丸山泰

日用品メーカーでマーケッターとして働いた後、大学でマーケティングを教える教員をしています。マーケティングとは、「人を気持ちよく動かす”仕掛け、仕組み、考え方”」であると定義しています。”人を動かす”文章は書けませんが、自分が動かされた本やヒト、コト、ものについて、書いていければ。
    • マーケのツボ
      マーケのツボ
      • 19本

      マーケティングの実践につながる、発想の視点や考え方のポイントなど、をこれまでの経験や市場から感じたことをベースに整理していきたいと思います。

    • maru's読書の棚
      maru's読書の棚
      • 78本

      読書記録です。

    • マーケティング手法、検証してみた
      マーケティング手法、検証してみた
      • 9本

      大学の授業アンケートなどを使って、マーケティングの手法や法則について、検証してみたいと思います。

    • 参考note
      参考note
      • 8本

”麻薬のサイクル(苦労→発見→苦労→発見→)読書note80「物理学者のすごい思考法」橋本幸士

久々に面白くてあっという間に読破した。物理学の世界を、物理学者の頭の中を、こんなに楽しく再現して見せられる、すごい先生だ!! 物理学の手法は4つのステップからな…

”限定合理性が招く不条理”読書note79「組織の不条理」菊澤研宗

太平洋戦争における日本軍の失敗を、今まさに流行っている「行動経済学」の考え方で再分析した本で、2000年に出版されたものが、再び脚光を浴びている。それは行動経済学が…

”上がってから下る”読書note78「DXの思考法」

世の中全体が、DX、DX推進と喧しい中、DXとはなんだという思いで手に取った本。勝手に思い込む前に読んで正解だった! そもそもDXのXって何?なんでトランスフォーメーシ…

”世界の賢人16人が語る未来”読書note77「新しい世界」クーリエ・ジャポン編

コロナ下の2020年に取材され、2021年1月に出版された本。コロナ禍を受けての賢人たちの話であるが、コロナのその後を知って読むと、随分昔の話を聞いているようにも感じる…

”おたがいに、あまりにも、あたりまえのことをあたりまえと思いすぎるのじゃない?”読書note76「ムーミンパパ海にいく」トーベ…

ムーミンシリーズ全9回読破を目指して、読み始めていよいよ8巻目になりました!今までのムーミンシリーズのトーンとは、大きく異なる内容だった。 まずは、主人公がムー…

「Goal & Way」 組織を動かすドライバー

企業にしても、行政組織、その他どんな団体であろうとも、構成員である人が活性的に動いてこそ、その機能を果たす。だから、組織のトップは組織の構成員に対して、組織の考…