三谷 哲也

ソロギタリスト。'Tetsuya Mitani's AMADEUS'ではギターオリエンテッドなインストルメンタルを。 ソロでの演奏活動、作品制作を精力的に行っております。他ヘヴィメタルプロジェクト'Emerald Aisles'を率いております。

三谷 哲也

ソロギタリスト。'Tetsuya Mitani's AMADEUS'ではギターオリエンテッドなインストルメンタルを。 ソロでの演奏活動、作品制作を精力的に行っております。他ヘヴィメタルプロジェクト'Emerald Aisles'を率いております。

    マガジン

    最近の記事

    機材と「来た感」

    1月のアゼリアですが大事なのは機材です。 機材の何が大事かと言えば「見た目」これに尽きる。 HR/HMのステージは大きなホールにマーシャルアンプの壁があり 2バスのドラムセットがあり、後ろには銅鑼があり。 バンドによってはキーボードの要塞があり。 これをやります。 これをやらないと。 今ってもうこういう風景見れないでしょ? 来日バンドですら。 この風景も含めて大好きなHR/HMだった。 そういう物を思い出して楽しんで頂きたいです。 それも楽しみの1つ。 デカイラ

    スキ
    8
      • ホールライブの続き

        現状HR/HMのインディーズクラスのイベントってのはライブハウスのブッキング。 主催バンドのイベント。 友達集めてコピバンイベント。 大体この3つ位やと思います。 ライブハウスのブッキングはともかく、基本知り合いや友達バンド集めてのイベントやと思います。 ハードロックは。です。 今風の新風なメタルの世界は知らない。 誘われないと出れない、出ないがほんまで、出る為には仲良くないと出れないのもほんまで、そのレベルのバンドはイベントに出なくても別に生活に困らないのもほんま。

        スキ
        3
        • ホールでイベント開催します。

          既にSNSではお知らせしておりますが、来年1月22日に大阪大正区のアゼリアホールでイベント主催する事にしました。 主催するにあたって、色々と経緯等何回かに分けて書いて行こうと思います。 まず、単純になんでホールか? HR/HMでホールで開催されるイベントってもう無いでしょ? なんでか? 動員出来ないから。 動員出来ないから規模を縮小するという流れになるのは当然なんですが、そうすると小さくしかなっていかないと思います。 俺のTetsuya Mitani’s AMA

          スキ
          7
          • 再生

            レクチャー動画始めます

            ギターレクチャーの動画をyoutubeに投下しています。 まずはピッキング編その1です。 数年前月謝頂いて初心者の方にギターレッスンしてました。 そこで悩んでる方が多かったのがこのピッキングの最初の問題。 そうそう、レッスンと言わずレクチャーって呼んでるのは俺の講義、やり方の説明だから。 レッスンというならば何でも弾けないとあかんと思うし、俺は何でもは弾けないので レクチャー、講義です。 言い訳は完璧です☆ 初心者の方に向けて、ちょっと悩んでる方に向けて何かの参考程度になれば、が一つの目的。 中級、上級の方には役に立たないと思うし、そういう方はもっと凄い講師の動画を参考にした方がいいと思います! そしてもう一つの目的。 今やギター界は「教える、教わる、コピーの再現力、それをベースにしたコミュニティー」がメインになってると思います。 投稿して約2日目以降にわかる視聴者維持率のデータでも高い数字が出てるのでギター界の流れはやはりこれやと俺は思ってます。 なのであくまでギタリスト三谷哲也ありきの講義にする事。 そこから俺の音楽に関心、興味を持って貰えるような物にする事。 これがもう一つの目的です。 だから俺の言う通りにやったら弾けるようになるよ!は俺には出来なくて、 「何でもかんでも弾けるわけでは無い俺が音楽作って売ってステージ出来てるんやで? しかもコロナ禍関係なく続けれたんやで?」 に繋がないとあかんのです。 講師や先生になりたいのでは無いし、無償で俺のやりたい事では無いので。 ギターの手本、先生となる対象ではなく、俺が子供の頃から成りたかった者に成る為の動線の一つです。 なので「弾かれへんとか言うてる癖にどんな事やってんねん?」で他の動画もご覧頂けたら完璧ですw 又折見て作って投下していきます。 official web https://emeraldaisles1101.wixsite.com/mysite On Line Store BASE https://msrmusic.thebase.in/ blog http://blog.livedoor.jp/tetsuyamitani/ Sound Gallery https://emeraldaisles1101.wixsite.com/sound youtube https://www.youtube.com/channel/UCZowJGSHt2vF6452EFM_Z6Q

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • ギターソロを飛ばす問題

              ネットで話題になってます。(なってた) 最初に断っとくけどあちこちで見かけたしミュージシャンなのかリスナーなのかで色々違うと思うし、だれか一人だけが言うてるんかも知らんけど。 色々意見あると思うんですが俺の思う事を。 俺も飛ばすんです。新しいメタルは。 実はかなりの確率でギターソロを飛ばします。 飛ばす気持ちわかります。 理由は色々あるやろうけど俺の理由は 聴きたい物がそこに無い事の方が多いから。 俺は耳も感性も悪いんで今のメタルのソロはどれも同じに聴こえるんです。

              スキ
              18
              • 成りたい姿を維持してきたからこそ

                ANTHEMの柴田直人さんの言葉を思い出して。 コロナで色々あったけどライブを続けてきた。 的な話で。 それを思い出して思ったんやけど、俺も止めなかったし作品を発表し続けてきたので今がある、って事。 今がある。 ってのは生きてる限り全ての人に今があるって事になるんやけど、成りたい者、成りたかった姿のままで今がある。 という意味。 コロナ以前と同じ、有るべき、有りたい姿を維持してきた。 違う事やろうとしてたり止めてたら今無かったかもしれん。 違う事ってのは違うスタイル

                スキ
                6
                • 何故孤高になるのか?

                  この絵でわかるかなぁ、、 上を目指すと何故孤高になるか。 最初は「一緒に頑張ろう!」でわずかな隙間は埋まってる。 (ように見える) 上に伸びるとそれぞれの違いは大きく表面化してくる。 そして其々の距離が離れる。 併せて周りに居なくなる。 つまり周囲の人間関係が明らかに変化する。 上に上がらんかったら其々の距離間に変化が生まれるはずがないねん。 これが「群れ」 上に伸びてる側で伸ばせずにくっついてるのは「金魚のふん」 自分が伸びてなくて相手だけが伸びてるので距

                  スキ
                  8
                  • 音楽の「個性」とは?

                    個性ってのは出す物ではなく「出てしまう」物です。 自分の個性に気付くのか気付かないのか、伝わるのかどうか。指摘されて気付くのか。 個性があるから音に出るんであって、無いなら音に出るはずがないんです。 個性がないもあかんはずもなく、逆に無い方が楽なんやと思います。 他のバンドやミュージシャンとさほど大きく違わない位に「普通に良い感」の方が混ざれる。多分どんな世界でも同じかも知れん。 個性的なラーメンより普通のラーメン売ってる方が多分無難。 ラーメン食べたい時に「ここで

                    スキ
                    3
                    • 音楽の「が」「も」「は」

                      音楽「が」好き 音楽「も」好き 音楽「は」好き と色々あって。 「が」の人の楽しみ方がこの2年ほどで変わった、多様化したと思っています。 「は」「も」の人も決定的になったと感じる。 いずれそうなる、より濃くなっていくと思ってたけど、この2年程で加速したと思いますし、ここが「戻らない」なのであって、音楽「が」でやってきたからめっちゃ思う。 音楽「は」好きやけど飲み会の方が好き。でやってないので。 客足が戻らない、という単純過ぎる話ではないんです。 この2年で完全に

                      スキ
                      5
                      • 過去音源とバンド業界

                        昔のデモテープを音源化する企画を頂いたので、聴き返して思った事を。 当時はピッチも修正出来んしやり直しもそんなに出来ないんで、やっぱり昔は皆レベル高かったんやと思う。 いや、レベルは今の方が高いな。 そういう問題だけではないと思う。 それが当たり前やったんで当たり前の中で当たり前の事をやってただけかもしれん。 ギターもそう。 やり直しって言うてもせいぜい「ここから録り直し」レベルで良いテイクを後から選んで繋ぐのはほぼ不可能な時代。 しかも録り直しをミスったらもう前のテ

                        スキ
                        3
                        • インストが悪いと歌の魅力は伝わらない。

                          インストルメンタルについて思う事を書いていこう! 今回だけでなくドンドンいくで! インストルメンタルってのは歌が無いという定義が一番わかり易いんやけど、下手したら 歌ものであっても「歌以外どうでもええ」になってる事ってマジであると思います。 どうでもええのは極端なんやけど、それでも楽器隊ってのは歌程重要視されてないと 俺は思う。 メタルやハード・ロックの世界しか知らんけど。 バックのインストルメンタル隊が良くないとやっぱり歌の魅力は 最大に引き出せないと思います。

                          スキ
                          8
                          • まず安心感が無いとイベントは無理

                            ライブインフォメーションはnoteではほぼ効果無いので スルーして頂いて結構です。 ご予約も頂いておりますがなんか又不穏な感じの情勢になってきました。 これまでと比べて、今回は、、など色々あると思うんですが やはり心配、不安、等々皆さん気がかりなのは当然かと思います。 こればかりは仕方ないですし個人的な主張は必要ないと思います。 というか俺は別に主張はないです。 主催の立場としては如何に安全に、安心感をもって頂けるか。 に尽きると思いますので。 というか、それ以外に

                            スキ
                            7
                            • インストルメンタルとは

                              インストルメンタルというのは単純に「歌がない」というのが一般的やと思うんですが、歌物でもインストルメンタルの要素は大切なんです。 音の並びやメロディという物理的な事なんかどうでも良くて、インストルメンタルがどう表現するか?は大事ですがどうでもよくなってると思う。 特にメタルは それを疎かにして「良いメロディだ!」とかってのは俺の中では相当無いです。 だって、単に音の並びという物理的な現象を言うてるだけやないですか?それって。 直訳すると 「曲だけ。曲にしか魅力が無い。

                              スキ
                              2
                              • ホンマのインストルメンタルとは

                                2月26,27日と連日で俺のインストプロジェクト Tetsuya Mitani's AMADEUSをやります。 このnoteでライブ情報をお知らせしても動員にも繋がらないので 書きませんが、それに合わせてインストルメンタルという物について ちょっと分けて書いて行きたいと思います。 その記事の伏線的な感じで「イれんちゃんストで連チャンでやります」 というお知らせで。 こんな感じです。 Tetsuya Mitani's AMADEUS    2days Show Buil

                                スキ
                                2
                                • 有事における音楽活動の処方箋

                                  数ヶ月前にメディアの方に色々お話する機会がありました。 コロナ禍での活動についてなんですが。 俺が話した内容については「新しい事が無い」 と言われたんですが、そりゃ無いですよ。 これまでと同じ事をやってて、別にライブの本数が減ったという以外に変化ないので。 写真  津田郁子さん そもそもコロナや有事やからといって急に何か手立てがあるはずかない。 あるなら俺が知りたい。 音楽の無料化が進んで大変だ!とか。 世界規模で何とかしようとしてるこの十数年間ですかね? 何も

                                  スキ
                                  11
                                  • ポジションを作る事の大切さ、というかそれしかないやろ?

                                    ポジションってのがあって、大体三番目位?までが恩恵を受けると思ってます。 それより下は「その他大勢」になってしまう位に仕事は回ってこない。という位にミュージックビジネスが縮小してると思います。 なので、これまで慣例行事のようなプロモーション活動で受け取れる恩恵ってのはもう無いと思います。 其々のポジションを形成するというか、細かいカテゴリーというか。そういうのがあって、そのカテゴリーを作らなあかんのです。 それってのは「誰もやらない、避ける、避けた、やれないような事」

                                    スキ
                                    16