見出し画像

立場に左右されちゃーねぇー。。。

組織を運営する中で「立場」というものがある。

役員、社長、課長、次長、部長のように。

僕自身も、会社ではないが、部活というチームの中で、4年という最高学年という立場や、副将という立場、担当する役職の一員でもある。

会社で、先方に営業に行く際、新米だから無礼でもいい、なんてことはない。一歩出れば、その会社の顔となり、代表でもある。

それと同じで、サッカーでも、ピッチに立てば、学年など一切関係なく、遠慮など必要ない。
また、ピッチ外の普段の学校生活で言えば、1人がサッカー部としての印象を決める顔で、代表でもある。

自分が1年だった時、4年になった今、見える景色は勿論違う。
視野も考え方も随分広がった。

ただ今年、自分の中で決めていることは、「様々な立場があるけれど、それ以上に、大好きなこのチームのために、その一員として何ができるかを考え体現する。」ということ。

最後の年だから、という思いが、ないとは言わない。
むしろある。(笑)
だからこそ、4年だから、副将だから頑張る、じゃなくて、根本のこのチームの一員として何ができるか、を常に誰よりも考えて体現すると決めた。


この思いが芽生えたのも、1年の頃の自分があったからかもしれない。
自分のことで精一杯だったものの、今、自分がチームのために出来ることは何かを考えて動くように心がけていた。

当時、Bチームでベンチにすら入れなかった。

サッカーを必死にやるのなんて、最低限。

そのほかに、できることと言えばなんだ。
そう、チームの仕事だった。
練習のボールの準備、用具の片付け、試合の会場準備。

今、俺の道はこれだ!くらいでやってたから、やらされている感覚は特になかった。
だから雑用なんて感覚もない。仕事といえる。むしろ、これやってないとチームも試合も回んないから。

捉え方は人それぞれだけど、それならそれで、堂々と誇り持てるくらいになりたかったな。

「置かれた場所で咲きなさい」という事も聞くが、今思うと、無意識に、自分の場所を把握して、そこで何だかんだやれていたのかな。


視野が広がり、考えの幅も広がった。
けど、大事なものは原点にあった。

そんな自分を作り出してくれた中大のサッカー部に関わる人含め、環境には本当に感謝している。


ってなわけで、立場が邪魔するものってあると思うんです。

1年だから、これをやらされる。
2年だから、ちょっと先輩面と。
3年だから、もうそろ自覚持てと。
4年だから、最後だし頑張るかと。

いやいやそうじゃない。

そうじゃないんだよ。

今置かれている場所で、できることなんて探せばいっくらでもあるよと。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
う、う、嬉しい!ありがとうございます😭
13
◼️体育会系大学生(サッカー)◼️組織、生き方、考え方◼️思考の言語化◼️頭の中を心の内を文章に◼️98'/田舎育ち/上京 https://twitter.com/98ka7Ta

こちらでもピックアップされています

僕がサッカーから学んだもの
僕がサッカーから学んだもの
  • 30本

幼少期から続けてきたサッカー。 場面場面で僕がサッカーから得たもの、感じたものを書いた記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。