Yoshikazu TATENO | たってー

舘野泰一 立教大学経営学部 准教授/ビジネスリーダーシッププログラム/青山学院大学文学部教育学科→東京大学大学院学際情報学府修士・博士→東京大学大学総合教育研究センター特任研究員→現職。博士(学際情報学)。専門はリーダーシップ教育。著書「リーダーシップ教育のフロンティア」など。

Yoshikazu TATENO | たってー

舘野泰一 立教大学経営学部 准教授/ビジネスリーダーシッププログラム/青山学院大学文学部教育学科→東京大学大学院学際情報学府修士・博士→東京大学大学総合教育研究センター特任研究員→現職。博士(学際情報学)。専門はリーダーシップ教育。著書「リーダーシップ教育のフロンティア」など。

    マガジン

    • 舘野ゼミ活動日記

      立教大学経営学部舘野ゼミナールの活動日記

    • オンライン授業・研修・働き方マガジン

      オンラインでの授業・研修・働き方に関する記事をまとめています。

    • 大学生のためのビジネスプランづくり入門:プロジェクト型授業編

      このマガジンでは「プラン・提案を考える上で絶対に押さえたい10のポイント」をまとめました。高校生・大学生向けにわかりやすく説明することを心がけました。 今回タイトルは「ビジネスプラン」としましたが、提案先が「地域」だったり、学校内の「生徒会の提案」だったりにも応用が可能なものと思います。学びたい人はぜひご購入くださいませ!

    最近の記事

    絶望のお隣のプレイフル

    今年は「プレイフル(遊び・遊び心)ってなんだろう?」という問いをいろいろな人と対話しながら考えた一年でした。印象的な対話の機会はたくさんあるのですが、今日はその中のひとつである、ゼミ生(植月さん)との対話を紹介したいと思います。 それは「プレイフル」や、「うちのゼミ生ってなんでこのゼミに集まったんだろう?」という話を雑談的にしていたときです。そのときにこんな内容の話をしてくれました。 「わからないですが、みんなプレイフルってことに希望を持っているんじゃないかと思うんです。

      • あなたに「話を聞く体力」は残っていますか?:スキルと時間に加えて必要なこと

        「話を聞くこと」は、コミュニケーションをする上で非常に重要です。日常生活での会話ももちろんですが、企業の中での1on1やコーチングなどの場面でも、相手の話をしっかり聞くことが成功の鍵になります。 よりよく聞くために必要なスキル聞くことのスキルは「傾聴のやり方」などとしてまとめられています。これらのスキルや方法は、何を意識して、どのように聞くといいのかを考える上でとても役に立ちます。 聞くことなんて誰でもできると思うのですが、実際は聞いているようで聞いていなかったり、すぐに

        • リーダーシップの基本である率先垂範

          コロナ禍でリーダーシップのあり方がますます問われています。 緊急時のリーダーシップは、非常に難しい部分はありますが、リーダーシップを発揮する上で重要な行動は、平時と共通する部分も多いと思います。 例えば、率先垂範。率先垂範とは、他者にやってほしいと思う行動を自ら率先して行い、他者の模範となることです。 この行動はリーダーシップ行動の基本中の基本です。緊急時であっても率先垂範は非常に大事な行動となります。 コロナによって、今までと異なるやり方をメンバーにお願いする場合、

          • 年末感のなさは「振り返りトーク」をしないから?:今日と明日を分けるもの

            今年はほんとうに年末感がありませんね。 まあそもそも「年末感」なるものが謎の概念ではあるんですけど、それでもなんとなく「ないよねー」と共感してしまうのではないでしょうか。 この「年末感の正体」とはなんなのでしょうか。そして、なぜそれを感じないのでしょうか。 今日は「年末感のなさ」について考えつつ、今年を振り返ってみたいと思います。 今日と明日をわけるものとは?本当は12月といえばさまざま忘年会や人との集まりがあり、 「今年はどんな年だった?」 「いやー今年はこんな年

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 舘野ゼミ活動日記
            Yoshikazu TATENO | たってー
          • オンライン授業・研修・働き方マガジン
            Yoshikazu TATENO | たってー
          • 大学生のためのビジネスプランづくり入門:プロジェクト型授業編
            Yoshikazu TATENO | たってー
            ¥298

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「中高生向けWebメディア」のオープンに向けて仕込み中です:舘野ゼミの新しい活動

            年明けの1/15を目安に、舘野ゼミのWebメディアをオープンしようと絶賛仕込み中です。 すでに舘野ゼミのnoteはオープンしているのですが、それに加えて、もう一つWebメディアを運営しはじめます。 今回オープンするサイトのターゲットは「中高生」です! 舘野ゼミのテーマである「リーダーシップ」「人の成長」「遊び(プレイフル)」に関連する記事を、ゼミ生の経験談もまじえつつ、わかりやすくお伝えしていきたいと思います。 メディア運営をしようと思った理由は色々とありますが、主な

            「ラジオ型授業」でゆるやかな対話と思考を楽しむ

            今日のオンライン授業は「ラジオ型授業」という形式に挑戦してみました。 この授業は「他者のリーダーシップ開発」をテーマに、リーダーシップに関する理論や事例を学ぶ授業です。 12回目となる今回の授業は、事前に「受講生の質問」を考えてもらっておき、それをテーマにしながら、舘野とスチューデント・アシスタント(SA)が語る形式に挑戦してみました。受講生は、適宜チャットで対話に参加します。 今回募集したのは、舘野やSAに対する「リーダーシップ開発にまつわる質問」です。 ・なんでリ

            オンライン教育プログラムはつくれても、コミュニティづくりはまだハードルが高い

            オンラインの授業・研修・ワークショップをつくりつづけて、つくづく感じたことが、 ・オンラインの教育プログラムはつくることはできる ・しかし、オンラインだけでコミュニティをつくることはめちゃくちゃ大変 ということでした。 しっかりコンテンツがあるものを教育プログラム化してお届けするのは、案外と高い精度でつくれるという手応えを感じています。 一方で、オンラインの環境のみで、コミュニティの意識を高めたりすることは本当に大変で、まだ攻略できていない感覚があります。 例えば、

            コミュニティをあたためるために、対面とオンラインをいかにつかうか?

            今日は「とびらプロジェクト」(東京都美術館 × 東京藝術大学)で、「オンラインの場づくり」に関するレクチャーをさせていただきました。例年、この時期に「ワークショップのつくり方講座」を実施しているのですが、今年はこのコロナの状況を受けて、オンラインにフォーカスしてこれからの場づくりを考える講義としました。 講座では、私自身の今年の場作り経験をお話ししながら、実際に開発したワークショップもいくつか体験していただきました。参加者は約100名で、チャットも活発で非常によい学びの場で

            リーダーシップの次元をあげるために必要な「ハコ」と「バトン」の視点

            リーダーシップを発揮するためには「どんな行動をするか?」を考えるのは大切ですが、よりリーダーシップの次元(レベル)のようなものをあげるためには、別の視点が大切になります。 ぼくはこれを「ハコ」と「バトン」と呼んでいます。今日はこの2つについて書いていきます。 大きなハコを意識して行動することができるか? ハコとは「リーダーシップを意識する組織の範囲」のことです。例えば、自分の部署をいかによくするかを考えている場合、意識しているハコは「部署」になります。一方、「会社」レベ

            【まだまだ参加者募集中です!】公開講演会「立教BLPカンファレンス2020—BLPのオンライン授業化と学習効果について」(8/21)

            すでに200名近くの応募者がおりますが、オンラインなのでなんと400人までご参加できます! 今回のカンファレンスでは (1)BLPで春学期のオンライン授業をどのように実施したのか? (2)その結果としてどのような結果(データ)が得られたのか? について、がっつりと話題提供させていただきます! ・「新入生約400名が18クラスでプロジェクト型授業をする」という、「対面じゃないと無理じゃない?」と思える授業を、どのように試行錯誤して実施したのか? ・実施した結果、学生た

            「つながりは大切だけど、つながり目的の場は話しにくい」を乗り越える場の設計

            授業や研修、ワークショップを設計する際に、授業内容だけでなく、そこでどのようなつながりが構築されるかも合わせて検討することは非常に大切です。 コロナの影響で、オンラインで授業・研修がおこなわれるようになったこともあり、新入生・新入社員を孤立化させないためにも、つながりという視点を持って場をデザインすることの重要性はより高まっているといえるでしょう。 とはいえ、「つながりがないから、つながりだけの場を用意する」というのは、実はけっこう難しいことなんですよね。 特に目的やミ

            舘野ゼミのオンラインワークショップ体験会を準備中!:遊びと学びの要素をどうミックスする?

            舘野ゼミの春学期の活動として、自己理解に関するオンラインワークショップをデザインしています。 自己理解はリーダーシップを高めるための起点となります。ただ、あまりに、まじめにやろうとするとかえって悩んでしまうこともあるでしょう。 そこで、舘野ゼミではプレイフルに、楽しんでいるうちに気づいたら自己理解が深まってしまうようなワークショップをつくっています。 具体的にはゼミ生が6つのグループに分かれ、それぞれ「遊び」の要素を取り入れたプレイフルなワークショップづくりをしています

            【参加者募集】公開講演会「立教BLPカンファレンス2020——BLPのオンライン授業化と学習効果について」を実施します(8/21)

            8月21日(金)19:00~21:30に、オンラインの講演会をおこないます。参加費は無料で、定員は先着400名です。 オンライン授業の実践と、その効果についてデータをもとに成果を共有いたします。 イベント概要はこちらになります。 2020年4月から、本学大学経営学部BLP(Business Leardership Program/ビジネス・リーダーシップ・プログラム)では、ウェルカムキャンプを含めたすべてのプログラムをオンラインで実施された。元来、BLPの授業はグループ

            立教経営BLPのオンライン授業が「週刊朝日」に紹介されました:今後の展開は?

            7/14発売の「週刊朝日」で、立教大学経営学部のBLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)のオンライン授業の事例が紹介されました。舘野のコメントも掲載していただいています。雑誌で紹介された内容が、Webでも閲覧できるようになりましたので、ぜひご覧くださいませ。 どんな記事が掲載されたのか?今回掲載していただいたのは、経営学部で実施している「ビジネス・リーダーシップ・プログラム」のオンライン授業の試みについてです。 経営学部では、毎年約400名の新入生全員に、産学連携の

            新しいことを表現する「怖さ」とそれを乗り越える「小さな自信」を育む

            今日はゼミ活動の話をもとに、創造的な活動に取り組むための準備について書いてみます。 結論から先に言えば、「なにかの作り方」を教えるのも大事なのですが、そもそもの「つくり手の心構え(マインドセット)」を学ぶことに時間をかける必要があるというお話です。 つくることを目的としてゼミをはじめたけど?舘野ゼミでは「遊び」「リーダーシップ」「教育」という3つのキーワードをもとに、最終的には「個々人がオリジナルな制作物(なにかの冊子でも、ワークショップでも、ツールでも)をつくる」ことを

            オンライン授業・研修でいかに学びとコミュニティ参画を促すか?

            昨日、「オンライン研修の技法を探る」というテーマで、オンラインで講演をしました。ミミクリデザインの田幡さん、東南さん、安斎さん(アフタートークから)とともにお話ししてきました。500名の定員が事前に埋まり、当日も多くのコメント・質問がなされ非常に活発なイベントでした。 私はオンラインの学びの設計について35分くらいで話題提供しました。かなりこってり内容詰め込みました。 重要なポイントはこの5つです。 1.オンラインであっても学びの場の設計の基本はまったくかわらないこと