堀江貴文(Takafumi Horie)
達成感のある“ちょっとした”我慢
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

達成感のある“ちょっとした”我慢

堀江貴文(Takafumi Horie)

 新型コロナウイルス対策で、マスクがことのほか注目されるというか流行っているのは、個々人がマスクをしているという日常のちょっとした努力で感染予防に貢献できていると感じるからなのだと思う。
 誰にでもできるわかりやすく、普段からマスクしてない人にとっては嫌だけどちょっとした我慢というのがちょうど良いのだと思う。
 これがワクチンの違いだとか、PCR検査、IgM、IgG抗体検査、抗原検査の違いとかになると理解できない人がほとんどで、中世の魔女狩りみたいな世界にすぐに突入してしまうのだ。

 mRNAワクチンの二回接種、IgG抗体陽性者になる方がマスクを常時着用するよりもよっぽどやるべきことだと思うし感染予防効果や万が一ブレイクスルー感染しても重症化予防になると思うのだが、身近じゃなく自分が理解できないことはしたくないのだろう。

 多くの人は自分が納得できるかどうかをすごく大事にする。自分が納得できないなら「専門家」なる有資格者のいうことを盲信しがちだ。

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 487文字
記事を購入する

達成感のある“ちょっとした”我慢

堀江貴文(Takafumi Horie)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
堀江貴文(Takafumi Horie)
どーもー!