やまだリハビリテーション研究所
コラム31 ケアマネさんがリハ職を活用する時代は来るか?
もっとリハ職の活用を_

コラム31 ケアマネさんがリハ職を活用する時代は来るか?

やまだリハビリテーション研究所

地域ケア会議で月2回事例検討を行いながら、作業療法士としてケアマネジャーさんに助言を行っている。

要支援のケースについて主に検討しているので、リハ職が在籍している通所介護や通所リハのケースを利用しているケアプランの検討も多い。

だけどね、地域ケア会議で理学療法士や作業療法士、言語聴覚士をきちんと使いこなしているケアマネジャーさんは少ない、というよりほとんどいない。

ほとんどのケアマネジャーさんは

サービス提供事業所としての

通所リハビリテーション事業所

訪問リハビリテーション事業所

訪問看護ステーション(リハ職在籍)

通所介護事業所(リハ職在籍)

これらのサービス提供事業所を利用しているだけだ。

つまり、リハ職が在籍している事業所につないで終わりってだけの関係性しかないということだ。

はっきりいって、サービスの調整以上のことをしていない。

ということが関わっている地域ケア会議で分かったことだ。

大変もったいないことだ。

リハ職とケアマネのコラボは必要不可欠

この続きをみるには

この続き: 1,811文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コラム単品でも購入可能ですが、このマガジンは2019年に書いたコラム・動画・リアル研修会の資料などが掲載されています。 コラム33本、動画18本、研修会資料5本を利用することができます。 コラム、講義動画、資料のダウンロードすべてコミコミ5000円です。

2019年版 「生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える」 診療所・通所リハ・通所介護・訪問看護ステーションで非常勤掛け持ち…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やまだリハビリテーション研究所

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
やまだリハビリテーション研究所
やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。