見出し画像

サブスクリプションワインバーが成立する理由

 ワイン飲み放題のワインバー『Unlimited西麻布』を作ってから数ヶ月が経った。
 もともとは後輩が経営していたバーを引き継いだのだけど、どうせやるなら斬新なコンセプトで、ということで月2万円で赤白2種類ずつのワインと、缶飲料のビールやハイボール、ソフトドリンク飲み放題にしてみた。HIU会員を中心にたくさんの会員が入ってくれていい感じの立ち上がりだ。

申し込みページ
https://unlimited.bar/lp

 ゲストを連れてくる場合、一人当たり5000円のエントリーフィーで飲み放題メニューとなる。他にも別料金でシーシャやカラオケ、屋上にはバーベキューができるテラスがあるし、冬はテントサウナを設置しようと企んでいる。
 昼間は不定休だが西麻布にありそうでないコーヒーなどが飲めるカフェにしている。そんなサブスクリプションワインバーのビジネスがどうして成立するのか解説しようと思う。

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 733文字
記事を購入する

サブスクリプションワインバーが成立する理由

堀江貴文(Takafumi Horie)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
47
どーもー!