竹村俊助/編集者

株式会社WORDS代表取締役。経営者の言語化・コンテンツ化をサポートする顧問編集者。『メモの魔力』(前田裕二)、『佐藤可士和の打ち合わせ』(佐藤可士和)、『福岡市を経営する』(高島宗一郎)など書籍の編集・執筆も。SNS時代の「伝わる文章」の探求をしています。ポテトサラダが好き。
    • #編集 #ライター 記事まとめ

      • 808本

      編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。

    • WORDSの顧問編集者

      株式会社WORDSが提供する「顧問編集者」にまつわる記事を集めています。

    • WORDSの文章教室

      おもしろい文章、役立つ文章、読みやすい文章を書くにはどうすればいいのか? 10年間、本をつくってきた編集者が、そのコツとノウハウを惜しみなく披露します!!

    • WORDSの日記

      ただの日記です

経営者が情報発信するときの10のヒント

最近は、経営者自らTwitterやnoteなどで情報発信することが増えてきました。でも、なかなか発信というのは難しいもの。「どうやって発信したらいいのか?」「何を発信した…

ビジネスがうまくいく「客観」という魔法

独立してから3年が経ちました。 まだまだ規模は小さいですが、自分なりに「ビジネス」というものをしてきて気づいたことがあります。 それは「客観て、すごくない?」っ…

読みやすい文章を書くための「おもてなし」

たとえばこんな文があります。 今家にいます。 そして、こんな文があります。 いま家にいます。 もちろんどちらも意味は同じです。「今、家にいる」ということが言いた…

「集中した状態」を意図的に生み出す方法

今日は「集中する状態」を意図的に作る方法について書いてみたいと思います。 ぼくは仕事上、原稿を書いたり、何かを考えたり、いわゆる「集中する状態」になることが必要…

「実績がないから発信できない」という人へ

SNSをやらない人、情報発信をしない人から、こんなセリフを聞くことがあります。 「実績がないから発信できない」 「実績が伴わないのに発信するのは恥ずかしい」 もちろ…

発信は遅れて効いてくる

最近よく思うのが「発信は遅れて効いてくる」ということです。 ぼくがTwitterやnoteをやっているのは、もちろんそれ自体が楽しいということもあるのですが、やっぱ「仕事…