東京大学教養学部 国際交流センター グローバリゼーションオフィス

駒場キャンパスにある グローバリゼーション オフィスの公式アカウントです。※個別のお問…

東京大学教養学部 国際交流センター グローバリゼーションオフィス

駒場キャンパスにある グローバリゼーション オフィスの公式アカウントです。※個別のお問い合わせには応じかねます。Official note account of the University of Tokyo, Globalization Office.

マガジン

最近の記事

今も続く「好朋友」との交流。南京での留学体験

「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.52 中国/南京大学 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、紹介する本コーナー。 今回は中村 元哉先生に、中国の南京市で留学をされた体験についてお伺いしました。取り上げた場所については こちら から。 もとからあった興味関心を膨らませ、留学へ ——中村先生は1999年から2000年にかけて南京で留学されています。留学のきっかけから教えてください。 中村先生: 名古屋で生まれ育った私は、姉妹友好都市の南京に、何とな

    • ルーマニア留学へ。大らかな時間感覚の中で過ごして

      「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.51 ルーマニア/ブカレスト大学大学院 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、紹介するこちらのコーナー。 今回は黛 秋津先生に、ルーマニアでの留学体験についてお伺いしました。取り上げた場所については こちら から。 歴史学の研究のためルーマニアの大学へ ——はじめに、留学に行かれた経緯から教えてください。 黛先生: 分野にもよりますが、歴史学を専攻する博士課程の院生は、博士論文を執筆するにあたり、必要な一次史料を

      • バブル期の日本からフィリピンへ。高校時代の日々が今につながる

        「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.50 フィリピン ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、紹介する本コーナー。 今回は岡田 泰平先生に、高校時代、フィリピンにて暮らされたときのお話を伺いました。取り上げた場所については こちら から。 高校時代、フィリピンへ。日本の外へ出られることが嬉しかった ――初めに、フィリピンに行かれた経緯について教えていただけますか。 岡田先生: 親の都合で、高校1年の途中にフィリピンのマニラに行くことになりました。あの

        • 日本語と英語でまなぶ日本の文化: 冬至 (Winter Solstice)

        今も続く「好朋友」との交流。南京での留学体験

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 私を変えたあの時、あの場所
          東京大学教養学部 国際交流センター グローバリゼーションオフィス
        • 日本語・英語でまなぶ日本の文化
          東京大学教養学部 国際交流センター グローバリゼーションオフィス
        • The GO Tutors!
          東京大学教養学部 国際交流センター グローバリゼーションオフィス
        • GO World Cafeteria―食から始める異文化理解
          東京大学教養学部 国際交流センター グローバリゼーションオフィス
        • Event Report
          東京大学教養学部 国際交流センター グローバリゼーションオフィス

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          名前を知って「見方」が変わる。ベルリンで留学して

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.49 ドイツ/ベルリン自由大学 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、紹介する本コーナー。 今回は速水 淑子先生に、ドイツ留学時のご体験についてお伺いしました。取り上げた場所については こちら から。 交換留学でベルリンへ ——初めに留学のきっかけからお聞かせください。 速水先生: 研究者を志したのが遅く、三年回り道をしてから専門領域の修士課程に入学したので、とにかく早く博論以外の単位を取得して学費減免を受けたい

          名前を知って「見方」が変わる。ベルリンで留学して

          会話に浸り、人々のつながりに助けられたインドでの留学

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.48 インド/デリー大学 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、紹介する本コーナー。 今回は井坂 理穂先生に、インド留学をされた当時のお話についてお聞きしました。取り上げた場所については こちら から。 会話にどっぷり浸かった、デリーでの留学の日々 ——井坂先生はインドの大学に留学されています。まず、留学に至った経緯から教えていただけますか。 井坂先生: とにかく日本の外に住みたいという強い気持ちがあり、大学4年

          会話に浸り、人々のつながりに助けられたインドでの留学

          日本語と英語でまなぶ日本の文化:お月見/Moon Viewing

          日本語と英語でまなぶ日本の文化:お月見/Moon Viewing

          本当の「先進国」とは? ベルリン留学で気づいた豊かさの本質

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.47 ドイツ/ベルリン自由大学 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、紹介しているコーナーです。 今回は針貝 真理子先生に、ドイツ留学当時についてお伺いしました。取り上げた場所については こちら から。 小学生のときにベルリンの壁が崩壊。その頃からベルリンに関心が ――ベルリンで留学されています。初めに、留学しようと思われた経緯から教えてください。 針貝先生: 私が小学生だったとき、大きな衝撃を受けた出来事があり

          本当の「先進国」とは? ベルリン留学で気づいた豊かさの本質

          「生きた遺跡」が今も多く存在するトルコでの留学

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.46 トルコ/国立マルマラ大学大学院およびイブン・ハルドゥーン大学大学院 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、紹介する本コーナー。 今回は木村 風雅先生に、トルコでの留学についてお伺いしました。取り上げた場所については こちら から。 イスラームの復興が今も進むトルコに魅かれて ――はじめに、トルコに留学されるまでの経緯から教えてください。 木村先生: 私は留学当時、本郷の東京大学イスラム学研究室に所属していま

          「生きた遺跡」が今も多く存在するトルコでの留学

          記憶に残る活発なディスカッション。ボリビアへ講師として渡って

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.45 ボリビア/サン・シモン大学 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きする本コーナー。 今回は成田 大樹先生に、ボリビアのコチャバンバにある大学で教壇に立たれたご経験についてお伺いしました。取り上げた場所については こちら から。 ボリビアの大学で集中講義の講師を務めることに ——ボリビアで講師をされたことがあるとのことですが、その経緯からお伺いしてもよいでしょうか。 成田先生: 当時ドイツの研究所でポスドク研究員

          記憶に残る活発なディスカッション。ボリビアへ講師として渡って

          ひとりの人間として向き合うことの大切さ。1990年代、ベトナム留学へ

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.44 ベトナム/ベトナム国家大学ハノイ校ベトナム研究協力センター ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、紹介する本コーナー。 今回は岩月 純一先生に、ベトナム国家大学へ留学されていたときのお話を中心に伺いました。取り上げた場所については こちら から。 1990年代のベトナムへ。目的の資料へ行き着くまでに何年も通った ――今回は岩月先生が学生のとき、1996年から1998年にかけてベトナムに留学されていた当時のお話

          ひとりの人間として向き合うことの大切さ。1990年代、ベトナム留学へ

          人との出会いが世界を拓いてくれる。「第二の故郷」パラオでのフィールドワーク

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.43 パラオ共和国 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、ご紹介している本コーナー。 今回は松本 和子先生に、大学院生時代に「出会った」パラオでのご体験談について伺いました。取り上げた場所については こちら から。 「10年後に再訪したい場所」として博論のテーマをパラオに決定 ――松本先生はパラオ共和国を何度も訪問されています。パラオに行こうとなった初めのきっかけからお聞きできますか? 松本先生: 英国エセックス

          人との出会いが世界を拓いてくれる。「第二の故郷」パラオでのフィールドワーク

          日本語と英語でまなぶ日本の文化:七夕/Tanabata

          フランス美術を学びにパリへ。心を楽しませながら最大限の活動を

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.42 フランス/パリ西大学ナンテール・ラ・デファンス校 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、ご紹介している本コーナー。 今回は松井 裕美先生に、フランスで5年ほど滞在されていた当時についてお伺いしました。取り上げた場所については こちら から。 パリ留学へ。それまでとは違う自分を発見しようと意気込んだ ——5年近くパリ西大学ナンテール・ラ・デファンス校で留学されています。はじめに、渡航の理由からお聞かせください。

          フランス美術を学びにパリへ。心を楽しませながら最大限の活動を

          日常生活のなかにも得がたい学びがある。エルサレムでの日々

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.41 イスラエル/イスラエル・ヘブライ大学 ハリー・S・トルーマン平和研究所 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、ご紹介している本コーナー。 今回は鈴木 啓之先生に、ポスドク時代にイスラエルで過ごされた体験についてお伺いしました。取り上げた場所については こちら から。 奨学金を得て向かったイスラエル。「トラブルを楽しめ」というアドバイスが活きた ——2018年から2019年に、イスラエルでご留学をされています。

          日常生活のなかにも得がたい学びがある。エルサレムでの日々

          「伝える」ことが信頼につながる。学部時代のイギリス留学体験

          「私を変えたあの時、あの場所」 ~ Vol.40 イギリス/ウォーリック大学 ~ 東京大学の先生方から海外経験談をお聞きし、紹介する本コーナー。 今回は鈴木 早苗先生が、東大にかつてあった「AIKOMプログラム(教養学部短期交換留学制度)」の交換留学生としてイギリスに留学された体験談についてお伺いしました。取り上げた場所については こちら から。 *ウォーリック大学は、現在、東京大学の「USTEP(全学交換留学)」の協定校になっています。 学生寮でジレンマが。正直に伝

          「伝える」ことが信頼につながる。学部時代のイギリス留学体験