清水はこべ

歌って演じる書き手。 ★note【文章・詩・小説・短歌】 ★nana【歌・声劇・オリジナル曲】→ https://nana-music.com/users/8162920 ★Radiotalk【トーク・朗読】→ https://radiotalk.jp/program/47865
固定された記事

星と綿飴【小説】

「お祭り始まっちゃうよ。早く早く」 彼女は僕の手を掴んで、強引に引っ張った。そんなにはしゃぐ彼女を見たのは、初めてだった。掴まれた手の温度が上がっていくのが分か…

紫陽花と中学生

自宅近くに、こんなに紫陽花が沢山咲いているなんて、知らなかった。 ---★--- 在宅勤務が始まって、三ヶ月が経過した。 事務員である私にとって、在宅勤務で、二番目に…

海へ向かう道

助手席の窓から 川の煌めきを眺める あなたは黙って 車を走らせる 失くした写真の中の 夏休みの景色を探す 助手席の窓から 吹き抜ける風は あの日と同じ 海の香りがす…

5月1日のお喋り

00:00 | 00:30

noteの録音機能を、折角だから使ってみようと思いました。 近況として、在宅勤務と散歩について、フリートークしています。 ★この投稿をきっかけに、Radiotalkを始めま…

歌いたい歌を歌うよ

もしも 歌えるのは 今日が最後だよって そんな事を言われたら 私は 何を歌うかな? きっと いちばん歌いたい歌を 歌うよ だから 歌えるのが 今日が最後でも 最後じゃ…

【掌握小説】鈴 ~楽曲「カミカクシ」に寄せて~

「覚えてないの?」 彼女は驚いたようだった。 「だって、幼稚園に入る前だったし」 その時、私は三歳だった。 家族旅行で出かけた先の観光地で、両親が私から、ほんの…