見出し画像

【#Real Voice 2022】 「期待の裏切り」 4年・余合壮太

早稲田大学ア式蹴球部

こんにちは。余合です。
拙い文章ですが、最後まで読んでくれると幸いです。

まず、なにを書こうかなと考えたときに最初に浮かんだのが1年のこの部員ブログで自分自身が立てた問いに対しての答えだった。


サッカー以外に誇れる武器があると自信をもって言えるサッカー選手はどれだけいるだろうか。
自分は大学4年間、サッカー以外に誇れる武器を自分に問い続ける。そして、答えを見つける。

こんなかっこいい問いを1年生の私は立てていたのかと、誇らしいと思う反面、恥ずかしさもある。

多くの人間を巻き込む力、求心力
組織に対しての自己犠牲、忠誠心
何を言われても動じない鋼のメンタル、精神力
圧倒的ハンデから這い上がる反骨心

これらは、先輩や同期から私が勝手に感じ取った「答え」の一部ではあるが、どれをとっても私が言うと、

「どの口が言ってんだ」

と画面先から言われるのが目に見える。
正直、4年間の間で自分自身に問い続けられたのはせいぜい仮入部期間と就活期間くらいだし、結局、「答え」は明確に出せなかったし、上記に示した通り書いてたら恥ずかしくなるので、やめておく。

そんなこんなで、中途半端だった大学サッカーを振り返ることにする。

私の大学サッカーは期待を裏切った4年間だったなと感じている。



私はサッカー人生で多くの人から期待されてきた。

小学校のコーチからの今思えば無責任な指示「壮太なんとかしろ」
中学時代の三者面談で監督から言われた「武藤嘉紀になる素質を持ってる」
高校の先輩から言われた「絶対プロになれよ」

どの言葉も期待されていたこそかけられていたのだろう。挙げだしたらきりがないし、他にも、遠い親戚から身近な友人まで様々な人間に期待されてきた。そんな期待を背に、高校までそれなりに頑張ってきたし、実績も残してきたと思う。


しかし、大学サッカーはそんなに甘くはなかった。結果として、関東リーグの出場時間は全部合わせて1試合分くらいだ。
多くの人が私に寄せてくれた期待とは程遠く、現在地との乖離にひどく苦しむことになる。


これだけ期待されているのに、応援されているのに、頑張る理由は十分すぎるほどあるのに、


頑張れない人間になっていた。


高校までのサッカー人生が上手くいきすぎていただけ、
怪我でサッカーできてなかったし、
別にプロになりたいわけじゃないし、


頑張れない言い訳をいくつも考えて、保険をかけまくるダサい人間になってしまった。
期待=プレッシャーと感じて、言葉にはしなくとも何度も「もう期待しないでくれ」と心の中で願った。


そんなダメ人間のまま大学4年を迎えてしまった私は、社会人チームからIリーグ飛ばしてという思わぬ形で関東リーグのスタメンに抜擢されるも、当然上手くいくはずもなく、PK献上の戦犯で0-3の惨敗。

この時こぼれた「関東リーグは俺の土俵じゃない」は、完全に自分で自分の可能性を閉ざしてしまった。

大戦犯




そんな私にも、それでも期待し続けてくれる同期がいて、家族がいて、なにより自分が自分自身にかすかに期待をしていた。

こんな期待に応えるべく、みんなが納得して関東リーグに出れるようにと、何とか残留の一役を買おうと、練習から取り組んでいた。そんな矢先に、


左腓骨骨折 全治2,3ヶ月


そこで、引退が決まった。
気付くのが遅すぎた。


グランドでは泣かなかった。
病院で母親に電話をかけたとき、泣きそうになった。
玄関前で、涙がこらえきれなかった。5分くらい泣いたと思う。

何も成し遂げられなかった自分に対しての失望と親の期待に対しての裏切りで。
多分、親に対する後悔の方が大きかったからなんじゃないかなと思う。

それだけ両親には支えられてきたし、寄り添ってもらえたと感じている。高校までは、毎試合のように試合を観に来てくれて、大学では、その機会すら与えることができなくて本当にごめん。これからは、おいしいお店をご馳走することくらいしか今は考えてないけど、親孝行たくさんしていこうと思います。

少し話は逸れたが、骨折に始まり骨折に終わる大学サッカーになってしまったのも、やっぱりサッカーの神様が日ごろから見ていたのだなと思う。

こんなブログを書いている引退後の現在も、手術跡の傷口から感染を起こしてしまい入院している。同期と楽しみにしていた旅行やスポーツバーでのワールドカップ観戦も、病院からしか楽しめない。昨日のドイツ戦の勝利を、感動を、近くの誰かと分かち合うことができない。

まあ、それだけ神様に見放されるんだなと、全てを受け入れている。



最後に、第一線でサッカーをする余合壮太はもういなくなるし、期待されることも少なくなるだろう。
それでも、こんな私を受け入れてくれる会社と上司、同期の期待は裏切らずに社会人を頑張ろうと思う。


練習後の憩いの場


優秀なディフェンス陣(半分プロ)



予期もせぬ最後の公式戦


loveリーグ


万年早慶戦運営


Iリーグから世界へ


◇余合壮太◇
学年:4年
学部:社会科学部
前所属チーム:市立船橋高校


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!