岩崎由夏@YOUTRUSTinc

YOUTRUSTの代表をやっています

岩崎由夏@YOUTRUSTinc

YOUTRUSTの代表をやっています

    マガジン

    • 日経COMEMO

      • 10,705本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

    • YOUTRUSTの頭の中

      • 50本

      YOUTRUSTで働く人・サポートしてくれる人が何を考えているのか。頭の中を覗ける記事を集めました🧠

      • 日経COMEMO

        • 10,705本
      • YOUTRUSTの頭の中

        • 50本

    最近の記事

    考えるだけでは、価値がない

    考える、という行いは人間の大きな強みだと考えている。 弊社には「KEEP THINKING(学び続ける。その頭で考え抜く。)」というバリューがあって、自分の子供の名前に「考」という漢字を使っているくらいには個人的にもかなり大切にしている価値観だったりする。一方で、最近は考えるだけではなんの価値もないような気がしており、今日はその話をしたいと思う。 KEEP THINKINGの三段階 弊社でいうところのKEEP THINKINGはただ考えていればOK、という意味ではない。私

    スキ
    99
      • 触れるべきでない課題の話

        スタートアップをやっていると回転寿司のように、課題が次から次に目の前に流れてくるような感覚になるのは私だけだろうか。とはいってもすべての課題の皿を片っ端から処理するのが悪手だということは誰の目からも明らかで、我々はその中から重要そうな課題を選び取って一つ一つ解決していくしかない。しかも事業・組織が成長すればするほど課題の流速は上がるが減ることはない。 流れてくる課題の皿の中には触れるべきでない課題もたくさんあるように思う。名著「イシューからはじめよ」にもそのようなことが書い

        スキ
        207
        • スタートアップ新卒合同入社式をやる理由

          本日リリースが出たように、今年2年ぶりに(もちろん状況を見つつではありますが)スタートアップ新卒合同入社式を200名規模で今年4月1日やろうと思っています。 発起人であるYOUTRUSTとHERPが、正直事業には関係のない合同入社式をなぜ開催するのかについてこのnoteで共有することで、賛同/参加してくれるスタートアップが増えればそれ以上に嬉しいことはありません。 「同期」という事実があなたを救う突然ですが、あなたには同期はいるでしょうか。同期のことが好きでも嫌いでもどち

          スキ
          93
          • YOUTRUSTは、採用サービスじゃない。

            じゃあなんなの?副業マッチングでしょ?と言われるかもしれない。が、私達は誰一人として単なる採用サービスを作っていると思って事業は作っていない。 とはいえ、そんな戦略の話はプロダクトだけでは伝えきれないんだな、というのが昨今の自分の反省でもあるので定期的に言語化しておきたいと考えている。 じゃあ何なの?完全に正しい問いだと思う。「じゃあYOUTRUSTってなんなの?」である。 今のところの言語化としては「日本のキャリアSNS」だ(SNSとしてまだまだだ!というご指摘は甘ん

            スキ
            236

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 日経COMEMO

            • 10,705本

            日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

          • YOUTRUSTの頭の中

            • 50本

            YOUTRUSTで働く人・サポートしてくれる人が何を考えているのか。頭の中を覗ける記事を集めました🧠

          • 日経COMEMO

            • 10,705本

            日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

          • YOUTRUSTの頭の中

            • 50本

            YOUTRUSTで働く人・サポートしてくれる人が何を考えているのか。頭の中を覗ける記事を集めました🧠

          記事

          記事をすべて見る
            • マネジメントとは何か?

              続々と優秀な仲間が増えて、私の仕事がだいぶシンプルになってきて感謝しかない。一方で、ふと「私はこの会社に価値を出せているのか?」と不安になるときもある。そういうときは自分の役割を整理しなおす。特に、自分は良いマネージャーなのだろうか?と内省するのだが、そもそもマネジメントって?という問が生まれる。今回はその話をしたい。 「マネジメントとは何か?」という題をつけたが、ここではあらゆるマネジメントの中でもピープルマネジメントのことについてのみ言及したいと思う。また、ここではマネ

              スキ
              164
              • 脳は同期する

                最近読んだ本に「脳は同期する」という一節があった。どうやら、人間の脳みそは一緒にいる人の脳みそと同じように動くことがあるらしい。不思議な表現だと思ったが、たしかにそういう観点でコミュニケーションや各社の経営手法を見ていると、これはハックできる良い学びだと感じたので残しておきたいと思う。 もし、これを読んでいる方の中に人間関係や他者を動かすことに悩んでいる方がいたら、是非実践してみてほしい。自分の脳と同じように相手の脳も動くのだとしたら、ものすごくシンプルに他者に影響を及ぼせ

                スキ
                136
                • 日本のキャリアSNS「YOUTRUST」、やっとアプリをリリースしました。

                  ご無沙汰してます。YOUTRUST代表の岩崎です。 やっとこの日がやってきました。YOUTRUSTをリリースして3年、キャリアSNS戦略に大きく舵を切って1年、何度も言われました。 「アプリ作らないんですか?」と。 その度にのらりくらり適当な回答でかわしてきたような気がするのですが、簡単に言うと当時はまだその時じゃないと思っていました。アプリはWebと比較するとリリースした後に簡単に修正できるものではなく、アプリは「プロダクトがおおよそ完成した時に」と思っていました。蛇

                  スキ
                  167
                  • 途上であることが幸せ

                    皆さんは桃鉄をやったことがあるだろうか。数年前には、プロデューサーの方の退職により「もう続編は出ないのか…」と嘆き悲しまれていた伝説のゲーム桃太郎電鉄である。令和版が昨年末に出たのだが、これももれなく楽しいので未履修の方には是非オススメしたい。(ちなみにシリーズ最大級の売上だったらしい) ただ、このnoteは桃鉄の番宣ではない。 「進捗感」そのものが人間の幸せ桃鉄をやったことがある人ならわかると思うのだが、プレイヤーは社長という設定で最初に1,000万円を渡され、不動産(

                    スキ
                    117
                    • ダイバーシティはなぜ必要?

                      最近、ダイバーシティが大事!とよく聞くようになったように思う。最初に言っておくと、私はダイバーシティはめちゃくちゃ大事だし、それがない組織はこれからの時代においては大きなリスクを背負ったままの経営になると考えている。ダイバーシティがある組織でいることは超重要だ。 一方で、昔の自分はなぜダイバーシティが重要なのか、正直理解できていなかった。多様性なんかなくても優秀な人を集めてさえいれば強い組織ができるものだと勘違いをしていた。それぞれの強みを発揮したカラフルな組織が強いんだよ

                      スキ
                      151
                      • 和を以て貴しと為す

                        「和を以て貴しと為す」の本当の意味をご存知だろうか。 私は聖徳太子が作った四天王寺というお寺の境内の中にある学校で育った。そこの学園訓の1つ目が「和を以て貴しと為す」だった。当時の私は全く本質を理解せず「友達と仲良くしろってことね」と理解していた。この歳になるまでそれが大間違いだとは知らずに。 違和感を感じたことを直接相手に伝えたか?またまた回想の話をするが、岩崎は新卒1年目のとき、上司とのソリが本当に合わず、嫌いも嫌い大嫌いという感じでへそを曲げている時期があった。上司

                        スキ
                        297
                        • お小遣い稼ぎとしては割が良くない副業

                          副業・転職のキャリアSNSの会社の代表をやっていると、よく「やっぱり副業はオススメですか?」とか「日本人みんな副業したほうがいいと思いますか?」みたいなことを聞いていただくことがある。 私個人としての答えはNOだ。副業は万人のものではないし、全員が常にするべきものだとも全く思っていない。今回はそういう話をさせてもらおうと思う。 本文章では「副業」という言い方を一貫してするものの、これは単発で自分の名前を出さないような内職のようなものは対象とはしていない。中長期で特定の企業に

                          スキ
                          137
                          • 結果を変えたいなら「変化」を起こせ

                            皆さんは「仕事って何?」と聞かれたらどう答えるだろうか。 私は「仕事とは、介在価値であるし、変化を起こすこと」だと常々思っている。 こんなことビジネスマンのプロには釈迦に説法だと思いながらも、改めて仕事が何なのかの話をしたい。 あなたがそこにいる意味はあるか。自分が新卒1年目の頃、お客さんに言われたことをそのまま上司に伝達していた。 「XX社さんがこう言ってるんですが、どう返したらいいですか?」「広報のYYさんからこう頼まれているので、お願いします」などだ。勘の良いあなたは

                            スキ
                            113
                            • 必要最小限にすると楽になる話

                              最近、自分はあらゆるものを必要最小限にすることにハマっている。ハマっているというか、元来そういう人間なのかもしれない。 あなたはどんな状況におかれるとMPが削られるだろうか。自分のMPが削られるタイミングや条件を把握しておくと、それを避けることができるので楽に生きることができる。この条件は本当に人それぞれだが、その条件を突き止められると適切にストレス対処できる。 例えば、自分は「決まっていない状況」が苦手だ。ネクストが決まっていないともやもやと脳の片隅で考えてしまってMP

                              スキ
                              116
                              • 耳が痛いフィードバックに触れたか。

                                最近、耳が痛いフィードバックをされたな、もしくはしたな、という記憶はあるだろうか。 ある人、それはとっても健全だと思う。 ない人、一度自分の行いを見返してみてもいいかもしれない。 最近なにかの本で「成長はなにかのための手段ではなく、それ自体が人生の幸せなのである」という一節を読み、非常に共感した。自分がなにか出来なかったことができるようになったと感じたときに喜びを感じるし、またそういう経験が欲しくなるのが人間だ。 できないことを認識するためのフィードバックできないことがで

                                スキ
                                381
                                • 本が読めない人へ。

                                  個人的な思想ではあるが、ビジネスマンは学ぶことを止めたら終わりだと思っている。特にスタートアップにおいては、社内にたくさん先輩がいるわけではないので、受動的に教えてもらえることは少なく、自ら学ぶことが出来ない人にはだいぶキツい環境だと思う。逆に自分で学んで、自分で検証できるという意味では、自ら学べる人にはこれ以上にない環境がスタートアップだ。 今日は自ら学ぶことの第一ステップである、本を読むことの話をしたい。 (これは過去の自分への戒めの文章でもある) 人間はあまりにも無

                                  スキ
                                  149
                                  • 現場仕事が一番正しい

                                    現場の泥臭い仕事を下に見る人がたまにいる。「上流の仕事がしたい」とか「戦略的な仕事がしたい」という、具体的なイメージは湧いていないが上っぽいことを言う人がいる。そういう人には「あなたのいう上流って何?」「戦略的とは?」と聞き返したくなることもある。 私達は事業を作っているので、その顧客(ユーザー、クライアント)に近ければ近いほど、彼らの本当のジョブに触れていればいるほど、強い。現場の仕事が最も重要だ。それを下に見る人は事業のことをよくわかっていないし、私は一緒に働こうとは思

                                    スキ
                                    166