見出し画像

炭乃前本舗発足

炭乃前本舗は、焼き鳥好きの2人が徹底的に焼き鳥を研究するための、焼き鳥の研究所です。


メンバーは、
代表鶏締焼のMIKAMI
鶏締焼のKUNITAKE

この2名です。

基本的に、MIKAMIの自宅の庭とキッチンが研究所なわけですが、なぜ焼き鳥専門に研究し始めようと思ったかと言うと、ただ肉を炭火で焼きたいと言う子供の火遊びレベルの動機でしかありませんでした。

日本の夏のBBQ


長年アウトドアが好きでキャンプしてたんですが、いい加減カルビ焼いて焼肉のたれ付けて、適当にピーマンや玉ねぎ食べて、最後に焼きそば!なんて言う、なんとなくバーベキューのルーティンに盛大に飽きたんです。

本来のバーベキューのそれとは全く違い、もっと奥が深く歴史があることはちゃんと理解してますが、日本の夏にビールを昼間っから飲む口実となる類のバーベキューはこれですよね。

そう!ビールを昼間から飲むことを正当化するためのツールなんです。

ビールには焼き鳥でしょう!


でも、冷静にビールに合う食べ物はやっぱり焼き鳥なんですよ。

そしてバーベキューは、基本何でもかんでも焼肉のタレ。あれは悪魔的な旨さがあるので、一度皿にタレを入れようものなら、焼き上がったものがなんであれ、ドンドンタレにインされます。

これじゃ、素材の味全く分からんし、インスタ映えとは程遠い。

そこで、やっぱり焼き鳥だよね!ってなって、2019年の春に庭で焼き鳥焼いたのが、すべてのはじまりだったわけです。
最初は、持ってたバーベキューの道具だけで焼き鳥焼いてたのでUNIFLAMEのたき火台に網のせて網に焼き鳥をダイレクトに置いて焼いてました。それでもめっちゃ美味しくて美味しくて!

代表鶏締焼 MIKAMIは育メン(土日だけ)

ちなみに、MIKAMIには5才と2才のチビちゃんたちがいるんです。土日は奥様お仕事なので育メンしてるんですが、焼き鳥は子供たちが外で遊びながら食べれるし箸も使わず手も汚れないで食べれるので子供たちにも大人気なんですよ。
子供が小さいから大好きなアウトドアできない!と思い込んでいる世の中のパパ達よ!
工夫すればいくらでも遊べるんだぜ。ってなことも発信していきたい。

最後に

そんなこんなで、焼き鳥について「あーでもないこーでもない」を書いたりインスタに写真あげたり、YouTubeに動画あげたりしていくんで、よろしくどうぞ。
➡︎炭乃前本舗 Instagram

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
代表鶏締焼 丸三(MARUSAN)鶏締焼 國信(KUNISHIN)焼き鳥好きの2人組がお送りする焼き鳥の研究記録。NO YAKITORI NO LIFE.🐓🔪🧂🔥🤤🍻🇯🇵

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。