見出し画像

【動画】「リハビリテーションの実践に必要な6つの視点」

Zoomを使ったオンライン講義のお知らせです。

5月2日11時30分追記

講義動画を掲載しました。

5月2日6時20分追記

ダウンロードできる資料を少し修正したのでを差し替えました。

講義テーマ

リハビリテーションを展開するために必要な6つの視点についてお話させていただきます。

リハビリテーションの視点2

上記6つのポイントについてそれぞれ講義します。

治療技術や手技の講義ではありません。リハビリテーションを進めるうえでの考え方や視点についてお伝えします。

退院後の生活を見据えたリハビリテーションを実践するためには、活動と参加について知っておく必要があります。

生活期で働く作業療法士の立場から、病院リハで実践してほしい活動と参加のリハビリテーションの考え方や「触らないリハビリテーション」の必要性、心身機能と活動と参加へのアプローチの考え方などについてお伝えします。

生活期のセラピスト、病院のセラピストそれぞれが共通の認識として持つべき「リハビリテーションの視点」について考えてみませんか?

昨年公開している動画に少し加えてお話させていただきます。

講師:やまだリハビリテーション研究所

 作業療法士 山田 剛


イントロ部分の動画(←クリック)

2020年版note購入者さんはフルバージョン動画を視聴できます。

ほぼ毎月オンライン研修会を開催しています。2020年版noteを購入いただくと、すべてのオンライン講義の視聴とすでに終了したオンライン講義の動画、コラム、講義資料などを利用することができるのでお得ですよ!

2020年版noteは5000円で購入できます。2020年版noteに掲載しているコンテンツ一覧はこちらからご覧いただけます。

2020年版note 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える

フルバージョン動画と資料のダウンロード

続きをみるには

残り 58字 / 1ファイル
この記事のみ ¥ 1,000

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。