。 今回読んだ本は『嫌われる勇気』
読んだことありますか? 人気の本なので、読んだことがある人もたくさんいらっしゃると思います。 本の中で気になった2点をもとに、私の経験を踏まえて学んだこと、考えたことを語ろうと思う。主に私のパートナーについて。 ①「トラウマは、存在しない」
アドラーはトラウマを否定している。 過去の経験によ

        • 村上春樹さんのように生きたい、と思ってしまう

          大学生時代に美術を学んでいた。
西洋美術の授業の前後だったと思う。友達に好きな本を聞かれた。
急に聞かれて困った私は「村上春樹の文章は好き」と答えたんだと思う。 友達は「村上春樹は苦手だけど、ゆかりちゃんのイメージにぴったりだね」と言ってくれた。
 美しく、自信があり、いかにも育ちの良い女性にそう言ってもらえたのは、ただ嬉しかった記憶がある。 今思えば、村上春樹の小説に出てくるわがままで愛らしい女性と、それをウィットに富んだ言葉で冷静に包みこんでくれる男性。その関係性にど

          • 趣味だって、ワインだって楽しみたい

            お酒が好き。溺れない程度にふわっとした気持ちになれる。
お酒に強いよね、ってよく言われるのだけど、実は健康のために普段は週に2、3回しか飲みません。笑 さて、お酒好きだけど、よく知らないで大人になってしまった。 お客様にソムリエ資格を持っている、と言われて純粋に羨ましい! そこで、アラサーになったことだし、お酒のことを勉強して行こう、と思い至った。おうち時間もより楽しくなりそうだ。 まずはワイン!!! 本日読んだ本は、東京駅近くの丸善でワインの本をあさっていて、もっとも

            もう今年からは悩まない! これから「本当にやりたいこと」

            年が明けたけど、何をしたらいいんだろう、そんな漠然とした不安ありますよね。 今回はそんな人にオススメの本を紹介します。 八木仁平さんの『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』 私も日々これからどうしたらいいんだろう・・・と悩んでしまうタイプで、行き詰まったときにこちらの本を参考にしています。 今年やりたいことを明確にし、楽しい一年にしていきましょう! 行うのは、やりたいことを無理に見つけるのではなく、自分の中の声を聞くこと。 人によってやりたいことは異なると思

            時間は有限。もう今日の朝は来ない。

            とくに休日の朝はゆっくり眠りたい、ごろごろしたい。ねぇ、今日ぐらい休ませて。と、なりがち。 そんな人、私だけじゃないよね? でも、「早起きは三文の徳」というし、たしかに早起きできたら有意義な時間を過ごせそうだ。そこで、せっかく会社がフレックスタイムになったのだから、今日から早起きチャレンジ中。 「人生ほ最高の95%は、いかにうまく時間を使うかにかかっている」by ブライアン・トレーシー 早起き習慣。朝を有効活用すると、人生変わるかも! 今日読んでみた本は、市川清太郎

            言葉を粗末にすること、すなわち自分や他人を粗末にすること。

            言葉に心をこめる。 私たちは毎日誰かに何かを伝え、受けとり、コミュニケーションをとっている。 先日、言葉を粗末にする人は、他人を粗末にするのだと、目にした。言葉の選び方、その選択が良いものであれば他人に優しくしたり、大切にしたりすることにつながる。そして、逆に選択を間違えると相手を傷つけたり、大切にできないことになるのかもしれない。自分も損をしてしまうだろう。 そこで、本日読んだのは 五百田達成『話し方で損する人 得する人』身近に話をしていて心安らぐ人や、元気をもらえ

            いつだって 未来に向けられている

            どんな状況であれ、自分のことを決めるのは自分だし、誰になんと言われようと選びとっていく作業の連続だと思っている。 そこで、本日紹介する本 藤野英人『投資家みたいに生きろ ー将来の不安を打ち破る人生戦略』 藤野英人さんといえば、投資家でファンドマネージャー。レオス・キャピタルワークス株式会社の代表取締役社長です。株式投資信託「ひふみ」シリーズが有名。可愛らしいキャラクターのひふみろは民間ロケットのデザインにもなっていたため、ニュースで見たことがある人もいるかもしれませんね

            はじめまして 過去と未来

            ふと思いたって、はじめてみました。 ゆかりといいます。 文章を読むのが好きで、作るのは苦手なのですが、大好きな読書からの学びを少しでも残していければ、と思い綴っていきますね。 まずは挨拶から。 今、勉強しているのはこれからどう生きていきたいか、ということ。お金や趣味、キャリア... 広い意味での今の楽しみ方、自己投資を考えていきたいと思います。 こうやってじっくり考えるきっかけは結婚でした。実は、28歳、バツイチなんですけどね! 元配偶者に借金や不貞、モラハラな