漆畑文哉|学びのデザイン

日常と科学を結ぶ、学びのデザイナー (科学エデュケーター/科学コミュニケーター)小中高 理科教員、日本科学未来館 企画/広報を経て、現在フリーで科学教育や科学コミュニケーションの場のデザイナーとして活動しています。プロフィール詳細は→https://ufmy.net/about
固定された記事
+2

【自己紹介】はじめまして、漆畑文哉です。

はじめまして、漆畑文哉(うるしばた・ふみや)です。日常と科学を結ぶ、学びのデザイナー(科学エデュケーター/科学コミュニケーター)として活動しています。 元々は…

学問の楽しさって、入り口は「分かるとおもしろい」だと思う

私は現在科学エデュケーター/科学コミュニケーターとして活動をしています。学校教育では現在大学で理科の教職科目を担当したりもしています。詳しくは自己紹介をご覧いた…

ルールを修正できるルールがあること。それが民主主義と法治主義の基本。

今回は「#みらいの校則」をテーマに、学校の校則やルールにまつわる新しいアイデアについて書いてみようと思います。 私自身は、小学校の児童として、中学校・高等学校の…

お題企画「#キャンプの話をしよう」with 國學院大學の受賞5作品に執筆記事が選ばれました!

先日「キャンプは不便でめんどくさい。でもそれが楽しい。」というタイトルで記事を執筆いたしました。 それがなんと、國學院大學「キャンプを”考える”研究室」後援のお…

難しい内容は「表現」をやさしくして、わかりやすく伝えよう

先日、私が書いたコラムが慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアムのWEBサイトに掲載されました。このコンソに関わるメンバーが連続してコラムを執筆するという企画…

私が命懸けで歯磨きする理由

私は結構凝り性なもので、一度始めるととことん情報を集めて追求したくなります。今回はその中でも、あまり家族や知人には話したことのないものを一つ取り上げます。それは…