小森胤樹(郡上エネルギー(株) 郡上割り箸(株)代表取締役 森林総合監理士)

2002年、大阪から林業をするために岐阜県郡上市八幡町に移住。 チェンソーをもって山に入る現場作業員から始ました。 現在、地域の森林管理の仕事をベースに、森や木、エネルギーに関わる仕事をしています。

団塊の世代ジュニアの少年時代(本編3)

ちょっと間が空いてしまった。書きたくなったので続きを。  小学4年生で、野生クラブというクラブに入った私は、キャンプに目覚めていく。 5年生になったころ、色々キャ...

団塊の世代ジュニアの少年時代(本編2)

こんな話を記録しておこうと思うようになったのも、自分の子供が同じ年ぐらいにとなったがどうも状況が違うと感じるようになったから。また、自分自身が世間で”普通”と言...

団塊の世代ジュニアの少年時代(本編)

私が自然に興味がを持つようになったきっかけはなんなのかと聞かれると、小学校3年生の頃の話からはじめないといけない。  大阪府吹田市という社会科で習うところの大阪...

団塊の世代ジュニアの少年時代(残酷編2)

ロケット花火の話をしたら、爆竹の話をしないわけにはいかない。爆竹といえば、中国の春節祭の映像で見るぐらいになった。田舎でもいっとき、猿を追い払うのに爆竹を使って...

団塊の世代ジュニアの少年時代(残酷編)

我々世代は残酷であった。やたらと生き物を殺して遊んだ。親がこんなだからかもしれないが、うちの子供二人(現在小6男と小3女)は田舎に住んでいるのに生き物が苦手。息子...

団塊の世代ジュニアの少年時代(プラモ編)

子供の頃の記憶である程度はっきりと残っているのは小学校3年生以降ぐらいだろうか。私が小学校3年生の時は、1980年。ウィキペディアで調べて見ると、ゲームウォッチ、ルー...