ハンド

【ハンドボール篇】 戦術的思考を重視した環境を創り出す

あらゆるスポーツに活用できる
おもしろい運動教材を紹介していきます。


今日は 『クロスシュートゲーム』



OF側がノーマークになりやすいように
アウトナンバー制を採用


■ ルールはシンプルに

・DFの行動範囲・
ゴールエリア - フリースローラインの間

・OFの行動範囲・
フリースローラインの外側

ゴールキーパーはいません。
コーンの上にあるマーカーを落とせば2点


■ 思考する『問い』を与える

OFチーム
どのようにノーマーク状態を作るか?
どうやってシュートコースを作り出すか?


フェイント動作やバックパス等
必要な場面が出てくるでしょう

このクロスシュートゲームは...
DFの行動範囲が決まっています。

そのため...
フリーゾーン外側にいればボールを取られることはありません!
DFのプレッシャーがないため、前述のような戦術的問いに集中することができます。
これまでの運動教材で紹介してきた例でいうと、戦術的アプローチの一部を誇張したゲーム「タスクゲーム」を採用しているわけです。
初心者にも集中しやすい環境だといえます。




■ どうやって相手を抜く?


参考動画をご紹介します。

NTS委員会日本ハンドボール協会
ハンドボール個人スキル篇

上記の動画の『4:45〜』
3つのフェイントをかけた
ジャンプシュートの練習が始まります。

Lev.1 / DFなしシュート練習
Lev.2 / DFあり3種類のフェイント


対象に応じて、シュート位置とゴールとの距離を調節することをオススメします。はじめは、ゴールエリア等は無視

フェイントをかけてDFを抜く爽快感
ジャンプシュートが決まる喜び


ハンドボールの醍醐味を引き出す状況を意図的に創出し、体感する。それによってモチベーション向上にも繋がります。
細かな技術はそれから。



■  オリジナルルールで授業デザイン

オリジナルルールを加えることで...
行動がどう変化するのか?


変化する行動を予測し、逆算してルールを考える。優れた指導者は「相手の行動(つまずきなど)が予測でき、その具体的な手立ても考えた上で、運動メニュー作成や指導を行う」という研究結果もあるほど。
結果的に自分が意図する学びにつなげられたらいいですね。


■ 能力を覚醒せよ

□ 定位能力
▶︎ 周囲の人や物との位置関係を把握する力
□ 変換能力
▶︎ 動きを素早く切り替える力
□ 反応能力
▶︎ 合図や相手の動きに素早く反応する力
□ 分化能力
▶︎ ボールなどの道具を巧みに扱う力


-----------------------------------


多種多様なご意見をお聞かせください。
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ありがとうございます!
10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。