もよ

ひとりっ子ママ&セラピスト。5歳息子に育てられている日々。"書く"と心が整うので書いています。昭和63年うまれ。愛猫家。大阪らぶ&なう。「♯私らしいはたらき方」グランプリ受賞。【自己紹介】https://pono-me.com/hello/

もよ

ひとりっ子ママ&セラピスト。5歳息子に育てられている日々。"書く"と心が整うので書いています。昭和63年うまれ。愛猫家。大阪らぶ&なう。「♯私らしいはたらき方」グランプリ受賞。【自己紹介】https://pono-me.com/hello/

マガジン

  • ヒーリングエッセイ

    5歳の息子と、メガネの旦那さんと、2匹の猫と過ごす日常生活の中で、考えたことや感じたことを綴っています。

  • たくさんの方に読んでもらえた【お祝いnote】

    note編集部さんのおすすめ記事にのせてもらったり、スキ!をたくさんもらえたnoteをまとめています。書きおわったときに「これはいいぞ!」と思ったものがあまり読まれなかったり、「これは微妙だな・・・」と思ったものがたくさん読んでもらえたり・・・おもしろいですよね♪私は「ただ書ければいい」とは思っていなくて、やっぱり「書いたものを読んでもらいたい。その文章がだれかの心に届いてほしい」という気持ちがあります。だから、アクセス数やスキ!の数は、私にとってすごく大切なんです。そんなわけで、このマガジンにまとめているnoteは、たくさん方に読んでもらえた大切な作品たちです。

  • ヒーリングストーリー

    ママさんの心がホッと温かくなるような、小さな小さな物語を書いています。

  • マヤ暦の物語

    マヤ開運アドバイザーの藤はるかさんとご縁があり、マヤ暦の紋章をイメージした物語を書かせてもらっています。【藤はるかのやさしいマヤ暦】https://fujiharuka.com

    • ヒーリングエッセイ

    • たくさんの方に読んでもらえた【お祝いnote】

    • ヒーリングストーリー

    • マヤ暦の物語

最近の記事

固定された記事

ママの私が「夜中のコンビニ」でアルバイトをする理由。

私は週に2回だけ、夜中のコンビニでアルバイトをしている。 21時に息子と一緒に寝て、 23時に起きてコーヒーを飲んで、 23時45分に家を出て自転車をこぎ、 0時から7時まで働く。 なんだかんだで1年ちょっと、そのアルバイトを続けている。 去年の3月のこと。 息子が4月からついに幼稚園入園ということで、入学金やら制服やらで久しぶりに大きなお金が動いた。  ふと預金通帳の残高を見てみると、やばいことに気づいてしまった。 7880円。 目を疑った。 この数字は、う

スキ
1,768
    • 毎日365日、私は息子へプレゼントを贈る。

      大好きな整体師の先生から、誕生日プレゼントをもらった。 お客さんとしてその整体に通っているのと同時に、その先生から月に1回整体の技術を教えてもらっているので、「私の師匠」でもある人だ。 師匠と出会って、まだ1年足らず。 月に2回ほど会うだけだけど、会うたびに「すごいなぁ」「素敵だなぁ」「大好きだなぁ」「私もあんなふうになりたいなぁ」と心の底から思う。 私の10歩先を歩いている人。 私の「あこがれの人」。 そんな存在の方から、誕生日の2週間前にもらったプレゼントは予想

      スキ
      35
      • 5歳息子といっしょに「出勤」した、34才誕生日。

        「8月15日、ヘルプで出勤できない?」 店長から電話がきて、その日付を耳にしたとき、「あ、私の誕生日だ。」と思った。 でも8月15日は月曜日で、父ちゃんは普通に会社。息子の幼稚園はお盆休みなので、息子と2人でのんびりいつも通り過ごすつもりだった。 「特に予定はないんですけど、息子の幼稚園が休みなんです。息子を連れて行ってよければ、出勤できるんですけどねぇ〜。」 出勤したい気持ちはあるけど無理なんです、という気持ちを伝えようと、そんな言い回しで返答したら、予想外の答えが

        スキ
        296
        • "ママが刺される夢"をみた、5才息子の深層心理。

          「母ちゃ〜ん!母ちゃ〜ん!」 そんな声と共に、廊下をペタペタと歩く音が近づいてくる。 息子のお弁当をつくっている途中だったので、キッチンで作業しながら息子の方に顔を向けた。 その瞬間、ギョッとした。 息子の両目から、涙がボロボロとこぼれ落ちていたのだ。 最近めっきり泣かなくなった5歳の息子。こんなに涙をボロボロ流して泣く姿をみるのは、なんだかすごく久しぶりに思えた。 「母ちゃんがさ、死んじゃう夢みた。」 ヒックヒックと喉を鳴らしながら、私にそう言った。 「だれ

          スキ
          76

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ヒーリングエッセイ
          もよ
        • たくさんの方に読んでもらえた【お祝いnote】
          もよ
        • ヒーリングストーリー
          もよ
        • マヤ暦の物語
          もよ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ママの私が、2年以上も続けている「運動」とは?

          「あきらかに体力が落ちたな。こりゃいかん。」 息子が幼稚園に入るか入らないかの時期に、急に危機感を感じたのを覚えている。 公園でダダッと走り出す息子を追いかけて、ほんのちょっとだけ小走りをしただけで、息がキレてしまう。両足がすぐに鉛のように重くなってしまう。 体を動かさなきゃ!運動しなきゃ! そう感じ、You Tubeを見ながらストレッチしたり筋トレしたり、時にはエクササイズしてみたり踊ったりしてみるけれど、ほとんどの場合が1日だけで終了してしまう。よく続いても3日。

          スキ
          61

          ママとパパが5キロずつ痩せたのは、5歳息子のおかげでした。

          先日ふと思い立って、ホコリでうっすらと覆われている体重計に乗ったとき、正直びっくりした。 5キロちょっと、体重が減っていたのだ。 ダイエットしていたわけではない。 1年前、私の体型は163センチ・約60キロ。 「太ってるね」とも「やせているね」とも言われない、ぽっちゃり体型。別に困っていなかったので、痩せたいという気持ちはなかった。 ほぼ専業主婦の期間を終え、仕事をはじめて数か月したとき、ふと体重計に乗ると2~3キロ減っていた。体を動かす量が増えると、そりゃ使うエネ

          スキ
          67

          ママの「プチ1人部屋」の作り方。

          "1人の時間"ができたとき、 「今なにをして過ごしたい?」 と自分に問う。 気になってたいたあの本を読みたい。 大好きなあの本を読み返したい。 あの動画をみたい。 あの動画で勉強したい。 noteを書きたい。 ブログを書きたい。 手帳にゆっくり気持ちをつづりながら モヤモヤしている心と向き合いたい。 本、動画、note、ブログ、手帳。 私の1人時間は、 それらがあればだいたい満たされる。 すべて、家の中で完結できることなので 家の中で過ごせばいいのだけれど。

          スキ
          199

          5歳息子に「生理について」説明してみた結果。

          平日は毎日一緒にお風呂に入る、私と息子。 そして土日は、私と息子と父ちゃん3人でお風呂に入る。 でも例外の日もある。 私が「生理」の日だ。 平日に生理がかぶるともう仕方がないので、お風呂の前にトイレに行って、できるだけ血を絞り出してからお風呂に向かう。お股にギュッと力を入れていれば、15分くらいなら大丈夫だ。注意するべきタイミングは、湯船からでる瞬間。水圧から解放されたお股から、うっかり血が出てしまうことが何度かあったので、それ以降は手でお股を抑えながら湯船から出るよう

          スキ
          108

          子供が布団をはいじゃう理由。

          夏を感じる日も増えてきたけれど。 夜になって窓をあけていると、ソヨソヨソヨソヨとひんやりした風が部屋の中に入ってくる。 1日の疲れが、スーっと癒えていく瞬間だ。 わが家の薄手の掛け布団は、4月の中頃くらいにサラッとした綿のシーツに着替えた。 それでも体温の高い5歳の息子にとっては、もうすでに暑いらしい。 でも、タオルケットにするにはまだ早い気もする。 「あつーい!」 寝かしつけ中、息子はそう言いながら、布団をバサッとはいだ。 「まだひんやりするし、風邪ひいちゃ

          スキ
          382

          5歳息子「You Tube中毒」事件の反省文。

          やらかしてしまった。 何をやらかしてしまったのかというと、息子をYouTube中毒にさせてしまったということだ。 反省も込めて、自戒も込めて、今日はその事件について書こうと思う。 4月の中旬頃、家族3人でコロナになって、約2週間自宅に閉じこもった。 まずは息子、そして私、そして父ちゃんへと、2日おきのペースで移っていった。 息子は2日間でコロッと回復したけれど、私と父ちゃんは寝込んだりしていたので、その間息子は1日中YouTubeを見ていた。普段テレビの時間制限をし

          スキ
          108

          HSPママが、ゴールデンウィークを終えて感じていること。

          ゴールデンウィーク目前。 またまた幼稚園が休園になって。 朝はのんびりお家で遊んで、 お弁当を作って近所の公園に出かけた。 平日だからか、ひとっこひとりいない公園。 川あり林あり。休日は大人気の公園がガラガラで、なんだか得した気分。 川沿いに並んで座って、お弁当を食べた。 気持ちがいい。太陽が頭の真上にあって、ちょっと暑いけれど。 「今日は公園2人占めだねぇ。」 と息子に言うと、 「2人占めって何?」 と返事が返ってきた。 「川も林も砂もトイレも遊具も、母ちゃ

          スキ
          68

          私がワクチンを打っていない理由。

          家族3人でコロナになった。 約2週間、3人で家にこもった。 わが家のワクチン事情は、私と息子は打っていなくて、父ちゃんは2回目まで打っている、という感じだ。 息子は2日間、40度まで熱が上がったけれど、3日目にはコロッと平熱に戻り元気になった。 私はそのあと2日間、これまた40度まで熱が上がったけれど、3日目からは熱が下がり、徐々に動けるようになっていった。体感としては、人生で1回だけなったことのあるインフルエンザのしんどさと似ているなぁ、と思った。 父ちゃんは、3

          スキ
          102

          春。新しい環境にドキドキしている私とあなたへ。

          働いているコンビニが、4月末で閉店することになった。 それを告げられた日、後から思えばすべてがキラキラしすぎていた。 その日も23時に起きて、身なりを整えて、コーヒーを淹れてのんびり飲んで。原付きにまたがって、24時ちょっと前にお店に到着した。 スタッフルームに入ると、大学生のKくんが椅子にドカッと腰掛けている。勤務中なのに堂々とスマホを片手に、机にはコーヒーとタバコが隣り合わせで置いてある。"フィリップモリス"というタバコを見ると、Kくんの顔がフワッと浮かぶようになっ

          スキ
          137

          息子が「シルバーのランドセル」を選んで、葛藤した話。

          「ラン活」という言葉を、ちらほら耳にするようになって。 今年の春で年長さんになる息子が、ラン活の対象者であることに気づいたときに、なんだかハッとした。もうあと1年で小学生になるのだ。 「りんりんは、何色のランドセルがいいの?」 そう聞いてみると、恐れていた答えが返ってきた。 「ぼくは、赤がいい。」 息子が幼稚園に入ってすぐの頃、noteを書いたり読んだりするようになって、赤色のランドセルを選んだ男の子の記事を読んだ。すごくインパクトがあったのでよく覚えている。 「

          スキ
          123

          ワーキングママが「休園の連絡」を恐れなくなった理由。

          「いいよね、お父さんは。子供が休園でも関係ないもんね。」 とっさに口から出てしまった言葉に、ハッとした。 「そんなこと言われても・・・」 そう困った顔で答える父ちゃんの反応を見て、またまたとっさに答えた。 「そうやって"みんな"言ってる。父ちゃんを責めたわけじゃないよ。」 たった数人のママさんと話したことを"みんな"と言って、私がほとんど無意識に口に出してしまった嫌味を、フワッとやわらかく包み直した。 息子の園では、出席や連絡にアプリを使っている。そのアプリの右上

          スキ
          84

          もう3学期なのに、息子がクラスメイトの顔と名前を覚えていなかった件。

          先日、幼稚園で発表会があった。 息子のクラスは「十二支のはじまり」という劇をして、息子はひつじ役だった。年少さんのときは発表会の練習が嫌すぎて幼稚園に行きたがらないほどだったけれど、今年は「発表会の練習、たのしい!」とよく言っていた。 息子のイキイキとした姿を想像しながら、いざ発表会を見に行ったのだけれど。 あらまあびっくり、舞台に立つ息子の顔はこわばり、無表情。無表情のままセリフを言い、無表情のまま歌を歌い、無表情のまま踊っていた。そして無表情のまま、腰の位置あたりで

          スキ
          88