珈琲とおやつ タコのまくら

タコのまくらは小豆島の海辺に立つカフェです。古民家を仲間たちとのんびりリノベーションして作りました。こだわりの素材や島のくだものなどを使った手作りのおやつと手回し焙煎機で焙煎した珈琲や自家製シロップの飲み物などを提供しています。ぜひ、のんびりしにきてください。
    • タコのまくら 日々の暮らし

      • 20本

      私と奥さんと息子のなにげない日々の暮らし

    • タコのまくら 珈琲の話

      • 22本

      タコのまくらの珈琲は手廻し焙煎機を使って自家焙煎した豆をネルドリップしています。そんなタコのまくらの珈琲の話。

    • タコのまくら かき氷屋を始める

      • 4本

      2020年コロナ禍の中、店の営業形態の変化を余儀なくされ、閃いたのがかき氷。はたしてうまくいくのやら?かき氷屋始まりの物語。

  • 商品の画像

    節分の珈琲とおやつ便

    オニさんとおかめさんクッキー入り! 節分の珈琲とおやつの詰め合わせセットです。 自分用には勿論、お孫さんやお子さんのプレゼントにも。 ※熨斗対応できます。購入の際に備考に表書きなどお書き下さい。 内容 ・珈琲ドリップパック2つ タコのまくらのブレンド4種より、お任せで詰め合わせさせて頂きます。希望のものがある場合は備考にご記入下さい。 ・オニさんクッキー 一つ一つ表情の違う、にくめないオニさん達。 いちごがベースの赤オニです。 ・おたふくさんクッキー オニはそとー福はうちー、の福を表します。 ポタっとしたほっぺがラブリー。 ・いちごパウンド 小豆島のいちごを使ったいちごジャム入りのパウンドケーキ。ミルキーで子どもも大人も大好きなフレーバーです。 ・チョコビスコッティ 有機チョコと有機ココア、ナッツをふんだんに使用し、ごりごり硬めでクセになるクッキーです。 ・ガレットブルトンヌ バターがたっぷり、ホロっザクっな芳醇クッキー。冬季限定! ・バタークッキー お店でも定番のバタークッキー。 シンプルな材料ですが、素材を楽しめる人気商品です。 島のお塩、御塩(ごえん)を使用しています。 【賞味期限】 製造より20日。 発送など含めるので2週間位になると思います。 【保存】 冷暗所にて保管。 卵、乳製品、小麦などのアレルギー物質を含みます。
    2,300円
    珈琲とおやつ タコのまくら
  • 商品の画像

    ブレンド珈琲 8時15分 150g(豆 or 粉)

    甘み、苦味、酸味のバランスがよく、すっきりと香りのよい飲み心地です。 珈琲は手廻しのロースターを使って、直火でじっくり気持ちを込めて焙煎しています。 内容量 150g (約10杯分) 豆か粉かをお選びください。 焙煎度 中煎り~中深煎り ブラジル、グアテマラ、エチオピアをブレンドしています。 おススメの飲み方 いつもよりちょっとゆっくり起きた休みの日。 朝ごはんはカリカリに焼いたベーコンと目玉焼きとトースト。 丁寧にドリップした8時15分と一緒にどうそ。 瀬戸内海を眺めるタコのまくらの雰囲気を島外の方にも少しでも感じて頂けたら嬉しいです。 珈琲のおすすめの賞味期限は焙煎日より約2ヵ月です。 【配送について】 クリックポストでの配送になります。 2つまでは同封できます。(その場合、送料は1つ分となります) 注文後、こちらで送料の変更いたします。 (注) ・万が一不良品だった場合、返品交換は承ります。それ以外での理由での返品交換は承れませんのでご了承下さい。
    1,080円
    珈琲とおやつ タコのまくら
  • 商品の画像

    ブレンド珈琲 オオアリクイのあくび 150g (豆 or 粉)

    ブラジルベースのやわらかく、温かみのするテイストのブレンド。 ほろ苦くチョコレートやナッツの風味がします。 おやつの時間やホッとしたいときにおすすめの珈琲です。 珈琲の香りが、時間をよりゆるやかに感じさせてくれるようなブレンドになっています。 内容量 150g (約10杯分) 豆か粉かをお選びください。 珈琲は手廻しのロースターを使って、直火でじっくり気持ちを込めて焙煎しています。 瀬戸内海を眺めるタコのまくらの雰囲気を島外の方にも少しでも感じて頂けたら嬉しいです。 珈琲のおすすめの賞味期限は焙煎日より約2ヵ月です。 【配送について】 クリックポスト便での配送になります。 2つまでは同封できます。(その場合、送料は1つ分となります) 注文後、こちらで送料の変更いたします。 (注) ・万が一不良品だった場合、返品交換は承ります。それ以外での理由での返品交換は承れませんのでご了承下さい。
    1,080円
    珈琲とおやつ タコのまくら
  • もっとみる

カンタティモールを観て衝撃を受ける

ティモール。数年前までは、どこにあるかも知らなかった国。 珈琲を知るようになってから、ようやくそこがアジアの国だということがわかった。 そして、数年前「カンタ!…

Kayak & SUP 1日で小豆島1周 その5

岬を回り込むと、これまでの穏やかな海から一転。一面白波の世界となった。 しかし次の目標地点である岬の先端部まで、大きな湾となっているため、風を避けて進むようなこ…

Kayak & SUP 1日で小豆島1周 その4

そういえばKayakとSUPの説明をしていなかった。 カヤックはカヌーの1種。舟の真ん中に穴が開いていて、そこに座る。棒の両端にスプーンのような部分がついたパドル(ダブ…

Kayak & SUP 1日で小豆島1周 その3

西の空にもうすぐ新月を迎える薄い月が浮かんでいる。 グゥワーと一声鳴いて、大きな海鳥が波一つない穏やかな海を飛んでいった。 11月2日。時刻は早朝5時。この時期、辺…

Kayak & SUP 1日で小豆島1周 その2

地図を広げて小豆島をみる。 小豆島は横から見た牛のような形をしている。牛の頭となる部分が1つの島になっていて、胴体部分(前足、後ろ足、しっぽもある)と橋でつなが…

Kayak & SUP 1日で小豆島1周 その1

小豆島は瀬戸内海の島々の中では淡路島に次いで2番目に大きい。 牛を横から見たような形をしていて(南側の海岸線は入り組んでいる)、海岸線長は126kmになる。 10月の終…