Yoichi

みんなのギャラリーというアートギャラリーを運営しています。ギャラリーで展示中の作品について、作品に込められた思いや考え、そしてそこに紐づく社会的なあれこれを繋げてご紹介します。

Yoichi

みんなのギャラリーというアートギャラリーを運営しています。ギャラリーで展示中の作品について、作品に込められた思いや考え、そしてそこに紐づく社会的なあれこれを繋げてご紹介します。

    マガジン

    • 香月恵介

      香月恵介の活動や作品についての記事をまとめています。

    • three

      threeの活動・作品についての記事をまとめています。

    • 吉岡雅哉

      吉岡雅哉の活動・作品についての記事をまとめています。

    最近の記事

    コハダの仕込み - 第一章(神奈川県綾瀬市 あやせ工業団地・第二世代編)

    ハタチの頃 築地 社長  鮨屋にさ、初めて行くときってあんじゃん。一人で行くとき。親元離れてさ。  鮨屋行ったら、何食べればいいのっちゅう話を、じゅんちゃんに聞いたことがあんだよね。いつ聞いたのか覚えてないけど。  まあ、ビール飲めるようになってからじゃん。ハタチぐらいで。東京行って。築地の周りとかでさ。  どの店行っていいか分かんないから、とりあえず俺、築地の周辺でタクシー乗るわけ。金もあんまりねえけど。 「運転手さんが好きな、鮨屋連れてってください」ってタクシーの運ちゃ

      • 体験した気の未体験

        9月30日から始まる「アートフェアアジア福岡2022」にギャラリーで出展します。 香月恵介・吉岡雅哉・three、3組の作家の作品を出展します。 今年の春以降、それぞれの作家にフォーカスした発信を続けてきました。 今回の福岡フェアでは3組の作品が一つのブースに並ぶことになります。 ネット画像・肖像画・2次元キャラ、各作家が扱う対象は、私たちにとって、直接見たり触れたりしたことはほとんどないけれど認知できるもの、要するに知った気になっているもの、という点で共通したところがあ

        • 「メタな構造を可視化したい」アーティストインタビュー three

          みんなのギャラリーでの作品展示に合わせて行ったインタビューです。 threeのディスプレイシリーズを出発点に、二次元キャラクターと私たちとの間にあるものの正体を探ってきたthreeの視点を広く語ってもらいました。 ーえっと、今回は、ネコのおせんべいさんにもご参加頂きながら、色々と話を聞かせていただければと思います。よろしくお願いします。しかしほんと可愛らしいっすね。 はい(笑)、よろしくお願いします。 ー前回の香月恵介さんの作品展で展示したPixel Paintingと

          • 世界のARTニュース(2022年8月)

            個人的に気になった海外アートニュースのまとめです。 ーーー ポンペイの中流市民は、高度なインテリアデザインを志向していたことが考古学者によって明らかに。---2022/8/31 (artnet news) 香港K11 Art Mallのファウンダーでありコレクターとしても知られるAdrian Cheng氏が人気NFT「Azuki」の後援者であることをカミングアウト。---2022/8/29 (artnet news) マティスの「赤のアトリエ」の中に潜む秘密。MoMA

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 香月恵介
            Yoichi
          • three
            Yoichi
          • 吉岡雅哉
            Yoichi

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            コンビニと週刊誌

            夏の高校野球地方大会が始まり、ソワソワしだすこの頃。 今やすっかり運動不足の生活ですが、高校時代は往復2時間かかる道のりを一人自転車で通学し部活の朝練に向かう日々でした。 今とは違い携帯電話の所持は厳罰。川沿いを真っすぐ進み、田んぼや梨畑を抜け、情報と経験が少ない環境の中で、周りに何があるのかも知らずに、ひたすら自転車をこいでいました。その時分というのは、案外一人の時間は少なくて、一人になれるあの通学時間があって良かったよなあと今でも思うことがあります。 さて今回は、吉岡雅

            みんなのコンビニ

            今年から節約のため自分でお茶を淹れるようになり、仕事前にコンビニに寄ることがなくなりました。自分で淹れるのは手間だなと始めの頃は思いつつ、これだけで結構な節約になることがすぐに実感でき、今のところ定着しています。けれどもコンビニというのは、いつでも確実に開いているということが私の中にはインプットされていますから、元の習慣に戻ってしまうのはとても簡単なことなのかもしれません。 緊急事態宣言の中でも、ずっと近所のコンビニだけは開いていました。時々、丸の内あたりのビルの中に入って

            ディスプレイ越しの主体

            映画「サタデーナイトフィーバー」を15年ぶりに見て、当時は色々と見えていなかったことに気づいた田森です。(スタジオジブリの一番好きな作品も、大人になって「魔女の宅急便」に変わりました) さて、みんなのギャラリーでは、只今アーティストユニット「three」の作品を展示中です。(6月11日まで) 今展でフォーカスする「ディスプレイ」シリーズ作品は、threeの作品シリーズの中でも比較的最近になり登場したシリーズで、これまでの作品との違いは、実機を使っているという点にあります。テ

            ディスプレイの道案内

            縦割りになりがちな日々の活動を、横軸で繋げないものかと画策している田森です。(noteは色々気ままに書けていいですね) 今回は、前回の投稿の続きというか、技術メディアに関する最近の自由研究から旅の話に繋げて、最後は無理やりホームタウンの上野に戻るつもりで書いてみたいと思います。 4月の香月恵介作品展で見たディスプレイの構造を絵画に転用した作品から、threeのディスプレイシリーズ(新作数点を今月25日より展示予定)に繋がり、何かというとディスプレイ、ディスプレイ言っています

            新しいコードを見つけたい。

            ベネチアビエンナーレが開催中ですね。 現地に行く予定はないので、できるだけメディアの関連記事を読むようにしています。で、多少知ったつもりになったりもしますが、仮に、そうして事前に知り得た情報をもって、実際の展示を目にすることができたとしたら、自分の中にある情報が上積みされたり、横に拡がったり、あるいは根を張ったりするんだろうなあと思ったりします。 さて、マイホームタウン、東上野。 みんなのギャラリーでは、「香月恵介 作品展」が5月9日で終了しました。 今後、モネの作品を見る

            「絶対見てるし、押している。」アーティストインタビュー 香月恵介

            みんなのギャラリーでの作品展示に合わせて行ったインタビューです。 香月が作品のモチーフとして研究したモネのことや、過去のシリーズについて、デジタルと作品との関係性とこれからのアートのあり方など、幅広いトピックについて触れた内容となりました。 ーまずは、よく聞かれることだと思うんですが、どうやってこの絵画を制作してるのかを教えてもらえますか? ピクセルの256段階の明るさの数値を解析し20色に置き換え、絵の設計図を作っています。RGBそれぞれ20色ですから全部で60色ですね

            会期中のこと

            会期中毎日この作品を見ている。もちろん他の出展作品も毎日見ているのだけど、この"Gray; Noumena #12"という作品は、複数のレイヤーが重なり合​い、数色の色が混ざり合って作り出すこの複雑な画面の中で、毎回目に飛び込んでくる部分が変化する。見る角度によって色が変化するホログラムの層、CMYの絵具が混ざり合い​様々​な表情を見せるアクリル絵具の層、​一番上の層​にプリントされ​てい​る輝度値​(明るさの数値)​が示す理論上の色。仮にこれらの数値に基づく色(光)が視覚化

            香月恵介の光の絵画

            香月恵介作品展について 3月に開催されたアートフェア東京2022では、香月の4mを超える作品を出展しました。この作品はモネの睡蓮をモチーフにした作品です。一定の距離で作品を見ると、モネの睡蓮そのものであるように見えます。ところが、この作品に近づくにつれて絵の細部の描かれ方がモネの作品と異なることが分かります。その体験は絵の鑑賞ではなくむしろテレビ画面に顔を近づけた時の体験に近いものです。 この作品は、液晶ディスプレイのRGBの構造を絵具に置き換えたうえで作られています。R

            In The Garage Vol.2

            最近個人的にいいなあと思ったことをまとめています。 お店の看板コレクション散歩中に見かけるお店の看板に知人と同じ名前が入っていたりすると、つい妄想してしまいます。 そんな個人的にハッとしたお店の看板の写真コレクションです。 最近聴いて良かった音楽春っぽくなってきたのでサニーデイサービスなんか聴いてみたり。 Aru-2 & Kzyboost - Hot Pants 帰り道に聴きながら、照明の落ちた暗い東京国立博物館の前でちょっと立ち止まると、向かいの上野公園の噴水の前で

            In The Garage Vol.1

            最近個人的にいいなあと思ったことをまとめています。 お店の看板コレクション散歩中に見かけるお店の看板に知人と同じ名前が入っていたりすると、つい妄想してしまいます。 そんな個人的にハッとしたお店の看板の写真コレクションです。 最近聴いて良かった音楽blkswn jukebox: dailyでおすすめされている音楽が多いです。 Vegyn - Don’t Follow Me Because I’m Lost Too!! blkswn jukebox: dailyで知ってす