竹林秋人

駆け出しライター×子育て×会社員(新規事業)。batons writing college1期生。 30後半会社員なのに、兼業ライターを目指すことにしました。インタビューライター/書評家の修行として、週2回以上の更新。好きな食べ物は、二郎系ラーメンと甘い物。

竹林秋人

駆け出しライター×子育て×会社員(新規事業)。batons writing college1期生。 30後半会社員なのに、兼業ライターを目指すことにしました。インタビューライター/書評家の修行として、週2回以上の更新。好きな食べ物は、二郎系ラーメンと甘い物。

    マガジン

    • とても良かった

      とても良かった、感想書きたいな、と感じた記事を収集しています。

    • かく、つなぐ、めぐる。

      • 32本

      『かく、つなぐ、めぐる。』はライター・古賀史健さんが開講したbatons writing college (バトンズの学校)の1期生有志によるマガジンです。「書くこと」を通じて出会った仲間たちと、これからもつながっていける場をつくりたい。そして、古賀さんから受け取った大切なバトンを胸に、この先もみんなで書き続けたい。そんな思いから、私たちはこのマガジンを立ち上げました。毎月、2つのキーワードをもとに、11人の"走者"たちがバトンをつなぎます。記事の更新は3日に1度。書き手それぞれの個性的なエッセイをお楽しみください。

      • とても良かった

      • かく、つなぐ、めぐる。

        • 32本

    最近の記事

    • 固定された記事

    【固定記事】はじめましての方へ:自己紹介と、このnoteの内容紹介

     (22.05.13更新)  はじめまして。竹林秋人です。  このNoteを読んで頂いて、ありがとうございます。広いネットの海でこのページにたどり着くのは、奇跡のような確率だと思います。読んで頂いただけで大感謝。いいね、フォロー、コメント頂けるのは、めちゃくちゃ嬉しいです!  自己紹介 1984年生まれ横浜市在住のサラリーマンです。製造業で新規事業開発を行ってます。妻と、令和元年生まれの元気過ぎる男子と暮らしてます。  本業とは別に、兼業でライター活動を22年に始めました

      • ぐるぐると回った一年

         一年の最後の月になった。  振り返って思うけれども、今年はあまり良い年とは言えなかったと思う。 残念だけど。  一番そう思う理由は、やりたいと思ったことがあまり出来なかったから。  文章を、もっと書きたかった。運動習慣も取り入れたかった。そういうやりたかったが出来なかった様々なことや、今でも不義理をしている幾つかのことを思い返して、「うーん……」と唸ってしまう。  そして、その理由を考えていくと、体力と気力のことに行きつく。  今の自分の人生で言えば、どうしても会社の仕事

        • 生で見るべきか?

           日本対ドイツは生、つまりリアルタイムで観戦していた。  開始は22:00。前半の劣勢で妻は寝てしまったが、私は見続けていた。それであの逆転劇を生で見ることが出来た。  日本対スペインも一応「生で観戦していた」と言えなくはない。 が、見始めたのは後半のアディショナルタイム。やや早く目が覚めた午前6時手前、2対1で日本が勝っているとしり一気に目が覚めた。  次の日本対クロアチアは、平日24:00スタート。普通であれば、まず見ない時間だ。翌日の仕事に控える。しかも、翌日の朝は早い

          • ご飯をしっかりと作ること

            『きのう何食べた?』を読み返していた。 改めて反省したのは、ちゃんとご飯を作っていないな、と言うことだった。仕事が忙しいこともあり、外食やお惣菜に頼った生活が続いている。 ただ、毎日ご飯を考えて作って、それを家族で食べる、と言うのはやはり良いものだよなぁ、とこの漫画を読んでいて思う。 食は人生のささやかながら毎日訪れる喜びで、かつ身体を作るものでもある。それをしっかり作り、食べ続けるというのは生活の基盤なんだろうなぁ、と思う。考えてみると、丁寧な暮らしが否かを分ける一番わかり

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • とても良かった
            竹林秋人
          • かく、つなぐ、めぐる。
            かく、つなぐ、めぐる。 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            深く息を吸うような

            最近、バタバタと仕事をしていた。 休みで子供を見なくていい限られた時間も働いた。夜も働いた。そうなると、実質自分の時間などほぼない。仕事をして家のことをして仕事をして1日が終わる。日々の変化はその配合と、仕事の進捗だけだ。 そんな中で、ふと時間が空いた。ふらっと書店に行ってみて、どうしても一冊買いたくなった。選ぶのに時間がかかり、お店を出たり入ったりして一冊を選んだ。スタバでカフェラテのGrandeを頼み、落ち着いたところでゆっくりとその本を読んだ。 時間が来た時、すこし視野

            10年後のワールドカップ

            その興奮は、鮮明に覚えている。 大体10年前、ふとテレビをつけた時に日本代表の試合をやっていた。何の気なしにその試合を見ていて、ふと気がついた。 「これ、攻撃に論理があるんだ」 複数人が同時に同じビジョンを描き走り、ボールを回す。そしてその動きは、守備陣の混乱とスペースを意図的に作り出し、ゴール前でフリーの選手を作る。 まるで将棋のようだと思った。しかも、それを複数人の選手が変わり続ける状況の中で行う。複数人が同時に駒を操って、しかも自分の身体を使って行う将棋。 めっちゃ戦術

            健康維持は、継続が重要で大変 ~感想:『図解 ランニングの教科書』(著:中野ジェームズ修一)~

             最近、50代の人の大事にする価値観を聞く機会があった。  そして、口を揃えて「健康が第一」という話をしていた。家族との穏やかな暮らしも、仕事での貢献も全ては健康が前提。健康が第一。  違う文脈でも同じように解釈できる話を聞いた。  最近、再雇用年齢が引き上げられようとしている。だが、現実的な目線からすると、全員を再雇用したい訳ではないという。  そこでも重要になるポイントの一つは、健康だ。60歳を超えると、健康状況には大きな差がある。健康で働く意欲があり能力もある人であれ

            「基準」を軸にしたリーダーシップ

            アオアシの30巻、そして中村憲剛選手の本を読んでいて、「基準を示して浸透させる」というスタイルのリーダーシップがあるなぁ、と改めて思った。 川崎フロンターレに前監督の風間八宏氏が就任したエピソードは、様々な箇所で語られている。 「ボールを止める」という技術に徹底的にこだわること。そして、逆に言えばプロの選手ですら、風間監督からすれば「止まっていない」と見えること。それをチームに広げていった。 当時の中村憲剛選手は、既に日本代表を経験し30才を超えたベテランだった。テクニシャ

            矛盾しても良いし、fragmentでも良い

            昨日帰りに将来のことをぼんやりと考えていた。個人的に重要かな、と思ったのがタイトルで書いたことだった。 矛盾しても良い。 Fragmentでも良い。 ある一つの対象について考えているとする。 考えていると、一つの感情に引っ張られて一つの印象を持ちがちだと思う。楽しいからこれはやり続けたい、とか。逆に、職場のあの人といるのが辛いから、早く辞めたい、とか。 ただ、その認識は、自分が思っていることの全てではない可能性が高い。楽しいから続けたいけど、こういうところ辛い、とか。いつま

            感想を書くのがなぜ好きかを考えたんだけど、「良いものに触れて、しあわせ!」というのを言語化して再認識できるからかも。 自分にとっては、人生でもかなりプライオリティの高い価値。

            感想:『ラストパス』(著:中村憲剛)

             川崎フロンターレのバンディエラ、中村憲剛選手を描いたドキュメンタリー本。最晩年の35歳から、40歳で引退するまでの最後のサッカー人生を描いている。    そう書くと、サッカーファン、引いては川崎フロンターレの熱狂的なファン向けの本のように響く。  だが、読んだ感想はやや異なる。なにより、私自身がJリーグはハイライト程度しか見ない。それでも、色々と感じることがあった。  まず、この本は、プロサッカー選手という父・夫を抱えた、ひとつの家族の物語だということ。  この本の冒頭は

            小さい子どもは、動画を撮るのが特に良い

            個人的に好きな子どもの動画の見方がある。同じ月のアルバムを一年づつ戻っていくのだ。 今年。最近行った体操教室や、保育園で作った帽子を被って変顔をしている動画が見える。うん、楽しそうで良い。 去年。続けて見ると、違いがわかる。まだ2歳の子供は、言葉は発するものの、今よりは口数は少ない。走るスピードも遅い。居間を走っているのを見ると、背が伸びたことに気付かされる。 一昨年。ようやく歩き始めたのだろうか。公園の背の低い手すりにつかまって、ふらふらと歩いている。違う動画を開くと、尻

            ストレングスファインダーTOP5資質を分析してもらった話

             「ストレングスファインダー」というツールがある。  ギャロップ社という人事系の企業が提供しているもので、自分の才能がどこにあるのかを見出すツールだ。177問の質問に答えると34の資質についてランキングを出してくれる。仕事上のスタイルや強み診断のツールは数えきれないほど存在するけれども、これが最も著名なツールだと思う。日本では記憶が正しければ2010年代初頭に勝間和代さんが紹介したあたりから知名度が高まった気がする。  実際やってみると、非常に面白い。比較的納得感が高いのだ

            気力がわかない日のnoteをどうするべきか?

             最近、気力が湧かない。  なんとなくリズムが狂ったのは2週間前、子供がやや長い風邪をひいたのがスタートだと思う。それから、妻が1週間弱、風邪をひいた。私も発熱はないものの、だるさと咳があった。  看病というほど大袈裟ではないが家族の世話の疲れと自分の風邪も含めて、体調を良くしようと早めに眠り始めた。すると、早朝の3-4時に目が覚めてしまう。眠いからだらだらと過ごし、二度寝もなかなか出来ない。そのまま、一日のんべんだらりと過ごしてしまう。  仕事の効率も極めて悪い。山場の手前

            ぐるぐると回った先に

             ここ半年、会社では、ずっと同じ検討をしている。  色々な選択肢がある中でそれを洗い出して、どれがいいのか?というのを考える仕事だ。規模が大きいので合意を取るには、しっかりとした検討とストーリーが必要になる。さらに、幾つかのマイルストーンとなるイベントも超える必要がある。そのため、同じ検討を続けている。年始までこの作業は続く。  全体像が把握できてしまえば、あとはどんどんと深く掘っていく作業だ。大きな絵を描いて、細部をどんどんと詰めていく。そこで出てきた新しい課題をさらに掘り

            貯金を減らして得たもの #かくつなぐめぐる

            「書くこと」を通じて出会った仲間たちがエッセイでバトンをつなぐマガジン『かく、つなぐ、めぐる。』。10月のキーワードは「宇宙人」と「憂鬱」です。最初と最後の段落にそれぞれの言葉を入れ、11人の"走者"たちが順次記事を公開します。  「貯金を減らしてでも、得て良かった経験は?」  そんな質問を最近受けて思い出したのは、米国で訪問した様々な都市だった。  シカゴの摩天楼。ダラスのケネディ暗殺現場。カリフォルニアでのワイナリー巡りとバスで往復10時間ぐらいかかったヨセミテ訪問。