見出し画像

「続ける力」よりも大切なのは「再開する力」だ!

 なにごとも「続けることが大事」だと言われますよね。まー、そんなことはわかってます。続けることは大事。習慣が大事。でもなかなか続かないから、みんな悩むんです。

 語学、筋トレ、ダイエット、ストレッチ……続かずに断念した経験は誰しもあることと思います。

 ただ僕は、この「続けることが大事」という言葉がよくないと思うのです。どういうことかというと、それは「続かないから、始めない」という考えに陥りがちだからです。

 運動も勉強も「始める」ことは、少しでも「前に進む」ことだからとてもいいことのはずです。なのに「今度も続かないかも」という思いが、始めることを妨げてしまいます。親に「どうせ続かないでしょ」と言われたことがある人も多いかもしれません。

 これ、ぜんぜん理に適っていない発想ですよね。だって、仮に1日でやめちゃったとしても「今日運動すること」「今日勉強すること」はいいことだからです。

「続けよう」という掛け声は、ときにマイナスの効果を生み出します。

 人は挫折することを恐れます。「ほーら、やっぱり続かなかったじゃん」という他人の目を気にします。でもそんなもの誰も気にしていません。

 僕だってこのnoteを、いつやめちゃうかわかりません。続かなくなるかわかりません。でもそんなことを気にしていたら前に進めないでしょう。

 ……というわけで提案です。

「続けよう」という思いをやめましょう。必要なのは「再開しよう」の精神です。3日坊主で終わっちゃったとしても、5日目に再開すればいい。1日でやめちゃったとしても、1カ月後に再開すればいい。

「1ヶ月空いちゃったから、このプロジェクトはおーわり」じゃないんです。1ヶ月空こうが、1年空こうが、「あ、そういえばあれやってない」と気づいたらやればいいのです。

 僕もnoteはいつでも「再開」するつもりです。1年空こうが、3年空こうが。「続けよう」と思うから続かない。「いつでも再開できる」という思いが続けることを可能にするんだと思います

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。スーパーでお弁当を買うときに追加でポテトサラダも買うことができます。よろしくお願いいたします。

ありがとうございます!!
235
株式会社WORDS代表取締役。『メモの魔力』(前田裕二)『実験思考』(光本勇介)『段取りの教科書』(水野学)『ぼくらの仮説が世界をつくる』(佐渡島庸平)など書籍の編集・執筆。「週刊文春」「ハフポスト」などでも執筆。SNS時代の「伝わる文章」の探求をしています。ポテトサラダが好き。

こちらでもピックアップされています

面白い/興味深い/共感するnoteたち
面白い/興味深い/共感するnoteたち
  • 1272本

タイトル通りの基準で素晴らしいnoteたち、何度も見直したくなる、お勧めしたいものを集めました!どうぞフォローして自分にあったnoteと出逢って頂ければ☆

コメント (5)
コメントありがとうございます!!ランニングアドバイザーの方なんですね!ほんと続かないことを恐れて始めない、というのは意味がないですよね。
すごい!目からウロコです。
私自身、続けられないことへの不安で始められない、という意味の分からない状態に陥りがちなので、この考え方はすごく役に立ちそうです。

まず始めたことを褒める。やめても再開できますもんね。
コメントありがとうございます。続けなきゃというプレッシャーって案外ストレスになると思うんですよね。
他人の目を気にします。でもそんなもの誰も気にしていません――この一節、いいですね。メモしました(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。