ビジネス書(マッキンゼー出身者)

3

#58 何年目でも読んでおくべき【書評】マッキンゼー流 入社1年目の問題解決の教科書

◾️はじめに

第1週は人。コンサルタントや実業家など突き抜けたビジネスパーソンの本。
新年度、ということもあり、ふさわしいかな。

◾️要約

上質の仕事をして自分を上げていくこと。このマインドセットで取り組むのがプロフェッショナル。
そして問題解決についてはそもそも何が問題で、どうあることが望む状態かを考える。その状態へ近づくために、仮説検証を行い、相手をハッとさせる提案まで高める。日頃から高

もっとみる
ありがとうございます!

#21 隗=イシュー【書評】イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」

◾️要約

本質的で、深い洞察があり、答えの出せるイシューを初期段階で見極めることが生産性の鍵になる。見極めたイシューに対してストーリーラインを組み立て,仮説を検証していく。そしてメッセージ、つまり主張が正しいイシューに深い洞察があり、答えが出せているかを改めて振り返り、まとめる。これがイシューから始めよという意味。

◾️感想

またマッキンゼーの人の本。すごすぎ。主張のど真ん中さが。彼らにした

もっとみる
ありがとうございます!

#22 悪い方ではなく、いい方のやつを【書評】マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力

◾️要約

自分で自分の時間をリードしていくため、”いい”努力をしていくことが大切。闇雲に努力してもダメ。次の行動をクリアにし、早く、動く。そのための努力を行う。
思考法、時間管理、チーム力の活かし方など様々な点でいい努力をして、悪い努力しないこと。
近視眼でなく、大局をみて、全体の中で重要度を見極め、行動に移すことが成果を出すことにつながる。

◾️感想

マッキンゼー(の方の)本。どんだけ。

もっとみる
ありがとうございます!