堀江貴文(Takafumi Horie)
飲んだ後のラーメンが愛される理由を科学的に考えてみた
見出し画像

飲んだ後のラーメンが愛される理由を科学的に考えてみた

堀江貴文(Takafumi Horie)

 最近、夜はシーシャを吸ったりダイエット薬のおかげだったりで、飲んだにラーメンを食べたくなることがなくなった。以前はどうしてもラーメンが食べたくなったりしていたものだが、あの現象はどうして起こるのだろうか? と不思議だったりもした。
 飲んだ後の一杯は腹に溜まる。太る。次の日気持ち悪くなったりもする。なんら良いことはないのだが(笑)。
 あれだけ大量の炭水化物とチャーシュー、スープに浮かんだ大量の脂肪分、そして飲んだ後でもわかるあの塩分濃度。

 生活習慣病一直線の食生活と言われても仕方ないだろう。
 そんなラーメンが愛されるのには理由がある。

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 686文字
記事を購入する

飲んだ後のラーメンが愛される理由を科学的に考えてみた

堀江貴文(Takafumi Horie)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
堀江貴文(Takafumi Horie)
どーもー!