山田亜紀子 Akiko YAMADA

フリープロデューサー、キャリアコンサルタント。新聞記者、ネット編集者を経て、ソーシャルメディアエディター、新規事業統括などを経験。50歳で新聞社を早期退職、再エネ関連ベンチャーに参画。高齢社会×TECH、働き方に反応。息抜きは風と遊ぶ、お酒を楽しむ。2015年に”留職”も経験。

こんな時だからこそ、素人に「アートは必要」

コロナの感染拡大で緊急事態宣言が出されてから初めて、美術館に足を運んだ。 この4カ月、行きたい展覧会はあっても、「アートやエンターテインメントは、まさしく『不要…

初心者にも簡単だった「360度カメラ」 VR元年の予感

コロナ自粛で美術館も植物園も休業。動画や写真やVRを提供してくれていますが、それは撮影が上手なスタッフやプロがやっていることだと思っていました。VRとかARをテーマに…

引退年齢は自分で決める時代? 「年金開始75歳法案」に思うキャリア

「年金開始75歳法案、審議入りへ」。  50歳で早期退職したばかりの私にとって、年金がいくらもらえるか、老後のお金は足りるか、は今とても大事な問題。  この機会にき…

「前年同月比」だけじゃなく、「これから」のスタートアップ企業をどう支援するか?

休業補償や給付金の議論の中で「前年同月比」という言葉を聞くけれど、それは企業の「持続」を支援するもの。「前年」の売り上げはまだゼロというような、スタートアップ企…

新聞社を辞めて、noteを始めました。 「働く上での5つのルール」が見えたから

先月末、28年間勤めた新聞社を早期退職しました。 いわゆる、選択定年です。 「新聞社を辞めるなんて、もったいない」。 私が入社した1992年なら、そう言われたでしょう。…