TOKYO町工場HUB 古川 拓

TOKYO町工場HUBを2017年に創業。大学を卒業後、銀行員を15年間勤めたのち、2004年から独立し、アントレプレナーの道を歩む。現在、東京の100社以上の町工場と新時代の「ものづくりエコシステム」構築に注力中。 ホームページ:https://tokyo-fabhub.com

小を選択する時代/The Rise of Small (1)

人類が経験したことのない新しい時代異次元の世界 「個」の時代を特徴づけるものとして、生きるためのスペックが飛躍的に増強されていることがある。それらは技術革新に支…

東京の町工場に何が起きているのか

消えゆく東京のものづくりTOKYO町工場HUBの事業を理解いただくためには、東京の町工場に何が起きているのかを伝える必要がある。それは過去40年間に渡って東京の製造業を揺…

今、起きている変化を考える

TOKYO町工場HUBとは何かTOKYO町工場HUBとは何かを説明するのは少し難しい。「◯◯屋」であると表現がしにくいのだ。それはやっていることが複雑であるというよりは、時代認…

TOKYOでモノをつくる

はじめに この5年間、東京、隅田川の東側をずっと眺めてきた。かつて職人や技術者で賑わい、日本のものづくりを支えた工房や工場が集積する街や通り。この場を拠点に、5…