見出し画像

なぜ47都道府県にこだわったのか?〜フットボールの白地図 改め『蹴日本紀行』を語る<その壱>

 まずは「連想ゲーム」からスタートすることにしたい。「47」という数字から、貴方は何を想像するだろうか? 時代劇がお好きな方なら赤穂浪士の四十七士、サッカーファンなら田中隼人(柏)や中野伸哉(鳥栖)や旗手怜央(川崎)といった背番号47の選手をイメージするだろう。だがほとんどの方は、47都道府県をまず連想するのではないか。

 それにしてもなぜ、わが国の広域的地方公共団体は「47」という、半端な数になっているのだろうか? なぜ、アメリカの50州みたいに、わかりやすい数字ではないのだろうか? そんなことを一度でも考えたことがある方は、ぜひとも本稿をお読みいただきたい。ちなみにWikipediaの「47」のページに、こんな記述があったので紹介しておく。

・47は15番目の素数である。1つ前は43、次は53。
・5番目の安全素数である。1つ前は23、次は59。
・8番目のリュカ数である。1つ前は29、次は76。
・n に2を加えた数と2を乗じた数が逆順になる2番目の数である。1つ前は2、次は497。

「素数」以外、まったく理解できない。「安全素数」とか「リュカ数」とか聞いたこともないし、あるいは「n に2を加えた数と2を乗じた数が逆順になる」なんて、55年も生きてきて一度たりとも考えたことがなかった(笑)。

画像2

 話を47都道府県に戻す。わが国の都道府県の数は最初から47ではなく、実は紆余曲折を経てこの数字に収まっている。それはアメリカの州の数も同様で、最初は13州からスタートし、州の数が増えるたびに国旗の星の数も増えていった(星条旗は世界で最も変更回数が多い国旗である)。これに対して日本の47都道府県は、当初300以上あったものが、合併と分立を重ねて現在の数に落ち着いた。

 大政奉還後の1871年(明治4年)、廃藩置県によって北海道の一部を除く国内全域が3府302県となることが決まる。なんと、現在の6.5倍もの府県があったのである(当時の名称を見てみると、八戸県、宇都宮県、浦和県、松本県、福山県、丸亀県、人吉県といったものもあった)。幕末の藩の数は300近くあり、まずはそれらが県にスライドしていったのである。

 そして翌1872年の第1次府県統合で3府72県に、さらに1876年の第2次府県統合で 3府35県までシュリンク。その後、幾度かの分立が起こり、東京府が東京都に移行された1943年(昭和18年)に1都2府43県2庁(北海道庁と樺太庁)となる。そして戦後、沖縄県がアメリカ施政下に入り、樺太庁が廃止されて北海道庁が北海道に移行。しばらく46都道府県の時代が続き、1972年5月15日の沖縄本土復帰により、現在の47都道府県となったのである。

画像1

【以下、OWL magazine読者のみに公開】
OWL magazineでは、サッカー記事や旅記事が毎日、更新されています。Jリーグだけでなく、JFLや地域リーグ、海外のマイナーリーグまで幅広く扱っています。読んでいるだけで、旅に出たくなるような記事が盛りだくさん。すべての有料記事が読み放題になる、月額700円コースがおすすめです。

この続きをみるには

この続き: 1,843文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
スポーツと旅を通じて人の繋がりが生まれ、人の繋がりによって、新たな旅が生まれていきます。旅を消費するのではなく旅によって価値を生み出していくことを目指したマガジンです。 毎日1本の記事を更新しています。寄稿も随時受け付けています。

サポーターはあくまでも応援者であり、言ってしまえばサッカー界の脇役といえます。しかしながら、スポーツツーリズムという文脈においては、サポー…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
宇都宮徹壱

よろしければ、サポートをよろしくお願いします。いただいたサポートは、今後の取材に活用させていただきます。

ありがとうございます! よろしければシェアもお願いします。
写真家・ノンフィクションライター。ワールドカップから地域リーグまで、国内外のフットボールを幅広く取材。新著に『フットボール風土記 Jクラブが「ある土地」と「ない土地」の物語』。宇都宮徹壱ウェブマガジン主催。https://www.targma.jp/tetsumaga/