龍騎士団茶舗

日本茶を擬人化した異世界から、お茶たちを輸入・販売しています! 気になった方は是非、公式HPもよろしくお願いします! 公式HP→ https://tea-from-dk.shopinfo.jp/
  • 碾茶『パーシヴァル・グルーナー』

    碾茶『パーシヴァル・グルーナー』

    内容量:30g(通常、当店のお茶は50g入ですが、碾茶は茶葉の体積が大きいため一袋30g入です。ご注意ください) 美味しい飲み方:お湯の温度 50℃  お湯の量 180cc  茶葉の量 6g  待ち時間 1分 碾茶『パーシヴァル・グルーナー』は当店独自の評価基準では、 上から二番目の『ダークナイト』クラスのお茶です。 このお茶はまず、 『きな粉のような火香(お茶を乾燥させる工程で生まれる、こうばしい香り)』を立ち昇らせます。 そしてその味わいには『じわりとした旨味』がふんだんに含まれており、 にも関わらず『さっぱりとした後味』が立つ鳥跡を濁しません。 飲むシーンによって、 起床後や昼食後など「これから!」という時には、身体と心の底から力を溢れ出させてくれますし 何かを成し遂げた後の一杯では、コレ以上ない人生の満足感と充足感を、 もしも成し遂げられなかった際でも「大丈夫! 次へ向かっていこう!」と輝かしい曙光を観させてくれる、 そんな心優しく暖かい碾茶です。
    1,590円
    龍騎士団茶舗
  • 冠茶『ボールス・シュイメール』

    冠茶『ボールス・シュイメール』

    内容量:50g 美味しい飲み方:お湯の温度 70℃  お湯の量 180cc  茶葉の量 6g  待ち時間 1分30秒 かぶせ茶『ボールス・シュイメール』は当店独自の評価基準では、 上から三番目の『ティーハウンド』クラスのお茶です。 このお茶はまず、 『落ち着きを感じさせつつも華やかさを忘れない覆い香(一般的に「海苔のような香り」と言われる、覆いをして育て苦味を少なくした茶葉特有の香り)』を 鼻で、あるいは口に含んでその口中から、堪能することができます。 味は煎茶寄りの、さらりと飲みやすいものですが、特に温度が下がってくるとより強く 元々存在する旨味や甘味を感じ取れるようになってきます。 苦味や渋味はほとんど、その顔を見せることはありません。しかし味わいの背後では “さらりとした飲みやすさ”に寄与してくれています。 趣味の時間やデスクワークのお供に置けば、常にあなたの気持ちを高めてくれますし、 水分補給用に少し薄めかつ多め(お湯の量を1.5~2倍以上)に抽出すれば 水分補給の“ひととき”さえもリッチにしてくれ、あなたの人生の一瞬間の価値が より、かけがえのないものになる手助けをしてくれることでしょう。
    1,160円
    龍騎士団茶舗
  • 煎茶『ガラハッド・ドックス』

    煎茶『ガラハッド・ドックス』

    内容量:50g 美味しい飲み方:お湯の温度 80℃  お湯の量 180cc  茶葉の量 6g  待ち時間 1分 煎茶『ガラハッド・ドックス』は当店独自の評価基準では、 トップである『シュヴァリエ』クラスのお茶です。 このお茶は口中で素早く“味の物語”を奏でてくれます。 「強い旨味 ➡ 爽快な苦味」 もしくは 「微かな苦味 ➡ 強い旨味 ➡ 爽快な苦味」 という物語が、あなたの口中に展開されるのです。 また、“煎茶らしい煎茶”の証明である『山の香り』も共に広がります。 具体的に説明するのが難しく、誠に申し訳ないのですが 日光をふんだんに浴び、吹き抜ける風が葉を奏でる樹々に囲まれ、 肥沃で柔い土壌に良く根を伸ばし、健康的で快活に育った若芽のみを 熟達した生産家の技で気負うことなく揉んで作った、そんな煎茶だけが持つ香りです。 その味と香りは、比喩ばかりですが 柔らかい日光が降り注ぐ、山の山頂や、大海原を往く船の甲板の上で 目をつぶって雲一つない青空を仰ぎ、そよ風の頬に当たる感触や光の暖かさを感じた時のような “晴れやかで微笑ましい爽快さ”を、どんな時でも届けてくれます。 ……すみません、私がこのお茶を個人的に大好きなだけかもしれません。
    1,580円
    龍騎士団茶舗
  • PGマグカップ

    PGマグカップ

    碾茶擬人化キャラ『パーシヴァル・グルーナー』をあしらったマグカップです。 こちらの商品はメーカー直送です。 ※商品画像はオリジナルプリント.jpで生成したイメージです。実物とは異なる場合がありますのでご注意ください。
    1,360円
    龍騎士団茶舗
  • もっとみる
    • 日本茶101
      日本茶101
      • 30本

      LILIKU TEA 海外向け販売サイトの Tea Blog https://lilikutea.com/blogs/column に掲載している記事の日本語版をこちらで紹介しています。

固定された記事

【速報】龍騎士団茶舗、茶業界初の異世界参入へ。業界関係者からは「遅めのエイプリルフールかと」との声も、団長「狙い通り」

龍騎士団茶舗は4月21日、茶業界としては初の「異世界」への参入を発表した。対象となるバースは『ワールド・オブ・カメリア・シネンシス』(以下WCS)で、当面の活動範囲は…

次に観る映画が人生最後の映画だとしたなら。私は『プレステージ』

『プレステージ』はクリストファー・ノーラン監督の映画作品だ。上映は2006年。 クリストファー・ノーラン監督と言えば『ダークナイト』が最も挙げられる作品かと思うが、…

ほうじ茶とカクテル

ほうじ茶は玄米茶と同じく、香りに強い特徴がある日本茶です。 煎茶や番茶を高温で焙じることで、茶葉は茶色となり、暖かくて気持ちを落ち着かせる香りをまとうようになり…

リモート下では、二回乾杯しよう。

当方、お茶屋だし、最近は日本茶カクテルの記事ばっか投稿してますが、此度は純粋にアルカホールと乾杯について。 2018年のちょうど今頃、私はドイツのドナウ川流域のオー…

玄米茶とカクテル

玄米茶は、煎茶に玄米を半々の割合で混ぜた日本茶です。 煎茶の旨味と苦味のバランスの取れた味わいと、何と言っても玄米茶の香ばしい香りが、口いっぱいに広がるお茶です…

かぶせ茶、玉緑茶とカクテル

一般的には、煎茶や玉露、抹茶よりも馴染みがないお茶、それがかぶせ茶と玉緑茶かもしれません。 まして、それらのカクテルと言われても、ピンとこない方も多いのではない…