かなつん __ʃ⌒ʅ__🖋
勝負をかける執筆術
見出し画像

勝負をかける執筆術

かなつん __ʃ⌒ʅ__🖋

ノートPC一台あればどこでも執筆できる。
ノマドワークの頃はいろんな場所で書いた。
ファミレス、カラオケ、公園、グリーン車、漫画喫茶、ビジネスホテル。
宿泊するのは勝負の時。缶詰になり自ら追い込みをかける。

今、地元のホテルに滞在中。
旅行サイトを見まくってる妻から「県民割ならランチ値段で泊まれるよ」と聞いて勝負に来た。
投資した分、ノルマは書き切りたい。
チェックイン時、温泉で汗を流したらそのまま昼寝してしまった。
もう後には引けない。

ここだけの話。
病気前、バリバリ仕事していた頃は芋焼酎を鞄に忍ばせていた。気付け薬。牛乳やコーヒーに数滴落として飲む。
覚醒し、その生産量たるや半端なかった。
今夜も――

寄る年波には勝てないなあ。
不覚にも朝まで熟睡……単なる晩酌になってしまった。
ただ頭はスッキリしてる。
構成で悩んでいた部分が解消された感じ。
これから、ひとっ風呂浴びて朝食バイキング。楽しみ~。

違うッ
チェックアウトの11時まで勝負!


缶詰のホテル寝しなの甘藷焼酎

(かんづめのほてるねしなのいもじょうちゅう)

季語(三夏): 焼酎、麦焼酎、甘藷(いも)焼酎、蕎麦焼酎、泡盛


※追記

併設するイタリアンレストランの朝食が美味しすぎた。食べ過ぎ、ヤバイ眠い……


この記事が参加している募集

仕事について話そう

ライターの仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かなつん __ʃ⌒ʅ__🖋
喜劇・演芸作家 / 5歳息子のパパ ■毎朝、日記(400文字)と 俳句(十七音)を。 ■時々、妻が朗読 [ツマヨム]します。 ■ショートショート note杯入賞 ■2017年 指定難病「皮膚筋炎」18年「間質性肺炎」罹患。現在、在宅酸素で活動を再開。 ■「笑って免疫力をあげる!」