tiny

Twitterに書ききれない読書メモ(記憶力が悪すぎて、忘れないように書いてます)。2019年からミステリーの沼へ。ほかに暗号系、時々普通の文学も。読書感想文が苦手なので、ごくごくゆるくやってます。ネタバレを書く場合は先頭に注意書きをします。

幸せの範囲を考える

「多くの人の役に立てる仕事じゃないことが辛い。医者のように、たくさんの人の命を救う仕事を…

サガン『悲しみよ こんにちは』を読みました。恋愛どうこうよりも、あぁこういう常に心に憂いを抱えた人っているなぁ…と(サガン自身のこと)。私にとっては(好き嫌いではなく)共感しづらいタイプの人でした。ミステリー・純文学・ノンフィクションのローテ、甘いしょっぱい的に永遠に読めそう。笑

テレビでメキシコの冤罪(民衆が暴走し無実の人に火をつけて殺害した)を流していた。平和になってほしい。争わず、憎しまず、みんな冷静に物事を判断してほしい。キリストは自らの命と引き換えに愛を願ったが、それは叶わなかった。人々は憎しみ合う。どうすればこの世界は平和になるのだろう?

休日のJ-POP

日本にも明るい未来があると信じたいので、外出できない日におすすめの若いアーティスト動画を…

若さと才能

■ラティゲ『肉体の悪魔』 このタイトルが必要以上に肉欲の権化(すごい言葉だな)的なイメー…

彼に手紙を書き、お勧めの本があれば教えてくださいと言ったら、速攻で二冊届いた。『カフカ寓話集』とシモーヌ・ヴェイユ『重力と恩寵』……後者は本人にも難しいとのこと。哲学書は難しくて手が出ませんと書いたのにこのチョイス(しかも難しいやつを選ぶ)。意地の悪さは完全に遺伝だった。笑