見出し画像

経営者の使命感が全てを幸せに

西田芳明の一刀両断

経営者の「使命感」で利益が生まれるのだ常々考えています。

お客様も、下請け業者も、みんなが喜ぶ建物づくりをすることが、自社と社員の喜びに繋がるのであるということを、ローコストマンションの開発を通じて確信しました。

「かっこいい、いい建物やなぁ。」
「全然メンテナンスかからんなあ。」
という声を聞くと、これ以上なく嬉しく感じます。

我社が目指しているのは、まずお客様に喜んでもらえるマンションを作ることで、建築費をカットすることが最大の目的ではありません。

建築の仕事ではなく、他の業種に身を置いたとしても、やはりお客様の喜ぶ顔を見るにはどうすればよいか考えるでしょう。
建築屋だからこそ、ローコストマンションに着目し、低価格で高品質なマンションを提供する方法を採ったのです。

つまりお客様の幸せありきなのです。

有難いことに、ローコストマンションの開発後、様々な業者さんから「話を伺いたい」というお問い合わせが殺到しました。

しかし、来訪した方々はどれだけ安く出来たのかと数字を聞いて帰ってしまう。
お金にしか興味がないのです。

分からなくはないですが、コストダウンのノウハウに目を向けるのではなくて、何故ローコストマンションを手がけたのか、経営論の方に興味を感じて欲しいと思いました。

前回言及しましたが、「人づくりをする」という使命が我社の経営を伸ばすことに繋がります。
だから、コストダウンはその為の手段であって目的ではありません。

反して、来訪した方々はお金を気にしているので、協力業者にそれより安い価格の工事を依頼する。
その会社のお客様は安くなって喜ぶかもしれませんが、協力業者は泣くことになります。

どれだけ価格を下げてもそこに経営目的がなければ、コストダウン自体が目的になってしまいます。
悲しいですが、行き着くところは値下げ競争です。

そうなってしまっては「経営」とは言えません。
そうならない為に、経営者は「使命感」をもって取り組まなくてはいけません。

それこそが利益に繋がるのです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!