VisionaryBase

株式会社シクミヤが運営する、資本政策・資金調達・経営管理に関するnoteです。 「資本政策の感想戦」「FUNDING FACTBOOK」を不定期掲載

VisionaryBase

株式会社シクミヤが運営する、資本政策・資金調達・経営管理に関するnoteです。 「資本政策の感想戦」「FUNDING FACTBOOK」を不定期掲載

    マガジン

    • 資本政策の感想戦

      第三者の視点から、創業から資本取引を将棋の棋士が行う感想戦のように1手1手振り返り、その背景で動いていた資本政策の意図を考察する連作

    • FUNDING FACTBOOK Vol004

      2021年1月に資金調達した5社の資金調達解説をしています。 ・LEAN BODY ・プライシングスタジオ ・東京ファクトリー ・コーチェット ・エール

    • 資本政策の感想戦2019年リリースパック

      「資本政策の感想戦」について、時期未定(2021年末目標)で書籍化作業を行っています。書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 note版では取引詳細が個別具体的に見える表を掲載しています。書籍化に伴い図表等は全て書き直しますが、noteは個別具体的な取引を見るため、書籍は読み物としての完成度高くとnoteをお買い上げの方に価値を感じてもらえる棲み分けを行おうと考えています。 2021/6/22 筆者

    • 資本政策の感想戦2020年リリースパック

      「資本政策の感想戦」について、時期未定(2021年末目標)で書籍化作業を行っています。書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 note版では取引詳細が個別具体的に見える表を掲載しています。書籍化に伴い図表等は全て書き直しますが、noteは個別具体的な取引を見るため、書籍は読み物としての完成度高くとnoteをお買い上げの方に価値を感じてもらえる棲み分けを行おうと考えています。 2021/6/22 筆者

    • 経営管理テクニックブック

      • 13本

      経営管理について色々陥りがちな罠を書いておきます

    最近の記事

    経営管理からはじめる経営支援のコンセプトとは。シクミヤ創業3年半の振り返り・前篇

    こんにちは。シクミヤ代表の山岡です。2019年1月30日にシクミヤという会社を創業してから、2022年7月30日で3年半が経過しました。 まずは設立以降、信頼して仕事を依頼いただいたクライアントの方々、協力いただいた専門家の方々、一緒に頑張った社員・インターン・アルバイトの方々には改めて御礼申し上げます。 振り返るとそれなりの期間を活動してきたのですが、自分たちが何をやっているか・今後何をやりたいと考えているのか・どこに向かっているのかについてなど、シクミヤという会社そのも

    スキ
    46
      • 資本政策の感想戦「株式会社グッドパッチ」

         上場を目指すスタートアップはどのようにして資本政策を検討すれば良いのだろうか。資本政策の大切さを解く意見は数多くあれど、具体的に検討する段階で参考にするべき他社例にたどり着くことは困難だ。  この点、新規株式公開(IPO)を行なった企業を対象とすれば、新規株式公開に伴い作成した「新規上場申請のための有価証券報告書(以下「Ⅰの部」という)」に資本取引の情報が掲載されているため、その企業が上場までの直近期間においてどのような資本取引を行なってきたかを伺い知ることができる。

        スキ
        34
        有料
        2,000
        • FUNDING FACTBOOK「LiLz株式会社」

          「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年02月09日に資金調達を発表した「LiLz株式会社」の資金調達内容について取り扱う。 1. LiLz株式会社についてLiLz株式会社は、2017年7月28日に設立されたIoTサービスを複数展開する企業だ。アナログのメータを、IoTカメラを用いることで、人の手を使わず記録・分析するサービス「L

          スキ
          3
          有料
          500
          • FUNDING FACTBOOK「エール株式会社」

            「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年01月25日に資金調達を発表した「エール株式会社」の資金調達内容について取り扱う。 1. エール株式会社についてエール株式会社は2013年6月4日に設立された会社で、オンライン1on1サービス「YeLL」を提供している。 現在展開しているサービスを展開するまで、エール株式会社は何度かサービス

            スキ
            8
            有料
            500

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 資本政策の感想戦
            VisionaryBase
          • FUNDING FACTBOOK Vol004
            VisionaryBase
            ¥1,000
          • 資本政策の感想戦2019年リリースパック
            VisionaryBase
            ¥3,200
          • 資本政策の感想戦2020年リリースパック
            VisionaryBase
            ¥2,400
          • 経営管理テクニックブック
            VisionaryBase 他
          • スタートアップ ビジネスモデル テキストブック
            VisionaryBase

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【イベント告知】書籍『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』のオンライン解説会開催します

            『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』出版に伴う、オンラインイベントの告知です。 2021年10月11日(月)20:00-21:00にオンライン解説会を開催します。 --- 追記:10月10日 13:00現在170人超から応募があり動画配信環境を検討しています。YouTube Liveの手配が完了すればYouTube Live,間に合わなかったならばZoomとする予定です。 応募者各位に対するオンライン解説を行うURLの通知は、当日17時前後になります。

            スキ
            19

            企業の資本政策を『感想戦』のように振り返る本を出します

             noteで発信していた「資本政策の感想戦」シリーズをベースとして、日経BP社から「実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦」が2021年10月7日に販売されます。  新規株式公開(IPO)をしたスタートアップ6社を題材として、設立から上場までに行われたイベントを、「資本政策」の軸から整理して解説した本になります。  資本政策とは、株式や新株予約権といった『エクイティ』を企業が有効活用するための計画を指します。  本書では、実際の企業がどのようにエクイティを用い

            スキ
            76

            FUNDING FACTBOOK「株式会社コーチェット」

            「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年01月29日に資金調達を発表した「株式会社コーチェット」の資金調達内容について取り扱う 1. 株式会社コーチェットについて2020年1月8日に設立された株式会社コーチェット(以下「コーチェット」と言う)は、経営者などのリーダー層に対してマンツーマンでコーチングスキルを教えるプログラム「Coac

            スキ
            8
            有料
            500

            FUNDING FACTBOOK「株式会社東京ファクトリー」

            「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年01月25日に資金調達を発表した「株式会社東京ファクトリー」の資金調達内容について取り扱う 1. 株式会社東京ファクトリーについて株式会社東京ファクトリー(以下「東京ファクトリー」と言う)は、2020年4月1日に設立された、製造業用のクラウド型生産管理システム「Proceedクラウド」を提供す

            スキ
            8
            有料
            500

            FUNDING FACTBOOK「プライシングスタジオ株式会社」

            「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年01月12日に資金調達を発表した「プライシングスタジオ株式会社」の資金調達内容について取り扱う。 1. プライシングスタジオ株式会社についてプライシングスタジオ株式会社(以下「プライシングスタジオ」と言う)は、2019年6月26日に設立された(当時の商号は「株式会社Best path Part

            スキ
            4
            有料
            500

            FUNDING FACTBOOK「株式会社LEAN BODY」

            「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年01月12日に資金調達を発表した「株式会社LEAN BODY」の資金調達内容について取り扱う。 1. 株式会社LEAN BODYについて株式会社LEAN BODYは2015年12月17日に設立された会社で、オンラインフィットネスサービス「LEAN BODY」の運営を行っている。 会社設立から

            スキ
            5
            有料
            500

            資本政策の定跡「従業員に対するエクイティ・インセンティブの付与はどのように行うか」

            「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは、元々書籍のまとめ箇所として描き下ろしたものを改編して掲載しています。 2021/9/28 山岡佑 ---- このnoteでは「資本政策の定跡」として、資本取引の種類ごとに ①「どのようにその取引を検討すれば良いか」解説を行い ②『資本政策の感想戦』で取り上げた企業を用いた実例の紹介を行う 資本政策の感想戦で取り上げた

            スキ
            69

            『アイデア』について

            アイデアの正体そもそも『アイデア』とは何か。アイデアの正体について、ジェームズ・W・ヤングが著した『アイデアの作り方』にて見事な言語化がされている。ヤングはこの本で、「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」と断定している。 広告代理店で勤務していたヤングは、上記の定義を、広告アイデアの創出プロセスを説明するために言い換えている。 "広告のアイデアは、製品と消費者に関する特殊知識と、人生とこの世の種々様々な出来事についての一般的知識との新しい組み合わ

            スキ
            8

            『シクミヤ』のこと - なぜインターンを募集するか

            これまでの情報発信と趣旨を変えて、VisionaryBaseを運営している株式会社シクミヤについて発信する。 これまで口コミや投資家経由かTwitterで仕事の依頼がくる都合上、特段他にPRもせず会社のこともほとんど開示していなかった(HPも不親切だ)。この状態だと、従業員やインターンとして働く人までが「こういう会社で働いていました」と周囲に言いにくい。 初回として、インターン制度について発信する。インターンは何故募集しているのか、何をやっているのかについてこの記事にまと

            スキ
            17

            資本政策の感想戦「株式会社プレイド」

            「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版しました。 本noteにおいて取り上げた「株式会社プレイド」の解説記事は、書籍内では、1章に掲載しています。書籍化に伴い資本取引に関連する図表を書き直した他、図表の取捨選択を行っています。 note版の図表は、個別具体的な資本取引について、実務で用いる資本政策表に近い形で確認できるようにしています。 2022/5/12 山岡佑  ーーーー

            スキ
            64
            有料
            2,000

            経営管理のユートピア。あるいは、組織文化との共存

            ある程度組織サイズが大きい企業、特にIPOも見据え始めた企業では、税法や労基法などの法律・上場準備の観点から求められる要件など、組織の論理やビジネスの論理ではない、組織外の論理により必要となる管理業務がある。 例として、起業したての企業では厳密に行われることが少ない、物品購入等の申請・承認プロセスや勤怠管理や固定資産管理が掲げられる。これらの業務は、IPOを見据え始めた企業で、IPO準備のため必要という名目で組織に導入されることが多い。 組織やビジネスの論理以外の要求によ

            スキ
            137

            今日いますぐやるべきGoogle Drive親フォルダ複数指定問題と、Google Colaboratoryを用いた探索方法

            1.対処すべき課題Google Driveにはこれまで親フォルダの「追加」機能という機能が用意されており、親フォルダを2つ以上指定することができた。この機能を用いると、それぞれの親フォルダに割り当てられた共有権限が、当該子フォルダに反映される。この性質から、複数の共有権限(例えば、部署Aと部署Bといった部署間)をまたぐファイルの共有が容易に行えた。 親フォルダと子フォルダの関係は、ストレージの常識として、1対多の関係となる。つまり、1つの親フォルダに対して複数の子フォルダが

            スキ
            10